<< 「浦添八景」を振り返る | main | 「八重瀬八景」を振り返る(後編) >>

「八重瀬八景」を振り返る(前編)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    一つ前に投稿した「浦添八景」のページビューが好調で、ワタクシ、調子に乗っております。で、今度は八重瀬八景(笑)

     

     

    (1)富盛の石彫大獅子



    富盛の大獅子は、村獅子としては沖縄で最大にして最古。1689年の生まれですから、338歳になりました。

     

    八重瀬町富盛の石彫大獅子 

     

     

    (2)ハナンダー

     

    八重瀬町具志頭の白水川。大きな石灰岩が川の流れに侵食されて、立派な橋になりました。もちろん歩いて渡れます。

     

    20110624122053_0.jpg

     

    自然が造った橋「ハナンダー」
     

     

    (3)具志頭のフクギ並木


     

    南の駅やえせの近くに残る70本のフクギ並木。樹齢は約400年だそうです。

     


    八重瀬町具志頭のフクギとガジュマル


    (4)西部プラザ展望台

     

    沖縄本島南部の深い位置から、東は中城湾から勝連半島、北は首里城から沖縄県庁、西は糸満から慶良間まで見渡せます。「そんな馬鹿なぁ」と思っていただけたら、私は実にいい気分です(笑)

     

     

    八重瀬町の西部プラザ公園展望台


    コメント
    富盛の石彫大獅子、この20日に訪問しましたが
    旧日本軍の銃弾にもめげず、生き抜いて
    こられたのですね!!えらい。もっと、ちゃんと
    見ておくべきやったな!
    ハナンダーはこの四月に行きました。
    立派な石灰岩の自然橋なのに
    割と、ひっそりと存在しているのね!!


    富盛の大獅子にとっては大戦は最近の出来事。色々なことを見てきたんだと思います。1689年は蔡温が子供の頃になりますね。
    • coralway
    • 2017/11/30 12:42 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM