<< 「お〜いお茶」で腹がたつ | main | 「ウーマンラッシュアワー」の漫才 >>

誰が見ても姉妹店「ぬーじボンボン」

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

     

    壺川の信号から泉崎りうぼうに向かう坂道の左手にあるこのお店。

     

    「中華そば ぬーじボンボン メンデス」

     

     

    ぬーじは虹、ボンはC'est bon、メンデスは「麺ですっ!!」なんでしょうね(笑)

     

     

    さらに坂道を上った右手にある洋食屋さんが、

     

    「ぬーじボンボンZ」

     

     

    Zは「ゼット!!」と強く発音し、人差し指を突き出すポーズをとりましょう。

     

    看板の奥に見える赤瓦がお店です。この店を「古民家レストラン」と呼ぶと二つの間違いをおかすことになります。

     

    一つ目は、古民家と古い民家は違うということ。国場のそば屋「すーまぬめぇ」などは文句なしの古民家ですが、「ゼット!!」は古い民家です(わかる?)。店の入口に看板は無く、民家の玄関そのもの。呼び鈴を押すと中から声がしますので、そしたら店内に入りましょう。もちろん靴は玄関で脱ぎます。リビングがテーブル席で座敷が座敷席(笑)

     

    二つ目は、レストランと洋食屋さんは違うということ。わっかるよねぇ。

     

     

    「麺ですっ!!」の店主が両店のオーナーで「ゼット!!」は従業員がやってます。優秀な従業員に洋食屋を任せたオーナーは、そばの道を極めるために「麺ですっ!!」を開いたってことのようです。

     

    両店とも昼夜営業で「麺ですっ!!」は朝もやってます。極めたそばを食べるか、那覇の洋食屋カレー選手権で2年連続優勝のカレーを食べるか。

     

    当ブログはできるだけ食レポは投稿しない方針なので、アドバイスが無くて申し訳ないです。どっちとも決められない方は、昼食に中華そばを、夕食にカレーを食べましょう(笑)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM