<< 古波蔵の古謝美佐子さん | main | 沖縄そばの店「首里そば」 >>

琉球八社(1)末吉宮

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    車を使うようになってから、坂道の多い首里が行動圏内となり嬉しいことです。

    今朝は、琉球八社のひとつ、首里の末吉宮(すえよしぐう)を訪ねました。

    モノレール市立病院前駅から儀保駅の間の北側に広い森があります。その一部は末吉公園となっていますが、大半は深い原生林です。

    末吉宮はその森の一番奥にあります。



    赤い建物は社殿で、その奥に少し屋根が見えている建物が本殿のようです。

    この写真を撮った場所と社殿とは別々の岩盤の上にあり、社殿に登る石の階段部分は橋になっています。

    写真のようなアーチ橋です。



    この写真の場所から、社殿を経て本殿に至る石造階段部分を磴道(とうどう)と呼びます。


    普段ならアーチ橋の反対側に行ってみるところですが、今朝は不思議とそれをためらってしまいました。うかつに近づけない雰囲気なのです。

    後で調べると、このアーチの向こうは多くの御獄(うたき)が点在しているのだそうです。

    考えてみると、この森の中はあちこちに御獄があり、森全体が拝みの場所となっています。

    元々、拝みの場所だった森に、後から神社を建立したことになるのだと思います。

    沖縄の神社は本土の神社とは、多少性格が異なり、やはり「宮」と呼ぶのが正しいのでしょう。


    末吉宮は、15世紀の尚泰久(しょうたいきゅう)の時代に建立されたそうですが、沖縄戦で失われ、現在の建物は戦後復元されたものです。

    尚泰久は百十踏揚(ももとふみあがり)のお父さんですね。

    末吉宮から谷を挟んだ南側に首里城が望めます。



    末吉宮に至る参道は石畳が整備されているものの、森の中の急坂です。歩きやすい靴でお越しください。



    それから、蚊が多いので、虫よけスプレーも準備したほうが良いと思います。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM