<< 白梅の井泉(再訪) | main | 現代版組踊「肝高の阿麻和利」が心に響く理由 >>

百十踏揚の墓(再訪)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

     

    白梅の井泉に続いて、南城市玉城の百十踏揚の墓 を再訪しました。実は、私は大変な間違いを犯してたんです。

     

    かつて私が踏揚の墓として紹介したこのお墓は仲栄真腹門中の墓で、

     

     

    踏揚の墓はその奥なのでした。

     

     

    踏揚と三津葉多武喜の墓であることを示す石碑が両方の墓の間にあり、私は大きなほうを踏揚の墓と決めつけてたんですね。

     

    昨年の4月に、玉城の女性(大学生)に間違いを指摘されて早9ヶ月。遅ればせながら、過去の投稿に遡って訂正させていただきました。大きな墓には彼女の曽祖父母が入ってらっしゃるとのこと。申し訳ないことをしました。また、同門中の皆様にも大変失礼致しました。

     

    考えてみれば、大きな墓は踏揚のお父さん(尚泰久王)の墓と同等サイズ。王女の墓としては大き過ぎます。そのくらい最初に気づけよって話です。

     

     

    踏揚の墓が玉城にある理由については過去にも投稿してますが、簡単におさらいしておきましょう。

     

    尚泰久王と王妃(護佐丸の娘)との間には三男一女がいました。長男安次富金橋、次男三津葉多武喜、四男八幡加那志、そして百十踏揚。本来なら、長男である安次富金橋が継承するはずの王位には、側室の子である三男尚徳王が就きました。謀反を起こした護佐丸の血を引く子に王位を継がせるわけにはいかないということ。三人の王子は首里を去り、玉城に居を移したのでした。

     

    尚徳王が王位を継承した9年後、金丸のクーデターにより第一尚氏王統は途絶えることになります。越来グスクの大城賢勇は金丸に討たれ、その妻踏揚は兄弟が暮らす玉城に逃げのびました。4人の兄弟はその死後、別々の墓に葬られていましたが、最近の公共工事などの影響を受け、踏揚と三津葉多武喜の墓が現在の場所に移されました。

     

     

    さて、慶座絶壁、白梅の井泉、百十踏揚の墓と三ヶ所をまわり、私は宿題を済ませた気分です。だけど、踏揚の墓にはまいった。


    コメント
    王女・百十踏揚は国王・尚泰久と
    王妃の娘ですか?。ももとふみあがり
    ・・と読むのでしょうか?。

    いわゆる、公主ですね。
    動乱の世に生きた王女!!

    門中墓と重なり合って、

    王やら、王子とか王女の
    墓があって、確かに紛ら
    わしく、判断に迷うこと
    がありますね!!

    また、沖縄へ行く気会が
    あれば、慶座絶壁、白梅
    の井泉、百十踏揚の墓は

    是非訪問したいと
    思います。
    泰久王の王妃(踏揚の母)は中城按司護佐丸の娘で、踏揚の嫁ぎ先は勝連按司の阿麻和利でした。いずれも政略結婚です。その後、護佐丸・阿麻和利の乱が勃発し、踏揚は祖父を夫に討たれ、その夫を父に討たれた悲劇の王女として知られています。

    勝連に嫁いだ踏揚の付き人となったのは、首里王府の家臣大城賢勇で、踏揚と賢勇は幼馴染であり恋仲であったとされています。王府軍が勝連を攻める直前に、賢勇は踏揚を勝連から脱出させています。そして阿麻和利の没後、賢勇と踏揚は晴れて夫婦となったと。

    金丸(尚円王)のクーデターにより、賢勇が討たれ、踏揚は玉城に逃げのびたことは投稿した通りです。踏揚はつくづく、酷い目にあったと思います。

    踏揚は絶世の美女で若くしてこの世を去ったとされていますが、そのあたりは時代に翻弄された悲劇の王女は美人であり薄命であったであろうと、後の人達が考えたような、考えなかったような(笑)


    • coralway
    • 2018/01/24 2:01 AM
    そもそも私が沖縄にドーンとのめり込んで行ったきっかけの一つが、勝連城に行った時の歴史的な説明がさっぱり分からず、その日のうちに本屋さんで沖縄史の本を買ったところから始まってます。
    百十踏揚はその時に知りました。
    戦の世の常とは言え、大変な人生でどれだけ悲しい思いをしたんだろうと思うと、墓マイラーデビューもしてこそっと偲んで来たい気持ちになりました。

    そんなわけで沖縄訪問のたびに書籍が増えます。
    美栄橋の本屋さんに行った後は、帰りの荷物の重いこと。。。w

    次回ここにも行ってみようと思います。
    いつも情報ありがとうございます(o^^o)
    • Achi
    • 2018/01/24 12:59 PM
    琉球の歴史は記録が無かったり、記録か事実では無かったりして、肝心なところがあやふやです。それは見方を変えれば、それぞれの人がそれぞれの歴史観で想像を膨らませる余地があるとも言え、興味が尽きません。

    踏揚の墓がある玉城富里には石畳や井戸が残っていて散歩に向きます。時間があれば、是非どうぞ。

    http://coralway.jugem.jp/?eid=3111

    http://coralway.jugem.jp/?eid=3144

    http://coralway.jugem.jp/?eid=3160
    • coralway
    • 2018/01/24 1:57 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM