<< 5ヶ月ぶりの大阪 | main | FMトランスミッター買いました(1) >>

清水潔著「殺人犯はそこにいる」

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    新潮文庫の「殺人犯はそこにいる」を"ほぼ"読みました。



    この本は記者の清水潔氏が地道な取材の末に菅家利和さん(当時、無期懲役刑で服役中)の無実を証明したノンフィクション作品。


    「ほぼ読んだ」の"ほぼ"は何処かと言いますと、菅家さんに無罪判決を言い渡した裁判長が、


    「菅家さんの真実の声に十分に耳を傾けられず、(17年半の長きにわたり)その自由を奪う結果となりました。この審理を担当しました裁判官として、誠に申し訳なく思います」


    と深く頭を下げたシーン。


    11章のうちあと2章が残ってますが、そこを読めば私は激昂し、罵詈雑言を並べるに決まってますから、ただいま休憩中です。



    最近話題になっているのがAmazonが配信中の「チェイス」。



    これが「殺人犯はそこにいる」のパクリであるにもかかわらず、新潮社と清水氏の警告を無視して配信を続けていたんです。


    そして、7回の配信予定のうち6回を配信した時点で新潮社と清水氏が配信中止を要請し、ただいま配信停止中。


    「そこでやめんのなら最初っからやんな」


    と思いますし、お金を払って視聴中の人達にとっては肝心の最終回が視聴できません。よって、Amazonならびに映像製作会社は原作者、視聴者の双方を裏切る事態に。


    しかし、そのことが話題になり、私のように原作を読む気持ちになった人達が少なからずいるでしょうから、原作のPRになったとは言えます。



    これから私は残る2章を読みますが、場合によっては文庫本を壁に投げつけ、階下に住む大家のオバぁをびっくりさせるかもしれません。


    気が重いけど、今夜のうちに読むかぁ。


    あ〜あ。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.14 Tuesday
      • -
      • 19:39
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      冤罪はありますね。私の労組の仲間も強要罪で逮捕されましたから。
      公安は罪をでっち上げますよ。俺は許さん。
      ほんと許せないですよ。これほど酷いとは思いませんでした。
      • coralway
      • 2018/02/13 12:12 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      PR
      プロフィール
      profilephoto


      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
      Twitter
      お勧めの本と映画
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM