<< 桜が満開しています(笑) | main | ゴボウ屋のオバぁは冬眠中 >>

同級生の佐々木君と飲んだ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 


    昨夜は広島から旅行で沖縄に来た同級生の佐々木君と飲みました。



    泊港近くの居酒屋へ入ったら、掘りごたつ風の席は二人で飲むには充分広く、店内は静か。30年ぶりの同級生と語り合うには良い店でした。しかしまあ、那覇中心街の居酒屋料金が高いこと。



    私が沖縄に住んでいることを、佐々木君や一部の同級生は知っています。


    すると、


    「ど〜して沖縄(なんか)におってんかね?」


    「非合法組織の構成員になっとるんかのぉ」


    「人相が変わっとってかもしれんねぇ」


    とかになるのよね。


    ナイチから見れば、沖縄はリゾートするか、移住して静かに余生を過ごす島。そのどちらでもない私は「何故今沖縄に」を説明する必要があります。そして、ここ十数年の経緯を聞いた佐々木君は大いに安心してくれて、その顔を見て私も安心したのでした。それから最近の彼はこのブログを読んでくれていて、大変お利口さんです(笑)



    40年も前の話とは言え、私の記憶がいかにいいかげんなものなのか。昨夜はそれを思い知らされることになりました。例えば、私は彼が九州の西南学院に進んだものと思っていたら「青山学院よね」と。


    C「えっ、それじゃあ、大学時代は東京にいたのか。知らんかったなぁ。すまんすまん」


    佐「何を言ようるん?。あんたは俺が住んどった中目黒のアパートに突然現れて『おい、ちょっと部屋を貸してくれ』って言うたんよ」


    C「えっ。それでおまえはどうした?」


    佐「部屋から出て行って、しばらく時間を潰したわいね」


    C「それ本当かぁ?。確かに俺なのか?」


    そしたら彼は私がそんな行動をとるに至った状況を覚えていて、説明してくれた一言一言のすべてが事実(笑)


    C「おまえはなんていいやつなんやぁ」


    図らずも私は、迷惑をかけた側とかけられた側の記憶格差を立証してしまったのでした。



    佐々木君が同窓生名簿を持って来てくれてまして、懐かしい(高校生の)顔を順に思い出していたところ、同級生の一部でやってるLINEのグループがあるとのこと。さっそく、お互いの写真を撮りあい投稿したら、既読数がバババッと上がるじゃないですか。そして数人からリプライもありました。


    佐「みんな暇なんじゃね」


    C「暇なら電話してみるか」


    ってなりまして、先ほどの名簿から一人の女子高生(記憶の中のね)が選ばれたのでした。地元で彼女と付き合いのある佐々木君が電話をかけ、那覇で"ある同級生"と飲んでることまでを明かして、私と代わりました。


    私としては一応サプライズ。名乗らないまま話を進めようとしたら、


    「あの〜、私をご存知なんでしょうか?」


    「本当に私と同級生の方ですか?」


    それではと、彼女と私だけが知ってる話をしたら、


    「ごめんなさい。まったく覚えがなくて。それは私のお話なんでしょうか?」


    まあね、40年も声さえ聞いたことが無い同級生なんて、お亡くなりになったも同然。名前を明かしたところで、死人が生き返ったようなものです。


    彼女は私のモトカノですが、そのことさえも忘れてるかもしれないと心配になり、私は自らショックを受けるようなマネはせず、当たり障り無い話で電話を切ったのでした。



    佐々木君は地元で暮らしてるだけあって、実に色々なことを知ってます。つまり「当時は言えんかったけど、今なら言える」みたいな話を沢山聞いてるのよね。


    それから、こんな船を造った同級生の話もしてくれました。



    C「おいおい、何億円もする船がなんで『じょうみち丸』やねん。みちるの"る"はどした?」


    佐「まあ、城谷を好きなんじゃろうね。自分で造った船じゃから、自分で名前を決めるわいね」


    この船は鋼材を積み、今日も瀬戸内海を航海中とのこと。城みちる君はついさっきNHKに出演してたみたいです。



    こちらは佐々木君のお土産で、もみじ饅頭風味のキットカット(笑)



    明日は二人でコザしんきんスタジアムに向かい、広島カープのオープン戦を観戦します。楽天戦。


    コメント
    男子してるね〜
    • ikoka
    • 2018/02/23 1:03 PM
    アハハ、男子会(笑)
    • coralway
    • 2018/02/24 6:48 AM
    えー、記憶ってそんなもんなのですか?!
    自分が覚えてても相手は忘れてるんですね。とても良いことを聞きました。
    でも思い当たる節あるかも。
    めちゃくちゃ記憶力の良い友達が、沖縄旅行での想い出を覚えてなかったり。宿で使うスリッパを二人で買いに行って「こんなんするのうちらくらいだよね」って笑いながら買ったのに、数年後にその話したら「ごめん。なんのこと?」と言われてびっくりした。

    私も幼い頃から付き合いのある初恋のカレに、間違っても二人しか覚えてないことを言わないようにします!気持ち悪がられちゃう。
    えーー、じゃあ、一瞬両想いで、映画に行く約束したり、お土産買ってきてくれたことも忘れてるのかも?!ひょえーーー。、
    • ココナッツ
    • 2018/02/24 6:57 AM
    脳の容量が決まってるので保存できる記憶には限度があり、その取捨選択のルールが人それぞれだから話が合わないってことよね。

    以前、何かで読んだ話だけど、辛いことや悲しいこと恥ずかしいことなどの負の記憶が100%残ってたら人間は発狂するらしい。つまり忘れることで人は正常でいられると。だから、忘れることにも意味があるのよ。
    • coralway
    • 2018/02/24 7:03 PM
    城みちるさん御出演の放送観てました〜♪
    かぐわしい港情緒が ええ感じで

    お母様も一瞬 映ってられました
    お若くてチャーミングな方だな〜
    厳しかったという 御父様が偉大で熱い。
    城さんの目がずっと綺麗な訳が納得できちゃいます☆





      

    • ひらひら
    • 2018/02/25 11:08 AM
    老人ホームの慰問は立派の一言ですね。同級生としては歌手になったことと同じかそれ以上の自慢です。

    ホーム入居者から見れば「子供が城みちるのファン」だと思うけど、もう少し経てば「私がファン」。城谷君が元気ならまだまだ需要があるでしょう。

    彼の実家は呉から音戸大橋を渡った倉橋島にあり、島谷ひとみさんもその島の出身です。
    • coralway
    • 2018/02/25 12:49 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM