<< 青い目が見た「大琉球」 | main | 沖縄の街路樹 トックリキワタ >>

やんばるの大国林道

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    やんばるの山奥を縦断する大国林道を走ってきました。

    国頭村から大宜味村まで35km。

    シダ類が生い茂るやんばるの原生林を、ただただ、林道が貫通しています。

    赤土を流出させ、希少動植物に被害を与え続けるだけの道です。



    林道の途中、比地大滝で有名な比地川の上に橋がかかっています。

    名前は長尾橋。長さは130m、高さは49m。大きな橋です。

    そこで車を停めて、左右を眺めると、左がこちらで


    右がこちら。



    こんな山奥にいったい誰が何のために来るのでしょう。

    あちこちで土砂崩れがおこり、道路の一部を塞いでいます。

    それを時間とお金をかけて修復するのですが、誰のために、何のためにという想いがつのります。

    1時間以上をかけて走りましたが、環境調査の車2台、湧き水を汲みに来た車1台、その他1台。

    計4台の車とすれ違いました。

    水を汲むためにこんな道を造ったのですか?・・・・・と言いたくなります。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM