<< 歌って踊って、うすまさ沖縄 | main | そら、そうなるやろ >>

今日も色々

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

     

    (1)カサマシ、カサマシ

     

    私の朝の配達先は5ヶ所。冷たい麦茶やアイスコーヒーを出してくれる保育園がありまして、ほんとにありがたいことです。

     

    さて、ある保育園の厨房で、

     

    調理師A「あっ、Cさんのコーヒーはどこだった?」

     

    調理師B「そこにあるさ。あ〜ぁ、氷が溶けてから」

     

    A「ほんとだ、溶けてカサマシなってるさ(笑)」

     

     

    B「作るのが早すぎるのよ。いつも同じ時間に来るのに」

     

    A「アハハ。カサマシ、カサマシ。あいっ!。今、同じ言葉で二つの意味だったねっ!!」

     

    B「はぁ?」

     

    C「カサ増しは分かるけど、もう一つは何?」

     

    A「うるさいな、のカサマシ」

     

    B「そんなこと言わんさ」

     

    C「うん。聞かん」

     

    A「宮古ではそ〜言うのっ!!」

     

    B「宮古ねっ!!」

     

    C「あっ、カシマシい(姦しい)かぁ。なるほどなぁ」

     

     

    (2)相棒Aに降りかかる不条理

     

    開南から壺屋に抜ける道沿いにある某青果店。店の前に駐車スペースがあります。

     

    そこへ、相棒Aが配達から帰って来ました。

     

     

    A「たらいま〜」

     

    C「おい、そこへ停めたら、お父さんが帰ってくるで」

     

    A「だから、他の人が停められないようにしたわけさ」

     

    C「ほ〜。やるじゃん」

     

    A「ワンもよ。考えてないようで、考えてるからね(笑)」

     

    C「『お〜、A君。気がきくじゃないか』ってなるわけね」

     

    A「フフフ。しょういうこと」

     

    ところが、肝心な時にオシッコしたくなるのがこの男。そこへお父さんが帰って来て、

     

    父「こらっ!、誰だっ!!。停められないじゃないかっ!!。のけろっ!!」

     

    C「絵に描いたような不条理やなぁ(笑)」

     

     

    (3)百年後かもしれないし、今夜かもしれない

     

    随分前にも投稿しましたが、大切なことなのでもう一度。

     

    次の地図は、東日本大震災クラスの大津波が那覇を襲った時の浸水域を琉球大学が予測したもの。

     

    太平洋から中城湾に到達した津波は、崖地の少ない与那原から南風原に侵入し、那覇に抜けます。また、本島南部を迂回した津波は、今度は西から那覇を襲います。つまり、往復ビンタ。

     

    20110510005520_0.jpg

     

    那覇の市街地にいる人は、おもろまち、首里・識名、小禄のうち、いずれかの高台へ逃げるべきで、その時間が無い場合は、島になってしまいますが、城岳へ避難して下さい。

     

    上の地図で、首里から南下した所が半島状になってますが、半島の先端が沖縄大学。したがって、寄宮十字路や国場のS字カーブはアウトです。私は上間の高台に避難するつもりですが、余裕が無ければ沖縄大学へ走ります。

     

     

    沖縄本島は数百年周期で津波の被害を受けていることが分かっていて、タイミングとしてはそろそろ。それが百年後かもしれないし、今夜かもしれない。

     

    勝連グスクや中城グスクが、何故あの場所にあるのかを考えつつ、家族と一度は話をして、逃げるべき場所(待ち合わせの場所)を決めておくべきですね。


    コメント
    私の職場は浦添市伊奈武瀬の波打ち際。津波が来たら市が屋上に設置した防災カメラと運命をともにします。
    • 西谷
    • 2018/05/18 1:55 AM
    天久の丘(大浜第一病院のところ)はセーフみたいなので、あの崖をなんとか登ればなんとかなりそうです。

    伊奈武瀬に残る場合は、最期の瞬間まで実況中継をお願いします(笑)
    • coralway
    • 2018/05/18 7:13 AM
    津波からの避難

    地図で県庁の「庁」の下あたり! 今は「ビューみはらし」ってアパートがあるとこです。5歳年下の弟が、そのアパート一階にあった「みはらし保育園」に通っていて、おじーといっしょに迎えにいってました^^
    ストリートビューで見るとわかるのですが、そのアパート近くは入れないように鉄の柵や有刺鉄線?があります、、当時はなくて、普通に墓とか山の斜面でした。私ら城岳小学校生はそこをつたって(?)下まで降りてました。JA会館?昔 農協会館うらの駐車場まで、、、今考えると何人か死んでるんじゃね、、ってとこでした。なので、あーーーそこなら津波来てもOKって感じでね^^;;

    MIKANのお姉さまが存じあげてないですかねーその崖、、
    あっ、知ってる限り、亡くなった方の情報知りませんが、Cさん、フォロー宜しくねー、、、
    • うちなーんちゅ
    • 2018/05/18 8:41 AM
    ハーバービューの一方通行を登って、そのアパート付近を通り、城岳小の裏から旧農協会館に抜ける道を、古い地図を持って歩いたことがあります。

    その道は古波蔵(崖の上)を抜け、農業試験場の裏を抜けて、真玉橋手前のパチンコ屋の近くで国道と合流します。

    古波蔵の埋め立て前、漫湖公園も無く、古蔵中がアヒルの養殖場だった頃、その道が那覇から与那原へ向かう幹線道路だったそうです。だから、国場あたりの農家は、その道を歩いて那覇市場へ野菜を運んでたと。

    MIKANのチーコさんは年齢を人に言えないくらい長生きしてるので、何か知ってるでしょう。彼女は首里城明け渡しを目撃したらしく、もしかしたらペリーと会ってるかもしれないとの噂です(笑)
    • coralway
    • 2018/05/18 9:04 AM
    ハーバービューの一方通行を登って、そのアパート付近を通り、城岳小の裏から旧農協会館に抜ける道を、古い地図を持って歩いたことがあります。

    なんかワクワクしますわ^^ 

    >農業試験場の裏

    明治14年(1881)真和志間切古波蔵村楚辺原に農事試験場を明治政府により設立

    ここですかね?与儀公園に移る前のこと?

    ぜひ今度その道の投稿お願いしますm(_ _)m
    • うちなーんちゅ
    • 2018/05/18 9:24 AM
    すみません。農業試験場ではなくて、家畜衛生試験場でした。古波蔵交番の横に現存してます。

    この道は歩いた時に投稿したはずが、ありません。投稿しなかったのかな?(笑)

    http://coralway.jugem.jp/?eid=1500
    http://coralway.jugem.jp/?eid=1501

    と、

    http://coralway.jugem.jp/?eid=2805

    の間なんだけど。やっぱり投稿してませんね。
    • coralway
    • 2018/05/18 9:42 AM
    >城岳小学校の裏に廻ります。そして、楚辺と古波蔵十字路の間、農協会館バス停あたりに出ます。

    この城岳小学校の裏から農協会館バス停あたりの詳細な道が知りたいですわーーヾ(*・∀・)/グーグルビューで行けなさそうですが、、、
    • うちなーんちゅ
    • 2018/05/18 10:28 AM
    中央ツーリストの南のスージが古波蔵からの出口です。国道330号線を横切って、ほんの少し道が続いてますが、森の中に消えてゆきます。

    その森から城岳のガジュマルあたりまで、概ね真っ直ぐな道だったようですが、現在の城岳小裏の道は碁盤の目に整備されているので追えなくなっています。

    城岳ガジュマルの突き当たりを泉崎方面に右折してすぐ、左手に白瓦の住宅があります。そこへ入っていくスージで古道が復活します。
    • coralway
    • 2018/05/18 12:23 PM
    うおおおおっ〜〜〜!!(゚Д゚ノ)ノ

    中央ツーリスト向かいの小道が、森の中に消えてゆきます  って、その森(コーポ楚辺、中山アパート、(有)水都商会に囲まれた森)

    そここそ、私うちなーんちゅが幼少から小学時代に遊んだとこです!! 虫取り、かくれんぼ、おにごっこはそこでしていました。実家はその森のすぐ下です。

    もしかすると、古道の中で遊んでいたのかぁぁ〜〜

    記憶が正しければ、中央ツーリスト向かいの小道から「森」に入れれば(入れるかわかりません、実家の反対側なので)、中山アパートの前、330号からバイクでいくと急な坂道をのぼりっ切ったあたりの墓のところに出てくるはずです。それなら古道と繋がっている気がします。墓はその道部分をよけて位置していました!!


    なみだが出そうです、、
    • うちなーんちゅ
    • 2018/05/18 12:49 PM
    国道から森に向かって坂を登ると、民家に突き当たり、道が不自然に右折します。

    だから、突き当たりの民家が、古道の上に建ったのだと思います。その民家が無ければ、古道は中山アパートの前の道に繋がったはずです。

    誰にも分からない話題で盛り上がってるわぁ(笑)
    • coralway
    • 2018/05/18 1:10 PM
    お暇なときでよいですので、お願いいたします。

    いつかその持ち歩いたという「古い地図」関連の投稿をお待ちしておりますm(_ _)m

    今でも夢の中では、その森でかくれんぼしています^^
    • うちなーんちゅ
    • 2018/05/18 2:26 PM
    了解です
    • coralway
    • 2018/05/18 2:34 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM