<< ハーバービュー通りとひめゆり通りを繋ぐ古道(2) | main | ハーバービュー通りとひめゆり通りを繋ぐ古道(4) >>

ハーバービュー通りとひめゆり通りを繋ぐ古道(3)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

     

    ハーバービュー通りから丘の道に入りました。

     

    街路樹が植えられ、路面にはミンサーの絣柄が描かれてる、丘の道最厚遇区間。いつ(五)の世(四)までも末永く。

     

     

    まあ、これは丘の道が厚遇されているのではなく、この先に格式高いホテルがあるからですね。はい、到着。

     

     

    ホテル前を抜けると丘の道は壷川から泉崎りうぼうに向かう市道に出ます。一見、突き当たったように見えますが、本来の道筋は左の歩道部分なので、ちゃんと左奥に向かって抜けてます。

     

     

    この辺りはかつての湧田村で、獅子松尾(シーシマーチュー)と呼ばれる松林がありました。高麗出身の陶工張献功(ちょうけんこう)が国場からここに移り、ヤチムンの窯を開きました。

     

     

    さて、丘の道は続きます。

     

     

    突き当たりに小さな森が、見えてきました。あの森が、この先の道筋を追うヒントになりますので、覚えておいて下さい。

     

     

    突き当たると思われた丘の道は、森の左手をすり抜けています。

     

     

    ここは私が好きな道です。城岳一帯は開発が進み昔の面影はありませんが、ここだけは古道を歩いてる実感があります。

     

     

    丘の道は市道に合流し、

     

     

    城岳のガジュマル前に出ます。

     

     

    (続く)


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.15 Wednesday
      • -
      • 12:06
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      > 湧田村で、獅子松尾(シーシマーチュー)と呼ばれる松林がありました。高麗出身の陶工張献功(ちょうけんこう)が国場からここに移り、ヤチムンの窯を開きました。


      はっはぁ〜〜m(_ _)m その一体が松林で張献功さんが国場から(しかもあそこから、伏線か?)

      楚辺に住み、古蔵中に通ってたのに知らないことばかり、歴史って面白いですね^^勉強になることばかりです。
      • うちなーんちゅ
      • 2018/05/25 4:09 PM
      奥武山が島だった頃、獅子松尾から眺める漫湖や国場川は絶景だったようです。張献功がヤチムンの窯を開いたことも、ハーバービューホテルがここに建設されたことも、それが理由だったのではないかと。

      泉崎橋から獅子松尾までの道は泉崎大道と呼ばれていたそうです。

      • coralway
      • 2018/05/25 6:53 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      PR
      プロフィール
      profilephoto


      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
      Twitter
      お勧めの本と映画
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM