<< 懐(なち)かさん戦前の首里城 | main | 今朝の農連プラザ >>

空中写真にみる沖縄のかたち

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

     

    久しぶりの沖縄県立公文書館です。

     

     

    展示棟で写真展「空中写真にみる沖縄のかたち」を開催中。沖縄戦前後に米軍が撮影し、後に公文書館が収集した空中写真が展示されています。

     

     

    これまで公文書館には何度か来てますが、用事が終わればさっさと帰るので、施設内をよく知りません。私だけかもしれませんが、ここは何やら人を寄せ付けない雰囲気があるのよね。

     

     

    こちらが展示棟。

     

     

    その奥には庭がありまして、

     

     

    沖縄の井戸を模した造形物がありました。知らんかったわぁ。

     

     

    公文書館は沖縄戦等の資料を散在させず、一ヶ所にまとめて保管するための施設です。私はその意義には大いに賛同するものの、施設としてはちょっとオーバースペックではないかと。

     

    竣工年で並べてみれば、県庁(1990)、公文書館(1995)、平和の礎(1995)、知事公舎(1997)。もちろんそれぞれ必要な施設ではあるけど、簡単に言ってしまえば「立派過ぎないか」と。

     

    この頃の沖縄で、大きな施設と言っても三越とか那覇タワーとか。それが「沖縄にもこんな施設ができていいんやぁ」と、以降、県民の意識が変わった気がします。

     

    もっとも、バブルな時期でしたから、「日本中がそうだろ」と言われればその通りでございます。
     

     

    「文句があんのなら入んな」と言われては困るので、そろそろ展示室に入りましょう。

     

    特に目に付いた二枚の写真を紹介します。

     

    一枚目はこちら。

     

     

    まず目に入るのは奥武山と南北明治橋。右手の炎や煙は気がつかないフリをして、東町あたりを拡大しましょう。戦前の那覇の中心街です。

     

     

    久茂地川の河口から2本目が旭橋。すぐ手前に軽便鉄道の鉄橋が見えます。旭橋を東町に渡った道路と線路は街を斜めに横切って通堂に繋がっています。その斜めの通りの手前一帯が那覇市場。

     

    その更に手前。やはり斜めに横切る大通りが大門通り。右手から山形屋、那覇市役所、那覇郵便局などが並んでいます。

     

    この付近の詳細が過去の投稿にありますので参照下さい。

     

    戦前の那覇が模型で復元されるそうです(1)

     

     

    先ほど気付かないふりをした炎と煙に戻ります。この写真には撮影日がありませんが、明らかに昭和19年10月10日の朝です。

     

    この日、午前4回、午後1回に分けて、述べ1,400機の米軍機が沖縄を襲いました。(10・10空襲)

     

    最初の攻撃目標は各地の飛行場と港湾でした。上の写真では、西本町や西新町に煙が上がっているように見えますが、攻撃目標は那覇港と停泊中の船舶。つまり、那覇空襲が始まった瞬間を捉えた写真です。

     

    写真で見る那覇の街は一見平穏に見えますが、この時、意表をつかれた那覇市民は慌てふためき、蜂の巣をつついたような状況にあったと思います。そして、この日のうちに那覇全域が焦土と化しました。

     

     

    そして二枚目の写真。

     

    この写真は翌年7月に撮影されたようです。那覇の街は露出した地面が一面に広がるばかりで、何もありません。

     

     

    広島県人の私がこの写真に既視感があるのは、原爆投下後の広島の写真を何度も見ているからでしょう。

     

    この二枚の写真が並んでるんですから、気分は最悪でした。絶句して言葉も無いので、突然ですが、この投稿は終わりです。

     

    写真展は9月2日まで。イチャンダ。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.15 Wednesday
      • -
      • 13:31
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      ども〜!(^^)/
      >沖縄公文書館・・・
       σ( ̄^ ̄)も一度だけ訪ねたことがあります。
      今、思えば・・・もっと足繁く通えば良かった。A( ̄へ ̄;)

      入口のところの上部に 「石盤琉歌」 が掲げられていたことを覚えています。
      “沖縄学の父 伊波普猷” が、“ニーチェ” の警句「汝の立つ所を深く掘れ 其處には泉あり」を沖縄語に翻訳して“琉歌” としたものが・・・

      その時に、一部だけながら沖縄戦前後の写真を見ましたが、何とも惨い。
      古き良き時代の沖縄の写真・・・改めて見てみたいものです。m(_ _)m
      • JJ花咲
      • 2018/05/31 10:40 PM
      1枚目の空襲の朝の写真は、USBメモリを持参すれば、無料で提供してもらえますよ!
       かなり高解像度の写真なので、パソコンで拡大すればある程度細かいところまで見えます。
       自分は、カメラのキタムラでA2サイズに印刷して、自宅で眺めています。複雑な気持ちになりますが、戦前を写した貴重な写真ですから。
      • ahaha
      • 2018/05/31 11:07 PM
      JJ花咲さん

      何のためにこんな酷い目に会わなあかんかったかっちゅうことですわ。それを美化するムキもありますが、まったく理解できませんよ。ったく。
      • coralway
      • 2018/06/01 6:14 AM
      ahahaさん

      ほんま、あの煙さえ無ければいい写真ですよねぇ。いくら見ても飽きることが無いです。
      • coralway
      • 2018/06/01 6:26 AM
      何度か通いましたが、琉球政府の写真は当時、広報のカメラマンだった平良考七さんの写真です。これらの写真は、CIDの検閲を受けていないので隠された真実があります。
      当時の出来事の本当の事がわかります。
      毒ガス移送の影で枯葉剤の移送がされていた事など都合の悪いカットは、検閲で削除されていますので連続的に写真を見る事も面白いです。
      • NAO
      • 2018/06/01 9:29 PM
      平良孝七さんは木村伊兵衛賞を受賞された方でしたね。機会があれば見てみたいと思います。
      • coralway
      • 2018/06/01 9:41 PM
      少し話題がズレてしまいましたが。
      我が家に平良孝七が使った事のあるニコンF1のレンズがあります。彼は、標準レンズを多用しました。より被写体にちかずいて撮影していました。
      写真を見ると一目で「切れ」の違う写真があります。私は、その「切れ」の違いからただ者ではないと調査しました。写真のコピーサービスは無料ですが、昔しは有料でした。

      航空写真を見ると埋め立ての場所がありますが、その埋め立てにも色々事件がありました。
      話せば長いのでこの辺で。。。
      • NAO
      • 2018/06/02 7:15 AM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      PR
      プロフィール
      profilephoto


      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
      Twitter
      お勧めの本と映画
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM