<< さもなくば・・・ | main | きいやま商店とニーニーズ >>

芹澤健介著「コンビニ外国人」読了

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    芹澤健介さんの新著「コンビニ外国人」(新潮新書)を読みました。

     

     

    コンビニで働く若い外国人の姿は、すっかり見慣れた風景となりました。彼らは何のために日本に来て、どんな生活をし、どんな将来を描いているのか。

     

    前々から、私の身近にいる丸大スーパーのハサノフ君(ウズベキスタン)や金城商事のシモン君(ネパール)達に、そのあたりをゆっくり聞いてみたいと思っていたところでした。

     

     

    この本を読むまで、彼らに対する私の認識は、貧しい国に生まれて、日本に出稼ぎし、低賃金(彼らにとっては高賃金)で働き、中には不法就労者が混ざってるだろうなというもの。

     

    私には、戦後の高度成長以降の日本を先進国とみなし、アジアの国々を見下す意識がありました。コンビニで働く外国人達には色々と苦労があるだろうから「すこし優しくしてあげないとな」という意識もありました。

     

    いやぁ、浅い。浅かったわぁ(笑)

     

    この本を読んで、私が物事を一面だけから、しかも先入観を持って見ていたことを思い知らされました。

     

     

    「コンビニ外国人」を読み終わった今。私は日本の行く末が心配でなりません。私の娘や、その子や孫の時代に、日本はアジアの平凡な島国になっているかもしれません。

     

    何故、日本の行く末が心配になるのかについては、本書を読んでいただくほかなく、是非、書店や通販でお買い求め下さい(笑)

     

     

    芹澤さんは前著「血と水の一滴」と同様に広範囲な取材をされたようです。まず自分の主張があり、それを裏付ける情報だけを集めようとする作家が普通にいますが、芹澤さんの立ち位置はその対極と言えるでしょう。それはもう取材の鬼。

     

    良い話も悪い話も偏りなく広範囲に取材し、それを積み上げるのが「芹澤スタイル」。そして、読者に対して何かを強く主張するのではなく「取材した内容はすべて提供しましたよ」という姿勢。「で、貴方の意見は?」と芹澤さんの声が聞こえるようです。

     

    近々、芹澤さんと再会する機会がありそうですが、「で、どう?」と問われても、私にはマトモなことを答える自信がありませんけど。

     

    まいったな(笑)


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.15 Wednesday
      • -
      • 12:34
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      Cさんの先の投稿記事を読んで、
       本書を自分でも購入し、南風原図書館にも、リクエストし蔵書して頂きました。

       私たちの高度成長時代と違って、GDP3位の日本を支えている実態が
      解き明かされた書と思います。
       国会にのたくっている政治家と呼ばれる先生方に
      是非とも読んでほしい一冊と思いますね。
       
      • へそまがり
      • 2018/06/14 7:33 PM
      へそまがりさん

      さっそく読んでいただいた上に、南風原図書館までお声がけいただいて、ありがとうございます。

      日本の人口は2008年をピークにこの10年で150万人も減ったとのこと。専門家によれば、今後はどの国も経験したことの無い、ジェットコースターのような人口の減少が始まるそうで、今は、ジェットコースターの先頭が下り坂にさしかかったところだと。

      一方で、この10年で日本在住の外国人は40万人増え、人口の減少を食い止めています。今後、日本が活力を維持するには外国人に頼る他なく、仮に、外国人が日本に興味を失ってしまえば、以降、日本の活力が維持される、まして右肩上がりになることなどありえないと。

      一方、政府の政策は、後手後手どころか、外国人の流入を拒んでいるかのように見えると。

      「日本の行く末が心配」なんてのは、表現として穏やか過ぎました。
      • coralway
      • 2018/06/14 8:12 PM
      5年の技能実習生という制限を廃止しないと人口減に歯止めがかかりません。
      台湾みたいに最長15年、途中転職可能にすればいいのにね。
      ベトナム人は日本に興味を失ってきているようですが。
      僕はうじゃうじゃ人だらけが嫌いなので人口減は大歓迎ですがw
      阪神さん

      戦前の沖縄は人口40万だったそうで、私もそのくらいが程良い気がします。としても、そこに至るプロセスで何が起きるのかってことですねぇ。
      • coralway
      • 2018/06/14 9:36 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      PR
      プロフィール
      profilephoto


      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
      Twitter
      お勧めの本と映画
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM