<< 栄町市場のご案内(1)東口から南口まで | main | 栄町市場のご案内(3)南口から西口まで >>

栄町市場のご案内(2)栄町社交街

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    さて、市場の南口に着きましたので、少し外に出てみましょう。そこは魅惑の(?)栄町社交街。


    (7)社交街

     

    大雑把に言えば、市場北側の首里に向かう県道と栄町りうぼう北側道路に挟まれた区画が栄町市場で、栄町りうぼう北側道路と栄町りうぼう南側道路(栄町通り)に挟まれた区画が栄町社交街です。

     

    社交街はかつての特飲街。つまり赤線地帯です。まあ、今もですが。

     

    一つ前の投稿で、栄町市場は県立第一女子高等学校の跡地と言いましたが、正確には栄町社交街が学校の跡地と重なります。相思樹の並木道は(現在の)県道から栄町市場を抜けて、学校に繋がっていたことになります。

     

    ひめゆり同窓会の皆さんは母校の跡地が歓楽街になってしまったことを嘆き、それを許した行政に対する不満は並大抵ではなかったそうです。

     


    (8)おでん東大


    焼きテビチで有名な老舗のおでん屋です。


     

    開店時刻の21時30分になるとたちまち行列ができる人気店。以前、店に入れなかった私は、やむなく近くの居酒屋に入り、焼テビチを出前してもらったことがあります。

     

    他の店へ出前をすることは、出前する店とされる店の関係が良くないと成り立ちません。この出前文化は栄町市場や栄町社交街の特徴の一つで、客にとっては大変ありがたいことです。例えば、餃子の店におでんを出前してもらえるなら、どちらの店に入るかを悩まなくて済みますね。

     

    入口に「飲み物、食べ物の持ち込み禁止」と表示してある店は、暗に「出前はあきまへん」と言ってます。

     


    (9)新小屋(あらこや)


    色々な部位が揃っているモツ焼き屋です。


     

    部位の一つである(牛の)おっぱいは「柔らかく、それでいて弾力のあるものが上等」と聞き、「そりゃあそうだよな」と私は大いに納得したのでした(笑)


    (10)まるまん


    老舗の山羊料理店です。


     

    以前私はここで定番の山羊刺、山羊汁の他に、チーイリチャーやクーガを食べました。

     

    クーガは山羊のキンタマです。私は小学校の先生の教えに従い「相手の気持ちになって考える」男なので、輪切りになったクーガを見て、私の身体の当該個所に軽い痛みを感じたのでした(笑)


    (11)ひめゆり橋

     

    栄町市場にあったひめゆりの写真をもう一枚。


     

    栄町社交街の南側を東から西に流れる安里川と、鉄橋を渡る軽便鉄道嘉手納線。(現在の)ひめゆり通りの姫百合橋はこの写真の場所にあります。

     

    当時、ひめゆり通りは無く、女学生達は線路脇の小さな橋を渡って通学していました。小さな橋とは言え、これだけ沢山の女学生が乗っても大丈夫なのですから、造りは頑丈です。

     

    この橋が架かる前は、一人が渡っても揺れるような頼りない橋だったそうです。女学生の一人が川に転落して亡くなる事故があり、写真の橋に架け替えられたとのこと。

     

    この橋は亡くなった女学生の名前を偲んで八重子橋と命名され、後にひめゆり橋と呼ばれるようになりました。

     

    (続く)


    コメント
    沖縄は狭いのでどこかでつながっています。
    ひめゆりの女学生の写真ですが、この中に私の村の散髪屋さんの娘さんもいます。前ひめゆり祈念館館長だった方ですが、親父には、子供の頃散髪してもらいました。このひめゆり橋の丈夫なコンクリートを戦後もらい受けて住宅を建てた人がいました。その許可をだしたのが、料亭松の下の上原 栄子さんの旦那さんでした。
    ひめゆりの塔の壕に戦後初めて入って遺骨収集した方に次郎かまぼこのおやじさんもいました。家を建てた方と次郎かまぼこのおやじは、当時のハーバービュー将校クラブのレストランでコックとバーテンダーとして働いていた事がわかりました。どこかで誰かとつながっています。
    • NAO
    • 2018/07/03 7:37 PM
    NAOさんの話は いつもどきりとしますが、今回の話は「どこかつながっている」という点ですごいですねー、ごくりと唾を飲むくらい^^;

    次郎かまぼこ屋のおやじさんも、よくでてきますが、Cさんの話と照らし合わせると とぅぬーまぬーしますわ。

    また情報お待ちしてますー^^
    • うちなーんちゅ
    • 2018/07/03 9:30 PM
    >とぅぬーまぬーしますわ。
    とうぬーまぬーて何ですか。。。とボケてみた。(ボケてみただけ)

    この話しは、それぞれの関係者に直接お会いして聞いてきた本当の話しです。
    それぞの関係者本人は、相互の関係を知らないと思います。
    私の父は、衛生兵でしたから当時の話しは、耳にイカ(タコ)ができる程聞かされました。。

    私は、あの料亭松の下で接待を受けた事があります。そんな経験者も少ないでしょう。

    話しを聞き出す手法があります。うまく聞き出す為に質問の仕方とか工夫も必要です。

    • NAO
    • 2018/07/03 10:31 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM