<< ウチナーンチュに「場合分け」の概念は無いのか? | main | 園長のお人柄 >>

テルキナの外壁が・・・

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

     

    こちらは仏壇通り(開南本通り)のテルキナ製麺所。道路拡張の立退き対象となっていて、近々、糸満に移ると聞いてます。

     

     

    保育園では月に一回、沖縄そばの日があり、園児はその日を楽しみにしています。

     

    ある保育園の調理師によれば、園児が喜ぶメニューのトップ3は、シチュー、カレー、沖縄そばとのこと。確かに、私が沖縄そばを運んでいると、園児が寄ってきて「ヤッター!!」と叫びます。

     

    明日も2ヶ所の保育園から、沖縄そばの注文が計31キロ入ってます。もちろん、仕入先はテルキナです。

     

     

    沖縄そばの配達や集金はテルキナの跡取り息子が担当してまして、歳は40前後。私はこの息子の朴訥とした雰囲気を気に入ってます。また、彼の奥さんがいい娘で、そばの注文を受けた時の彼女の「ありがとうこざいま〜す」を聞くのが楽しみです。相手に伝わる「ありがとう」って、やっぱりあるんですよね。

     

    つまり、テルキナの将来は安泰です(笑)

     

     

    それに引き換え、テルキナのオバぁは(笑)

     

    「そばの注文は2日前までにお願いしますよっ!!」が口癖で、私はそれを聞く度に気分が悪くなります。

     

    「私がこれまで、ただの一度でも前日に注文したことがありますか?」

     

    と言いたいわ。

     

    このオバぁの声を聞く度に思い浮かぶのが、平和通りの某食堂のオバぁです。私が観光客の頃は美味しい食堂だったのに、テレビに出たり、雑誌に載ったりしてるうちに。嗚呼。

     

    だからね。そばの注文をする時に、電話にオバぁが出るか嫁が出るか(笑)

     

     

    午後の配達に出た時に、テルキナの周囲をパトカーや消防車が囲んでいるのが見えました。火事があったようには見えなかったけど、いったい何があったのか。

     

    午後の配達を済ませた時に、某青果店の孫から電話がありました。この孫とテルキナの息子は幼馴染で大の仲良しです。

     

    孫「もしもし、Cさん。今日、台風の風でテルキナの外壁が剥がれちゃったんですよ。製麺所が止まっちゃって、明日のそばができないと言ってます」

     

    C「あぁ、さっきのはそれかぁ。えらい災難やったなぁ。それで、どうするって?」

     

    孫「他から仕入れてくれないかって言ってます」

     

    C「ふざけんなって言ってくれ。それから、オバぁが電話に出たら『できませんは2日前までにお願いしますよっ!!』って言うとけ」

     

    孫「そりゃ、そうですよね。分かりました」

     

     

    店に戻ると相棒のAが店の前にいました。

     

    A「あっ、Cさん。テルキナが大変してるさ」

     

    C「聞いたよ。早く引っ越してればなぁ」

     

    A「しょれで、どうすんの?。そばができないけろ」

     

    C「他から仕入れろって言ってるみたいだけど、それはあかんで」

     

    A「でも、できんものはできんさ」

     

    C「ほぉ〜、優しいな。じゃあ、保育園に電話して『明日のそばはありません』って言うてくれるか?」

     

    A「しょれは言えんよね」

     

    C「だから了解したらあかんやろ。せめて、『他の製麺所に作らせるけど、それでもいいか?』くらいは言うてくれんと」

     

    A「あぁ、しょれなら保育園にも言えるさ」

     

    孫「あっ、Cさん。お帰りなさい」

     

    C「どうするって?」

     

    孫「スーパーかどこかに卸す予定の在庫からウチの分を取ってくれたみたいで、もうウチの冷蔵庫に入ってます」

     

    C「正解だなぁ。ありがとう」

     

     

    最初に「他から仕入れろ」と言ったのが誰で、スーパーから横取りしてくれたのが誰か、後で孫に聞いておかないと。

     

    見当はつくけどね。


    コメント
    広島は負けん!
    「百万一心」ちばるでー!広島。

     出来る限りの応援を致します。

    こんなことで、広島は負けない。
    • へそまがり
    • 2018/07/12 12:28 AM
    ありがとうございますm(_ _)m

    私の故郷呉市は鉄道や道路が分断され陸の孤島になってましたが、昨日、広島と呉の間は通行できるようになりました。実家は坂の上にあり、被害は無かったようです。
    • coralway
    • 2018/07/12 6:45 AM
    あのちぢれ麺は思い出せば、場末のそば屋では定番で、我々の舌に染み込んだ奴です。
    しかしそこのおばぁと、息子夫婦と不思議な関係を築いたCさんは、稀有な存在ですなぁ〜^^


    やんど〜〜!  広島! 負きらんど〜〜!  一刻も早い復興を祈ってます。
    • うちなーんちゅ
    • 2018/07/12 8:52 AM
    テルキナのそばは根強い人気がありますよね。

    製麺所は問題無いのに、おそらく行政の指導で、壁の修理が済むまでの間、製麺を止められたようです。

    相棒のAが「もうしゅく引っ越すのに、災難さ」と言うので、「台風の風で壁が落ちたと思ってるようだが、それは違うで。壁が落ちる日に、たまたま台風が来てたんや」と教えてやりました(^o^)/
    • coralway
    • 2018/07/12 9:19 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM