<< 浜比嘉島の豊年祭(2) | main | 今朝の農連プラザ >>

浜比嘉島の豊年祭(3)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

     

    比嘉集落の豊年祭は前半の綱引きが終わり、20時半からウスデークと4ヶ所の神家で奉納舞踊が行われる予定です。ところが、翌日の朝が早い私が浜比嘉島に留まれるのは21時が限度。綱引きが1時間遅れだし、やや諦め気味でアジマァに座ってました。

     

    ついさっき、綱引きのガーエーで、トランス状態となったアジマァは人気が無くなり静かなものです。フクギの巨木と子供達。後ろの二人は、さきほど東の立方を務めた兄弟です。その右手で、特設舞台を組み立て中。

     

     

    私の近くに子供達が集まりました。ジュースを飲みたい手前の男の子(2歳)に、悪ガキ達が「ジャンケンに勝ってから、飲みなさい」と(笑)

     

     

    「最初はグー。何歳ね?」で手前の男の子が二本の指を立てたら、悪ガキがグー(笑)。なかなか勝たせてもらえません。

     

     

    20時半が過ぎ、21時を過ぎても祭りは始まりませんでした。古民家が多い比嘉集落では、ウチの中が見えてしまいます。どのウチも、このインターバルで家族が食事中。皆さん今夜は眠らない覚悟なので、予定が1、2時間遅れたところでどうってことは無いんでしょう。

     

     

    石塀に挟まれたスージとその先の灯り。

     

     

    集落の暗闇に懐かしさを感じるのは、私が子供の頃によく見た風景だからかもしれません。

     

    こちらは吉本家の入口。

     

     

    比嘉集落を代表する古民家でしたが、7、8年前に焼失しました。建物が新築され、貸別荘になっているようです。大変オシャレで結構ですが、この時の私の気分としては明る過ぎです。

     


    では、那覇に戻ります。

     

     

    静まり返る比嘉集落。やがてあのアジマァに再び沢山の人達が集まり、豊年祭が深夜まで続くはず。

     

    サラリーマン時代には、電話一本で翌日を休みにできたのに、まったく不自由になりました。と、後ろ髪を引かれつつ帰るところが、それはそれでいいような(笑)


    コメント
    ども〜!(^^)/
    >浜比嘉島・・・
    Cさん、σ( ̄^ ̄)何度も訪れているのですけれど、この豊年祭のことはまったく知りませんでした。
    動画に映った人達と建物の佇まい、そしてそのバックの青い空と雲の風情がどうしようもなく素晴らしい。
    浜地区、比嘉地区の人達の思いをσ( ̄^ ̄)などには汲み取れないとしても、今に伝わる沖縄の文化を・・・もっと実際に見て感じてみたい・・・そんな思いでいます。

    Cさん、にふぇーでーびる!  (* ̄▽ ̄)/
    • 花咲JJ
    • 2018/08/06 9:24 PM
    浜比嘉大橋の開通により、若年層の人口流出と住民の高齢化が進み、島の文化を継承することについて言えば、どうやら架橋はマイナスのようです。

    そこをなんとか踏ん張って欲しいものですが、架橋から20年が経ち、次の20年がどうなるか。
    • coralway
    • 2018/08/07 7:16 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM