<< 今朝の農連プラザ | main | 浜比嘉島の歩き方 >>

翁長知事の死去

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

     

    翁長知事が昨日の午後、お亡くなりになりました。

     

     

    2014年11月の県知事選で、翁長知事は仲井真前知事に10万票の大差をつけ、圧倒的な勝利をおさめました。更に、翌月の総選挙では、オール沖縄の候補者が沖縄選挙区で全勝しました。

     

    今思えば、辺野古の新基地建設に反対する機運は、あの年の暮れに最高潮を迎えたように思えます。以降、翁長知事がその民意を汲んだ政治ができたかと言えば、私は大いに不満です。

     

     

    最後に不満をもう一つ言えば、翁長知事の死去により、県知事選は来月に早まりますが、後継者がいません。

     

    翁長知事は今年4月に膵がんの切除手術を行い、その後、なんとか県政に復帰しましたが、健康不安は明らかでした。

     

    結局、翁長知事は正式な出馬表明をしていません。県知事選を戦えるのか、再選後の任期が務まるのか、自問自答されていたのでしょう。

     

    でもね。遅いんですよ、意思決定が。

     


    佐喜眞宜野湾市長と互角に戦える候補をあえて挙げれば糸数慶子さんでしょうが、今の状況で革新政党の候補者はスジが悪い気がします。城間那覇市長を推す声もあるようですが、彼女ではまったく勝負にならないでしょう。

     

    いずれにせよ、候補者が残りわずか1ヶ月でゼロから戦う知事選となり、その事態を招いた責任は翁長知事にあると言わざるを得ません。

     

    グズグズと意思決定の先延ばしを繰り返し、やっと決断したかと思えば、時間をかけた割には戦略が無く、プランBも無い。そんな4年間でした。最後まで。

     

     

    翁長知事の県政に対する私の評価ですから、人の死を悼む気持ちとは切り離してお読みいただければ嬉しいです。


    コメント
    今年になって私の友人が同じ病気で同じ病院で亡くなりました。それで別のドクターに色々本音を聞いてみました。この病気は、発見された時点で「ご愁傷様」だと言われているとの事
    臓器も豆腐の様に柔らかく手術は難しいとの事
    私は、最後の「終活」のお手伝いをしました。
    知事が同じ病気と聞いて「無理をしてはいけない」と思いました。家族は、医者から「余命」について宣告されていたはずです。
    友人の死の経過と重なり、その日は、ある日突然訪れるものだと考えていましたが、その通りとなってしまいました。
    「終活」きちっと引き継ぎをして身辺整理も必要な事と認識しました。

    注:人の死を悼む気持ちとは切り離して書いています。

    • NAO
    • 2018/08/09 11:05 PM
    ご友人が同じ病気で同じ病院で、お亡くなりになったんですか。驚きました。

    新聞などでは「命を削って最期まで戦った」などの論調が見受けられますが、沖縄県のリーダーとして、それは良いことなのか?という気がします。
    • coralway
    • 2018/08/10 10:51 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM