<< 翁長知事の死去 | main | フィンガーペインター西村由郁子さん >>

浜比嘉島の歩き方

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    先日、豊年祭にお邪魔した浜比嘉島です。

     

    浜比嘉島の豊年祭(1)
    浜比嘉島の豊年祭(2)
    浜比嘉島の豊年祭(3)

     

     

    約20年前に浜比嘉大橋が開通し、島は沖縄本島と陸続きになりました。

     

    架橋による功罪は、車に例えれば分かりやすいでしょう。車は人を殺したり怪我をさせたりするし、排気ガスは人の健康を害するし、とんでもない量の化石燃料を使うし、まったくロクでもないシロモノです。しかし、車にはそんな短所を圧倒するだけの利便性があるので、今日も無数の車がそこら中を走っているわけです。

     

     

    浜比嘉大橋の開通により、島に救急車が入れるようになりました。通勤、通学、買い物が大変便利になりました。橋は島の人達の悲願だったと言って良いでしょう。

     

    ところがですね。島のオジぃに、

     

    「橋が架かるまで確かに不便はあったが、島の人達は助け合いながら、穏やかに暮らしていた。浜比嘉はゆりかごのような島だった」

     

    などと言われてしまうと、心の底から「そうだろうなぁ」と思うわけです。

     

     

    また、先日の豊年祭で、祭りを仕切っていた(中年の)ニィニィがいました。次の動画で大きな掛け声をあげてる、青いハッピ、青いハチマキの人です。

     

     

    私は活気のあるお祭りに感心しましたが、コンニャク屋のオバハンによれば、以前はこんなもんじゃなかったと。

     

    「アレ(ニィニィのことね)が若い頃は今の何倍も人が集まって、もっともっと盛り上がったさ。アレはそれを知ってるから、こんなお祭りが残念で仕方がないのよ。大きな声を出してるのは、チキショーって気持ちもあるはずよ」

     

    私は再び、「そうだろうなぁ」と思うのでした。

     

     

    浜比嘉島大橋の開通は、島に典型的なストロー現象をもたらしました。若い島民は子供を連れて島を出て、島には高齢者が残りました。

     

    高齢者が他界しても、島の家に若い家族は帰ってきません。そのため、集落には空き家や空き地が目立ちます。橋が無くてもその傾向はあったのでしょうが、橋の開通により、間違い無くその傾向が一気に加速しました。10年後、20年後、「浜比嘉は無人島になるんじゃないのか?」と、真面目に心配している島のオジぃもいます。

     

     

    しかしねぇ。部外者の私がこんな投稿をするのは余計なお世話なんですよ。

     

    橋の開通により、多くの観光客が島を訪ねるようになりました。観光客は島の狭い道路を渋滞させるし、排気ガスを撒き散らすし、事故は起こすし、ゴミは捨てるし、酔っ払って喧嘩はするし、ロクなもんじゃありません。島外との往来が増えたので、それまで施錠の習慣が無かった島の人達が、家に鍵をかけるようになりました。その責任の一端は私にもあるのですよ。

     

     

    コンニャク屋のオバハンが「旧正月にまたいらっしゃい。シルミチューの柵が外されて、洞窟の中に入れるから」と言ってくれました。

     

     

    シルミチューは島の聖地。そりゃあ行ってみたい。

     

    私には島のことを学び、島の暮らしを知ろうとする姿勢はあるつもりです。ご迷惑と知りつつも、そのことで多少は免罪していただけるのではないかと。言い訳のようなことですが、そう思って島を歩くことにしています。


    コメント
    Cさん、私の大好きな浜比嘉島を特集していただき大変楽しく読ませていただきました。

    海中道路からタコ飯の看板に誘導され「サザンホープ浜比嘉」で昼食をいただきました、うるま産のモズクも付いて美味しかったなぁ。

    新しくできた施設で本当に楽しそうにお母さん達が仕事していました。

    橋が繋がって私達のような観光客が来島し多少でも雇用に貢献しているのでしょうか?
    • ひよこ
    • 2018/08/10 7:39 PM
    ゴルフ場ができたり、ケバい観光施設ができたりせずに浜比嘉島らしい、落ち着きのある観光地になって欲しいものです。

    楽しそうに仕事するお母さん達がウリになるようならいいですね(^○^)
    • coralway
    • 2018/08/10 8:10 PM
    こんばんは
    なんかすごく考えさせられたというか、そうだよなぁとしみじみ同意したというか。。。

    不便でも助け合いながら穏やかに暮らすゆりかごのような島ってもう遠くにいってしまった宝のような存在じゃないかって気がします。
    それってもちろん浜比嘉島の事なんだけど、昨今の世の中の流れにも通じるところがありますよね。
    こんなに便利なスピーディーな世の中じゃなかったけど、みんなもっとおおらかでこんなに殺伐としてなかったですよね。
    朝の通勤電車なんてみんなイライラしてるし乗客同士のトラブルで女性同士のつかみ合いとかもみたことあるし。。。

    なんか考えさせられました。
    そういう年齢に差し掛かったんでしょうか。
    • Achi
    • 2018/08/10 9:06 PM
    まったく同感です。

    嫌なことばかりが目についてしまいますが、Achiさんが言われるように、歳のせいにしておくと、少しは慰められます。

    「若い頃はお金は無かったけど、楽しかったなぁ」などと、将来の人が今の時代を懐かしむかもしれませんからね。

    てことは、今よりもっと酷い時代になるのかなと、また憂鬱になったりして(笑)
    • coralway
    • 2018/08/10 9:27 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM