<< 浜比嘉島の歩き方 | main | 勝手にサマータイムやってます >>

フィンガーペインター西村由郁子さん

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    県立美術館の県民ギャラリーで開催中の西村由郁子さんの個展に出かけました。

     

     

    この大きなガジュマルは、昨日、ここで完成した作品。彼女のfacebookに制作中の動画が載っていました。

     

    https://www.facebook.com/100007082524013/posts/2195084987404231/ 

     

     

    フィンガーペインティングは、文字通り、指で絵を描きます。彼女が使っているのはアクリル塗料だそうで、見た目は厚塗りされた油絵のようです。

     

    「何を書くかと大体の構図は頭にありますけど、絵を描き始めたら無心になっています。だから、どんな作品になるのか、描いてみないと分かりません」

     

    とのこと。そして、筆を使うより手(指)のほうが、それが直接的にキャンパスに伝わると。

     

     

    こちらは大作の「鯨の親子」。手前の椅子に腰掛けて眺めると、たいへんいい気持ちになります。

     

     

    力強いタッチで、ガジュマルやクジラの生命力が表現されてます。西村さんはナイチで老人介護の仕事をしながら、画家を目指していたそうです。そして旅行で訪れた沖縄に惹かれ、数年前、沖縄に活動拠点を移したとのこと。

     

    沖縄には彼女の作風に合いそうな題材が沢山ありますから、沖縄で彼女の才能が更に開花するようならいいですね。

     

    「あっ、私も見たいっ!!」と思われた方には申し訳ありませんが、個展は今日が最終日。「もっと早く言ってよっ!!」と言われましても、今日来たのに(笑)

     

     

    県立美術館の県民ギャラリーは3区画ありまして、残りの2区画は次の企画を開催中。

     

    「石引まさのり写真展」

     

     

    南北大東島の写真展です。


    この写真は北大東島の南端。4キロ先に見える南大東島と、手前にトロッコの線路跡。


     

     

    「沖縄のマジムンと怪異展」



    特殊メイクや特殊造形を専門とする会社の企画展です。


    この絵は、シチと呼ばれるマジムンの想像図。名前がシチだけに、「ハチ!!」と叫べば退散するらしいです。そんなアホな(笑)

     

     

    三者それぞれに楽しく見れて、いずれも無料。おもろまちまで足を運ぶ価値は大いにありました。

     

     

    大東島の写真展では、作者の石引まさのりさんから色々な話を聞けて良かったんですが、あの人が本当に石引さんだったのか、確かめてないのよね(笑)。大東島から来たただのオジさんだったら笑うなぁと思いながら、今、投稿しています(^○^)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM