<< ハクソー・リッジ再訪(1) | main | 「珊瑚に優しい日焼け止め」はどうなる? >>

ハクソー・リッジ再訪(2)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    それでは、米軍が縄梯子をかけた崖地へご案内します。

     

    まず、浦添警察署横にある浦添大公園南口駐車場に車を停めます。駐車場脇の坂道を登ると復元された石畳があります。

     

     

    そこを抜けると、浦添大公園(浦添グスク)の芝生広場に出ます。

     

     

    この広場の北側は北谷、読谷方面の視界が開けていて、映画の公開後、ハクソー・リッジの案内板が設置されました。

     

     

    この案内板のあたりから、崖下を覗き込み、

     

    「米軍はこの崖を縄梯子で登ったんだ。すご〜い!!」

     

    などと言わないことです。案内板は浦添大公園で最も高く、眺めの良い所に設置されたってことで、そこの崖を米軍が登ったわけではありません。わざわざ崖の高い所を選んで縄梯子をかけるはずがありませんからね。

     

     

    芝生広場から崖に沿って東に少し歩くと、崖下に降りる細い急坂があります。以前はそこを直進すればハナリジーに出ましたが、今、その小道は封鎖され、雑草に覆われていました。

     

    崖を降りた所には、前田高地平和之碑があり、

     

     

    その東側が、米軍が縄梯子を取り付けた崖地です。

     

     

    樹木を視界から消し、削られてしまった岩(弓ノコの歯)を崖上に積み重ねれば、映画のシーンがイメージできるか。と言えば、ちょっと無理。

     

     

    戦争中に、米軍が撮影した一枚の写真があります。腰に手をあてて崖の途中に立つ人物はデズモンド・トーマス・ドス氏(1916-2006)、ご本人だそうです。

     

     

    この写真の崖ならば、今、私の目の前にある崖から容易にイメージできます。映画に現れる崖とのギャップが脚色ということになりますね。

     

     

    衛生兵デズモンド・トーマス・ドスは、敵兵を一人も殺すことなく、命がけで多くの米兵を救いました。その活躍は、米国軍人最高位名誉勲章の受章に値するものでした。デズモンドさんは映画の公開前に亡くなりましたが、この映画には満足されているのではないかと思います。

     

     

    映画「ハクソー・リッジ」は優れた作品で、まだ観てない方には、是非、お勧めしたい。お勧めはしたいが「この映画を観たからと言って、沖縄戦(前田高地の戦闘)を語ってくれるなよ」とも言いたい。


    映画を観ても事実を知ったことにはなりません。事実と脚色の区別がつかないまま、何事かを語ることは控えるべきだということが、この投稿の趣旨でした。自戒を込めまして。


    コメント
    ここ数年、ハナリジーに行きたくて何度も浦添グスクに行っているのですが、どう考えても立ち入り禁止の小道が正規ルートだよなぁと思いつつ入る勇気がなくて諦めるの繰り返しです。
    4月に行った時もハクソー・リッジの案内板ができたことを確認してかえってきました。
    それでもインターネットで見ると、お墓の方から入るルートがあるらしいのですが、それは流石に失礼だと思うし、
    まだまだ多くの方がそのまま眠っていらっしゃる場所でもあるので諦める事にしたのです。

    前にも書きましたが石畳道で地元のオジィに声をかけてもらって話しながら歩き、そこで延々と舜天からアベ政治まで色々な話をしたのがこの看板のところでした。
    その時に、戦争にまつわる色々な小さな場所が今廃れつつあって、一箇所にまとめられてみんな(観光客のことだと思われます)そこにしか行かないけど、悲劇があった場所はそこではないから自分は探してでもそういう場所へお参りに行くとも。
    ハクソー・リッジがただの映画にまつわる場所ではなく、激戦地で集落の大多数の方が巻き込まれた事を知ってほしいと思います。

    何度行っても感じるものがある場所ですよね。
    ここで嘉数の方向を眺め、ハーフムーン、首里の方向を眺める、そんな事を毎回やっています。
    • Achi
    • 2018/08/21 10:17 AM
    Achiさん

    ハナリジーへの道は、高い金網で完全に遮断されてました。また、金網の先が雑草に覆われていて、金網が無くても歩けないと思います。

    未確認ですが、前田高地平和之碑から崖下を歩いて、(墓地に入らずに)ハナリジーへ行けそうです。また、浦添大公園南口から前田高地の南側崖下を歩いて行けるかもしれません。

    ハナリジーの岩の下でガイドをしてる写真を見たことがあるし、拝みに行く人もいるはずなので、南北どちらかのルートで、あるいは両方から行ける気がします。

    それにしても、舜天から安倍晋三まで、よく付き合いました。そのオジィは寿命が延びたことでしょう(笑)
    • coralway
    • 2018/08/21 11:45 AM
    北側のお墓団地から入るとなぜかしらガードマンが警備していました。どこに行くのかと聞かれました。先祖のお墓詣りですでOK

    私の父は、衛生兵だったので嘉数高台、ハーフムーン、海軍司令部壕、首里司令部壕(勤務地)の話しをしていました。全ての戦闘に参加しています。(衛生兵ですから)。摩文仁で捕虜となってハワイの収容場まで行きました。
    戦争体験者は、余り深くは語りません。
    忘れたいけど、忘れられない事なのかもしれません。
    • NAO
    • 2018/08/21 7:00 PM
    私はハナリジーはお墓から入ります。
    たしかに網で塞がれて草も刈られていませんが、定期的に刈られているのか、綺麗に整備されている時もあります。岩が神聖な場所なのかな?
    拝所の様な線香立の様な物置いてあります。
    立春か、冬至に朝日観る人が来ていた様な?
    網で塞がれていても入れますよ。鍵掛かってないから。でも、気軽に行く所ではない雰囲気ありますねー
    • うそ800
    • 2018/08/21 10:06 PM
    ハナリジーは主人と一緒にウォーキングした時、主人は入れない怖いと言ってました。それ以外私も行かなくなりました。そばにある平和の碑はかなり緊張して通ります。もちろん参拝します。今年キャップキンザーの生徒さんが千羽鶴奉納してましたよ。映画で歴史を知った様です。
    • うそ800
    • 2018/08/21 10:33 PM
    NAOさん、うそ800さん

    ありがとうございます。結局、お墓を通るしか無いんでしょうかね。浦添ハ景に選ばれてる景観なんですから、他所を通らずに行けるルートを整備して欲しいものです。

    話は変わりますが、浦添グスクの城壁はハナリジーの手前まで、前田高地の崖上に築かれていたようです。米軍がハクソーと名付けたギザギザは、崩れた城壁だったのかもしれません。
    • coralway
    • 2018/08/21 11:09 PM
    映画は去年、那覇で観ました。
    小さい頃、前田の公務員住宅に住んでおりました。
    • セリザワ
    • 2018/08/25 7:41 AM
    セリザワさん

    あっ、そうだったんですか。じゃあグスクは遊び場だったんですね。浦添市はグスク周辺の整備に熱心だし、モノレールの新駅は既に外観が完成してました。古都のイメージで人気スポットになりそうです。
    • coralway
    • 2018/08/25 8:24 AM
    The Pacific の方は途中でもう観てられません、てなりました。ハクソーリッジも観てない。終戦特集でwowowでやってたけど。再放送あれば観ます。
    • ikoka
    • 2018/08/25 12:46 PM
    ペリリュー島の映画だったかな。たぶん最後まで見た。

    ハクソーリッジは殺戮シーンはあるけど、主人公が人を殺さないからマシかもね。再放送があれば是非。
    • coralway
    • 2018/08/25 1:46 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM