<< 国場エイサーの道ジュネー | main | 阿波踊りの来場者数 >>

お金の使い道が公約になるのか

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    那覇市長選挙が近づき、候補者によるビラの投函が始まっています。

     

     

    この候補者のスローガンは「那覇市をパワーアップ」で、公約が「子供医療費の無料化」、「介護・福祉の充実」、「交通弱者のための無料公共交通」。

     

    公約はお金の使い道ばかりで、おそらくそこは他の候補者も同じでしょう。市の予算を一定とすれば、公約実現のためには、既存のサービスをやめることになります。

     

    言い換えれば、既存のサービスをやめれば、公約は実現できるってこと。そこには、公約実現のための努力と言うか、工夫が伺えません。

     

    言うておきますが「支出の無駄を省きます」みたいなことは、公約とは関係無しにやって下さいね。任期中、徹底的に無駄は省いて、次の選挙では、誰も迂闊に口にできないくらいにして下さい。それで普通なんですから。

     

    「公約実現のために無駄を省きました」なんて、筋が違うってものです。

     

     

    つまり、どの候補者にも「稼ぐ」という視点が無いんですよ。つまり税収アップ。例えば、観光客がたまたま増えても、利益は外資やナイチの資本に吸い上げられ、那覇市が得られるものは雇用だけ。所得税収は増えるでしょうが、それだけでは「稼ぎ」になりません。

     

    例えば那覇軍港は、現状、奥武山公園のイベント臨時駐車場です。私はあの広大な敷地を活用するプランを聞いたことがありません。簡単に返還されないと言うのなら、返還後の活用法くらいは示したらどうですか。用途を思いつかないから「返還せよ」とも言わないように、私からは見えます。

     

     

    こんなことを引き合いに出したくはありませんが、琉球王国は日本や中国から補助金をもらうことなく、逆に貢いでました。それで国家を運営し、薩摩藩まで養ってたじゃないですか。アジアの総合商社として稼いでたんですよ。

     

    結局、沖縄の政治家の努力とは国から予算をいただくためのもの。予算を増やしてもらうために基地に賛成してみたり、反対してみたり、どちらが有利か悩んでみたり。

     

     

    こんな話で、何故、那覇市がパワーアップするのか、私にはさっぱり分かりませんてば。「時代の波に乗り遅れるな」って何?。

     

    あっ、そうそう。この候補者の所属政党はSPEEDのエリコちゃんに国会議員が務まると思ってるみたいなので、那覇市長はアムロちゃんに頼んでみたらどうですか?。お金の稼ぎ方を彼女から学べば良いでしょう。


    コメント
    昨日は県知事にアムロちゃん、て記事かコラムを読んだよ。
    • ikoka
    • 2018/08/25 12:36 PM
    知事はちょっとかわいそうだから、市長でお願いします(笑)
    • coralway
    • 2018/08/25 1:44 PM
    せっかく二条城の近所の億ション買ったのにね。
    • ikoka
    • 2018/08/25 5:56 PM
    国会議員でいいでしょう。「混じりっ気の無い日本が好きです」なんて言い出しそうですねw
    ま、一線を越えないようにお願いします。
    • ikoka
    • 2018/08/26 2:11 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM