<< スナックMIKANで飲み会だ | main | チャン、ティーラ、カニグシク >>

発掘!!真珠道

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    首里城内の道路整備に伴う発掘調査で、城内では初めて、真珠道が発掘されました。

     

     

    3年前、綾門大道の発掘調査で、真珠道の起点は見つかっていましたが、石畳が露出したのは今回が初めて。真珠道の道幅や側溝の構造などが明らかになりました。

     

     

    今年の春、識名坂で発掘された真珠道は、シートで覆われていて残念でしたが、この日はフェンス越しながら、はっきりと石畳を見ることができました。

     

    発掘された真珠道は島添ビラに向かって延びてはいるものの、石畳が残っているのは起点近くの4、5メートルだけ。もちろん、それでもありがたいことです。

     

     

    真珠道は琉球王国の軍用道路です。尚真王(1465〜1527)が首里城から8キロ先の那覇港まで石畳を敷設し、そこを王府軍が駆け抜けました。王府軍は首里城警備隊と沿岸警備隊で編成されていて、真珠道を使ったのは後者です。

     

     

    その時代、那覇港に侵入を試みる外敵とは誰だったのか。冊封関係にあった中国が攻めて来ることはないし、島津藩の支配下にあった琉球王国を、日本が攻めることもありません。

     

    答えは倭寇です。倭寇はその名の通り、日本の海賊で、瀬戸内海や九州を拠点に、朝鮮、中国、台湾、琉球の沿岸や海上の船を襲っていました。交易品満載の琉球船は特に目をつけられていたようです。

     

    日本の倭寇(前期倭寇)はやがて衰退し、真珠道が敷設された時代の倭寇(後期倭寇)は中国の商人でした。本業は密輸で、時には海賊もやるというもの。

     

    那覇港に侵入しようとする倭寇と、それを阻止する沿岸警備隊との間で、時には戦闘もあったようですが、沿岸警備隊の主な役割は抑止力の発揮。近海に倭寇の船が現れると、首里城や中継地の豊見城から、沿岸警備隊が屋良座森グスクに出動しました。今の言葉ではスクランブルですね。アップダウンの激しい8キロの道を、どのくらいの時間で走ったんでしょう。

     

     

    私の住む国場のアパートのすぐ上の道は真珠道の一部です。当時は上間集落から国場集落に向かう途中の野原だったと思います。住宅密集地となった今、真珠道を走る兵士達を想像するには、かなりのエネルギーが必要です。

     

    そこで行政には、真珠道の復興をお願いしたい。8キロ全線の石畳舗装が理想ですが、交通量の多い場所は石畳風の舗装でも良いし、それも無理なら、次の写真のように赤線をひくだけでもよろしい。

     

     

    那覇の歴史遺産としては、首里城や識名園などがありますが、それらは見学する場所であり、日常の中にはありません。真珠道の跡を示すことができれば、那覇市内のあちこちで琉球の歴史を感じることができます。

     

    例えば、国場公民館への道順を説明する時、「国場のS字カーブから真珠道を下って、最初の角を左」と言えば分かりやすいのですが、今そんなことを言っても「はぁ、真珠道?。どこ?」ってなりますからね。

     

    豊見城と屋良座森グスクの復興と併せて、どうかよろしくお願いしたい。m(_ _)m

     

     

    なお、首里城内の真珠道は保護シートを被せた上で埋めもどすとのこと。今月下旬まで、発掘調査は続くようです。


    コメント
    きれいに残っている場所があって嬉しいですね。

    那覇港防衛は記録として残っているのは、倭寇1回と島津侵攻の時だけのようですが、いずれも見事に機能したらしいですね。
    • ahaha
    • 2018/09/08 12:55 PM
    島津侵攻は1609年ですから、真珠道が完成した後でしたね。勘違いしてました。また、倭寇の来襲が1度だけなら、抑止力が効いていたことになりますね。たいへん結構です。
    • coralway
    • 2018/09/08 1:26 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM