<< 首里汀良町の十五夜獅子舞 | main | 知事選期日前投票 >>

光の国から僕らのために・・

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    金城哲夫さん(南風原町生まれ)の半生を描いた芝居「光の国から僕らのために」。劇団民藝による本土5都市での公演が終わり、沖縄公演が始まりました。

     

     

     

    9月22日(土)、23日(日)の南風原町中央公民館を皮切りに、沖縄市、名護市、うるま市、浦添市と公演が続きます。

     

    そして、南風原町中央公民館では金城哲夫展(生誕80周年記念企画)を開催中です。金城哲夫資料館(生家の自室)で保管されている写真や脚本などの展示に加えて、彼が脚本、監督を務めた映画「吉屋チルー物語」が上映されていました。

     

     

     

    金城哲夫は7歳で終戦を迎えました。沖縄芝居が大好きな少年だったそうです。那覇の劇場に侵入しヌギバイ(ただ見)を繰り返していたところ、劇場従業員に可愛がられ、無料で入場を許されるようになったと(笑)

     

    高校進学で上京し、大学卒業後、円谷英二氏と出会い、脚本家の道を歩むことになります。脚本家として脚光を浴びたウルトラシリーズが始まる前の一時期、24歳の彼は一旦沖縄へ帰り、映画「吉屋チルー物語」を製作しています。

     

    沖縄の一流役者(島正太郎、清村悦子、瀬名波孝子ら)を揃えた映画の製作費を捻出したのは、料亭(現存)を経営していた彼の母親でした。戦後初の沖縄映画でしたが、県内で上映する映画館は無く、この作品が高い評価を得たのはずっと後のことでした。

     

     

    そして、ウルトラシリーズの放送開始。

     

    ウルトラセブンのモロボシ・ダンと。

     

     

    ウルトラマンのイデ隊員、アキコ隊員と。

     

     

    ウルトラシリーズにより人気脚本家の仲間入りを果たした金城哲夫でしたが、沖縄戦で深刻なダメージを受け、今なお米軍占領下にある沖縄を何とかしたいという想いから、円谷プロを辞め、沖縄に帰る決心をします。沖縄本土復帰の3年前、彼が31歳の時でした。

     

     

    沖縄に帰り、沖縄芝居の脚本家として精力的な活動を始めましたが、彼はウチナーグチを上手く脚本に乗せることができないことに悩んでいました。芝居の場面ごとに、ベストなウチナーグチを選べているのか。それが確信できなかったんですね。

     

    さらに、沖縄海洋博開(閉)会式の演出を引き受けたことにより、悩みが増すことになりました。海洋博に対する自分の想いと、地元住民の想いとのギャップを解消できず、「お前はそれでもウチナーンチュかっ!!」と罵倒されることに。

     

    愛してやまない沖縄で、自らのアイデンティティを問われてしまう事態に、酒の量が増えました。

     

     

    金城哲夫は37歳でこの世を去りました。死因は自宅2階からの転落による脳挫傷。泥酔状態だったそうです。

     

    自宅の鍵が見当たらず、鍵のかかってない窓に外階段から移ろうとして、誤って転落したと聞いてますが、訃報を受けた金城哲夫の妹は、兄の自殺を直感したそうです。

     

    もちろんこれは事故死なんでしょうが、窓枠にぶら下がり、「もういいや」と自ら手を離すシーンを、私もつい思い浮かべてしまいます。

     

     

    「沖縄のために」と思えば思うほど、上手くいかないのが沖縄。それが何故かなんて、私ごときでは説明できません。「吉屋チルー物語」はYouTubeにアップされてるようなので、近々観ようと思います。


    シュワッ!!


    コメント
    1974年3月に「走れ!ケー100」という子供向け30分番組で彼はお医者さんの役で登場していました。
    平良とみさんがおばあさん役でうちなー口で話しています。
    ビデオを見たら彼が登場するシーンはほんの少しだけでしたが、どのような繋がりで彼を起用したのかは興味のある所です。
    今、調べてみると、「走れ!ケー100」第50話で医師を演じたのが金城哲夫さん、その脚本を担当したのが上原正三さんのようです。

    二人は円谷プロの同僚でしたから「走れ!ケー100」第50話を沖縄で収録した際、上原さんが、既に沖縄に帰っていた金城さんに声をかけたようです。
    • coralway
    • 2018/09/24 11:49 PM
    そうでしたか、ありがとうございます。
    いつか彼の資料館へ行ってみます。
    吉屋チルー物語、年金通りか寄宮のカラオケで吉屋物語を聞いて、恨む比謝橋〜♪ここが耳に残り少し調べたらたりしてました。金城哲夫さんの作品とは思わず以前YouTubeで一通り見たのですが、残念ながら僕のレベルでは言葉がわからず、あらためて観てもいまだ雰囲気のみです。きっと言葉がわかればもっと深い境地なのでしょう。そして金城さんにこんな苦悩があったとは知りませんでした。
    • 横浜のやなわらばぁ
    • 2018/09/26 12:31 PM
    吉屋チルー物語をYouTubeで観たなんて、凄いな。

    確かに言葉は分かりませんが、ロケ地の風景を見るだけでも楽しい気がします。あとは、役者の表情や口調、バックに流れる民謡の旋律などから、状況を推測すると(笑)

    金城哲夫さんの生家は津嘉山サンエーのすぐ隣の松風苑。今も営業中で、すき焼きがお勧めのようです。敷地内には哲夫さんの部屋(資料館)が残っていて、事前にお願いしておけば見学できます。
    • coralway
    • 2018/09/26 2:16 PM
    吉屋物語、昼休みに周りの人に少しだけ見せてあげました。皆、言葉がわからないと。でもおっしゃるように雰囲気が楽しめますね。多分撮影したのは放映より前、55年以上前の沖縄なのかと推測してます。それもまた貴重な返還前の沖縄、それもそれより昔の沖縄をイメージしたロケ地ということでしょうから。
    実は松風苑さんはまだ沖縄ニューカマーなころ、南風原を『はえばる』と読めない頃に何度かウルトラマンつかながりでお邪魔して、弟さんの案内で資料のあるお部屋も行きました。また機会あれば行きたくなりました。
    今晩もう一度YouTubeも。
    • 横浜のやなわらばぁ
    • 2018/09/26 3:55 PM
    横浜のやなわらばぁさん、「腕を上げたなぁ、おい(笑)」

    最近、私と相棒Aとの間でウケてる突っ込みね。「腕は上がらんけろ」(笑)

    この投稿に載せた「シュワッ!!」の音声を、なかなか気に入ってます(^-^)/
    • coralway
    • 2018/09/26 4:09 PM
    ありがとうございます。光栄の極みです。
    ハイ、腕は上がるけろ!(本当の腕)
    (><)\バキッ!
    どうしてこんなに沖縄のことに関心を持ってしまったのか…
    「シュワッ!!」のウルトラマンが沖縄戦と関係していることも「沖縄のために」と思えば思うほど、上手くいかないのが沖縄なのかと。
    ちょっと禁断症状でています。10月にはと企んではいます。
    Aさんお大事にしてください!
    • 横浜のやなわらばぁ
    • 2018/09/26 7:47 PM
    大人になって再放送を観ると、平和とか、戦争とか、テーマが大きくて、ただの怪獣番組じゃないのよね。ウルトラQとかも。セブンぐらいまでは。円谷さんばかり有名で、この人が脚本だったのね。わたしは円谷さんが自殺なさったとばかり思っておりました。
    • ikoka
    • 2018/09/27 12:57 PM
    金城哲夫さんは沖縄が抱えてる問題をウルトラシリーズに投影してたのよ。

    15歳から東京で暮らして31歳で沖縄に帰ったってことは、丁度半分ずつで、ナイチャーのようなウチナーンチュのようなことになっちゃって。そこが彼を苦しめる結果になったと思うのよね。
    • coralway
    • 2018/09/27 2:18 PM
    あい、わんやてぃんウチナーとぅナイチやいぬ年なとーさ。じゃーふぇーなとーん。

    やしが、毎日ウチナーグチ頭(ちぶる)ぬなーかうてぃ、あびとーくとぅ、帰ぇーてぃん、しわーさんどー。


    (あれ、私も沖縄とナイチ (に暮らす年月)が同じ年になってるわ、困ったなぁ。だけど毎日ウチナーグチ頭の中でしゃべっているから、帰っても心配ないかな。ナンカ ヘンナ ナイチベンニナッテル ^; )
    • うちなーんちゅ
    • 2018/09/27 2:44 PM
    例えば、親子であっても、長い間別々に暮らしてて、その後同居することになったら、以前とは違う関係になってると聞きます。そんなことが故郷に対してもあるんじゃないかと。

    チブルを使ってたら大丈夫か?。チブル星人(笑)
    • coralway
    • 2018/09/27 4:11 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM