<< バカだなぁこいつ | main | 今日の仕入れ >>

県知事選を終えて

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    沖縄県知事選は接戦の予想を覆し、玉城デニー候補が沖縄県知事選史上最多の得票数で圧勝しました。

     

     

    佐喜真淳候補の基礎票(組織票)は約30万票と言われていて、陣営はそこに無党派層の得票を上積みする戦略でした。ところが、自民党や公明党の支持者の一部が玉城支持に回ってしまい、無党派層からの得票もその穴埋めをするのがやっと。玉城支持を公言した公明党員の存在がニュースになり、万歳三唱する玉城陣営の後方では、公明党の三色旗が振られていました。

     

     

    今回の県知事選には、菅官房長官や小泉進次郎議員が何度も佐喜真候補の応援に来て、街宣車の周囲には自民党や公明党の関係者が動員されました。そして、遠巻きに眺める一般有権者達は、佐喜真候補と官房長官らが並ぶ姿を見て「結局、こいつは政府の言いなりになるんだな」と実感したのでした。

     

    その点、玉城候補は街宣車の屋根には一切上がらず、地面から支持を訴えていました。ナイチャーの私でさえグッときたのですから、その姿は多くのウチナーンチュの心に響いたことでしょう。

     

     

    今回の知事選で玉城デニーはウチナーンチュらしく戦い、佐喜真淳はウチナーンチュらしくなかった。極めて単純に総括すれば、私の感想はそんなところです。

     

     

    落選が決定的となり、支援者に頭を下げる佐喜真候補夫妻。

     

     

    最前列左から、翁長政俊(県議:那覇市長候補)、西銘恒三郎(衆院沖縄4区)、国場幸之助(衆院比例)、松本哲治(浦添市長)、2席空いて、ちょと誰だかわからない、遠山清彦(衆院比例)、金城勉(県議:公明党沖縄県本部長)。左の空席の後ろに比嘉奈津美(前衆院)、その右に島尻安伊子(前参院)。

     

    この映像が流れた後しばらくして、再度この場所が中継されましたが、上記の人達はさっさと帰ってしまったのか、席には誰も残っていませんでした。

     

    玉城候補へのネガティブキャンペーンを続けた国場幸之助と遠山清彦には比例区選出議員の悲哀を感じます。生殺与奪を党本部に握られているのですから、やれと言われたらやるしかありません。同じく参議院比例区の今井絵理子は、選挙期間中、沖縄にいたようですので、人目につかない組織票固めにでもかりだされていたのでしょう。

     

    佐喜真淳、国場幸之助、今井絵理子は、いずれもれっきとしたウチナーンチュ。この人達を日本政府による沖縄分割統治の犠牲者と呼ぶのは言い過ぎでしょうが、知事選を終えて、その種の苦々しさが残りました。ざまあみろって話ではないってことね。

     

     

    (分割統治)

    統治者が被統治者間の人種、言語、階層、宗教、イデオロギー、地理的、経済的利害などに基づく対立、抗争を助長して被統治者の連帯性を弱め、自己の支配に有利な条件をつくりだすことをねらいとした統治手法。


    コメント
    素晴らしい勝ち方でした。
    寄り集まり集団だから、各々が勝手に主張をしてバラバラな運動をするかに思いましたが・・
    「うちなーんちゅの選挙だのに、何で東京の人達が来て選挙運動をするの?」に集約されると思いました。
     菅・小泉・果ては東京都知事まで。
    安倍が来れば、40万は軽く越していたでしょう。
    うちなーぬくとやうちなーんちゅが決める。
    なはのことは、なーふぁんちゅが決める。
    • はんだま
    • 2018/10/03 4:00 PM
    はんだまさん

    玉城デニの当選おめでとうございます(^_^)v

    実は私、翁長前知事も那覇市長もあんまり好きじゃないんですよ。辺野古に反対してくれるので投票しましたけど。

    亡くなった方の悪口を言うのも気がひけるのですが、翁長前知事を美化するかのようなメディアに対して、「おい、そんなに立派な知事だったか?」と言いたくなります。でもまあ、翁長前知事を持ち上げておけば、玉城デニーに有利になるので、まあいいかと。

    その翁長前知事でさえ、オール沖縄を維持することはできませんでした。おっしゃるようにバラバラで。だから私も、選挙前は玉城デニーが劣勢に立たされると思ったんですよ。

    ところが、史上最多の得票数で圧勝(笑)

    玉城デニーの選挙戦をプロデュースしたのが誰だか知りませんが、優秀でしたねぇ。オール沖縄の(規模が小さいながらも)再構築、政党色の排除、翁長前知事のご家族の支援。打つ手、打つ手がビシビシ決まりました。

    そしてプロデューサーのプランを結果に結びつけたのは、玉城デニーの人柄、人望ではないかと。

    相手のオウンゴールも含めて、全てがうまくいった県知事選でしたね。

    安倍が来てたら40万票を軽く超えてた←ウケタ(笑)
    • coralway
    • 2018/10/03 5:03 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM