<< 今日のお言葉 | main | トモコオバぁは長期休業か? >>

映画「ニービチの条件」

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    沖縄のレンタルビデオショップに沖縄の映画がずらっと並んでいるかと言えば、まったくそんなことはありません。沖縄映画コーナーなんて無いんだけど、これがなんでか?

     

    沖縄映画を見つつ、そのロケ地を言い当てるのが私の趣味。だから、その楽しみが少ないのよね。台風休み中、仕方が無いので、YouTubeにfullで上がってる映画を探したら、いい作品がありました。

     

    「ニービチの条件(沖縄:2011)」

     

     

    話は逸れますが、沖縄以外の作品では「メッセージ(米国:2016)」が良かった。こっちはレンタルDVD。時間の概念が無くなると過去を思い出すように未来が見えるって話。

     

    明るい未来ならともかく、そうではない未来を知りたいとは思いませんよねぇ。そして、未来が明るくないことを知ってしまった後、その人生を生きる覚悟が持てるのか?。

     

    う〜む。未来は明るいものだと、勝手に決めてるもんなぁ。そんなあたりまえのことをタコに教えてもらう日が来ようとは(笑)

     

     

    さて、「ニービチの条件」に戻りまして、主人公はパーラナイサーラナイのアキラ。ナイチャーの婚約者役にモデルの福田萌子。

     

    家出をして5年。結婚の許しを得るために浜比嘉島の実家に帰ったらオトウは2年前にあの世に行き、オカア(城間やよい)とオバア(吉田妙子)は「今さらどのツラ下げて帰って来たっ!!」と怒ります。頭を下げる二人に、オカアとオバアは「ニービチの条件」を出したのでした。


     

    その条件とは、嫁にウークイの手伝いをさせて、役に立つようなら結婚を認めましょうというもの。このナイチャー嫁はエイサーを見て「えっ、これ何?。お祭り?。えっ、何?」と喜ぶレベル。言葉はわからず、料理もシキタリも戸惑うものばかり。ニービチの条件はクリアできないかに思われました。

     

     

    ところが、オカアとオバアは嫁が役に立つかどうかではなく、手伝いをさせながら嫁のハートを見ていたわけですね。言葉がわからなくても、料理やシキタリに戸惑っても、それは当然で、たいした問題ではないということ。

     

    「これは」ってことが一つでもあると、たちまち琴線にふれてしまうのがウチナーンチュ。そこには、ナイチャーが沖縄で暮らす秘訣みたいなものが示されていて、「まったく、この通りなんだよなぁ」と、私は深く共感したのでした。

     

    短編ながら、浜比嘉島の風景が美しく、ウチナーンチュの(乱暴な)温かさが、心に残る作品でした。

     

     

    今年の浜比嘉島の豊年祭で、私は比嘉集落をくまなく歩きました。その甲斐あって、映画のスタートからエンドまでロケ現場をもれなくピンポイントで示すことができ、そっちも大いに満足しました(^-^)v

     

     

    それにしても、あのタコよ(笑)


    コメント
    ウチナーンチュの(乱暴な)温かさ   乱暴って^^;


    しかしウチナーグチの8割が、聞くに堪えない 罵詈雑言^^;  福田萌子はハルサーエイカーでは、ウチナー訛りでしゃべっていて、そっちが「地」だと思うので、もし結婚してここで暮らしたら、、、と、想像しましたわ。


    flitterですよね、フリたー? なんて、ウチナーアドリブは監督にはできませんので、城間やよいのアドリブですわ、そんなウチナーアドリブがちりばめられてて最高^^


    あと、うーくいさびら Return safely などウチナーグチが英訳されてますが、いくつもきちんと英訳できてなくて(日本語にも直せないニュアンスね)、ニヤッてしちゃいました。たのしー映画、サンキューでーす^^
    • うちなーんちゅ
    • 2018/10/09 4:58 PM
    和訳も英訳も、ウチナーグチのニュアンスを正確に表現するのは難しいでしょうから、ウチナーンチュだけが楽しめる部分があるんでしょうね。

    それにしても吉田妙子さんは、沖縄映画に出過ぎでしょ。感覚的にはオバア役の8割が吉田妙子さんで、残り2割が平良とみさんな気がします。で、ナビィの恋とか、ちゅらさんとかの全国版に限れば平良とみさんが多くなるという(笑)
    • coralway
    • 2018/10/09 6:46 PM
    Cさ〜ん、朝9時に那覇空港到着予定。

    機内Wi-Fiで「ニービチ]見ています、面白いですね。

    まもなく着陸。(笑)
    • ひよこ
    • 2018/10/10 8:43 AM
    いらっしゃい。早起きしたなぁ(笑)

    明日の夜ね。

    プレゼントを預かってるよ(^-^)v
    • coralway
    • 2018/10/10 9:38 AM
    今回も良い映画の紹介ありがとうごさまいす。浜比嘉島は、アマミヤミューの墓、それとここで待ち合わせした無線仲間と落ち合えなかったこと、タコライス?の思い出くらいでしたが、以前のブログとあわせてちょっとだけ深く雰囲気がわかりました。以前家族で初めて行ったときは、ここで暮らすってどんな感じなんだろうなんて話したことも思い出しました。
    沖縄短編映画は以前の「See Me!」や「マサーおじいの傘」くらいでしたか、この映画観たら他にもあることがわかり楽しませていただきました。また浜比嘉島行ってみます。
    • 横浜のやなわらばぁ
    • 2018/10/15 9:43 AM
    横浜のやなわらばぁさん

    私は浜比嘉島のことはだいたい分かったつもりでいたけど、比嘉集落に展望台があることに気づいてないのよね。あれだけウロウロしたのに。

    放送設備が無かった頃、その展望台(当時はただの丘)に登って、メガホンを使って放送?したそうです(笑)
    • coralway
    • 2018/10/15 10:09 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM