<< 今朝の農連プラザ | main | 船増原の水路(2) >>

船増原の水路(1)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    ここはモノレール壷川駅と奥武山公園を繋ぐ北明治橋。橋のたもとに案内があり、那覇は島でしたとか、奥武山は島でしたとか書いてあります。

     

     

    そこに、昔の那覇の地形図があります。長虹堤築造以前の、まったく埋め立てがされてない時代の那覇です。

     

     

    国場川から城岳の丘を越えた先がガーブ川。ガーブ川には広い河口があったことが分かります。農連プラザのあたりでも、満潮時にはガーブ川は逆流してますから、河口と言うより奥深い入江と言って良いかもしれません。入江の入口は十貫瀬。十貫瀬がピンと来ないのなら、ジュンク堂書店のあたりです。

     

    その入江には山原船が入り、入江の奥にはケーシンダーと呼ばれた船着場がありました。現在の与儀十字路あたりです。

     

     

    与儀十字路の歩道橋から開南本通りを眺めてみましょう。

     

     

    道路の左側は城岳の丘の麓で、古い地名では船増原。右側はかつての入江ですから、開南本通りは昔の海岸線を走っていることになります。

     

    船増原やケーシンダーの名前の由来や、両者の関係は不明ですが、開南本通りの右側(北側)に、係留中の山原船を想像したとしても、間違いとは言えないでしょう。

     

     

    古波蔵十字路から安里に向かって与儀大通りを車で走ってるところを想像して下さい。旧農協会館前の坂を登ったところが楚辺の信号です。そこから与儀十字路までは緩やかな下り坂。与儀十字路を通過する時には「ブクブクブク」と声を出しましょう。

     

    与儀十字路を過ぎると、与儀大通りはひめゆり通りに呼び名が変わり、壺屋の信号の先までは緩やかな登り坂。壺屋の信号を過ぎたあたりで「プファ〜」と声を出しましょう。ほら、かつての海(入江)を実感できたでしょ?。できんか(笑)

     

     

    なんでこんなことを投稿してるのかと言いますと、読者のうちなーんちゅさんからコメントをいただきまして、船増原の与儀市場通りと与儀大通りに挟まれた場所が窪地になっていて、大雨が降ると水に浸かってしまうが、それは何故かと(笑)

     

    そんなことを疑問に思う人は世界に5人くらいしかいないでしょう(笑)

     

     

    そこで、現地に行ってみたら川があったんですよ。川と言うか水路。上の写真のバイクの位置から城岳方向を見れば、ほら。

     

     

    手前の手すりは紛れもなく橋の欄干です。知らなかったでしょ。私も知りませんでしたが、開南本通りには橋があるんですよ。


    川の左手。与儀十字路のバイク屋は移転しまして、更地になってます。

     

    (続く)


    コメント
    すみません&#128546;&#10549;&#10549;変なところへ食いついて&#8265;きのう、夜な夜な女性の幽霊が出た
    十貫瀬へ行ったら、その回りは建築工事の真っ最中。まわりをフェンスに囲われて、亡霊の女性はさぞや困惑しているかも?さて、果たして、なにができるのでしょうかね!
    • たかっちたか
    • 2018/10/26 11:41 PM
    困惑してる女性に「一緒に旅行しませんか?」とは言わなかった?(笑)
    • coralway
    • 2018/10/27 6:11 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM