<< 今日の御用聞き | main | 今日の某青果店 >>

津嘉山の腰当森(クサティムイ)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    ヤマトグチの腰当(こしあて)は、座った時に背中に当てて姿勢を楽にするものを意味しますが、ウチナーグチではクサティと読み、「頼りにする者」の意味になります。例えば、母親にとって長男はクサティ。

     

    沖縄の集落は北東方向の丘陵に森があることが好ましいとされ、その森をクサティムイ(腰当森)と呼びます。冷たいミーニシ(北東からの冬の季節風)を防いでくれる森です。

     

    詳しくはこちら。(→新北風と真南風) 

     

     

    次の写真は南風原町の津嘉山(チカジャン)集落で、クサティムイは高津嘉山(タカツカザン)。

     

     

    現在の字津嘉山は広い範囲を示しますが、古くからの津嘉山集落は高津嘉山の南西部にあります。

     

    さきほどクサティを「頼りにする者」と訳しましたが、それがクサティムイになると「信頼し寄り添い身を任す」ような、「母の膝に抱かれる」ような語感になります。

     

     

    上の写真の左下にチラッと見えてる川が長堂川。高津嘉山から長堂川に向かう緩やかな傾斜に形成された集落は陽当たりが良く、暖かいマハエ(南西からの夏の季節風)を広い間口から屋内に取り込むことができます。

     

    そして、かつての長堂川には船着場があり、農作物を国場の集荷場に運んだり、漫湖を経て、直接、那覇の市場へ運ぶことができたようです。

     

    関連する投稿はこちら。

    漫湖の水上交通(1) 

    漫湖の水上交通(2) 

     

    津嘉山集落が好立地にあり、古くから栄えた理由が分かります。

     

     

    さて、集落の最も高い場所、つまりクサティムイに隣接した場所にはノロの住まいがあります。

     

    津嘉山集落の場合は、現在のつかざんトンネルのすぐ横に、ノロの屋敷跡が残っています。写真の右奥にはフール(豚小屋兼便所)が、左奥にはヒンプンが現存しています。

     

     

    入口のヒンプン。石が横積みしてある一般的なヒンプンと違って、大きな石が縦に並べられています。何か深い意味があるのか、「他のヒンプンとはちゃうねんぞ」というノロの意思表示か、そこは不明です。

     

     

    先日見たばかりの末吉ノロの屋敷跡とほぼ同格。立派な屋敷だったようです。

     

     

    こちらの写真は、ノロの屋敷跡のすぐ近くに住んでいた玉那覇ノロ。

     

     

    ノロに向かって失礼ですが、可愛いくて上品なお婆さん。

     

    関連する投稿はこちらです。

    南風原町「あの日あの時」

    写真集「南風原」

     

     

    かつて、高津嘉山から長堂川に向かって、津嘉山村、玉那覇村、仲間村と三つの村があり、合併して津嘉山村が残りました。玉那覇ノロは玉那覇村のノロです。

     

    合併した後も、それぞれの村の御嶽は現存してますが、ノロはどうなるんでしょうね。

     

    ノロの屋敷跡近くに、津嘉山、玉那覇、仲間の「殿(トゥン)」が、それぞれの村に向かって三つ並んでました。「殿」はノロが管理する祭祀の場。村の合併後に集められたのではないかと思います。

     

     

    最後にオマケです。ノロの屋敷跡の石垣に人面石(笑)。丸い部分が鼻で、その下に口。

     

     

    地元の人達は「石敢当と同じ役割と思われる」などと難しいことを言うてますが、私はそこらのニィニィがワルサをしたとニラんでます(笑)


    コメント
    電話番号とか、車のナンバーなどに言葉を当てるのが好きでして。
    7859はナハイク(那覇行く)。
    1122はイイニーニー。
    5374はゴサンナシ。
    8739はハナサク。
    この前いいの見つけました。
    9361、クサ(てい)ムイ。
    • すばる
    • 2018/11/26 10:57 PM
    いいですねぇ。随分前に買った車のナンバーが8639で、ハローサンキュー(笑)。これを気に入って、当時の暗証番号に使ってました。
    • coralway
    • 2018/11/27 5:18 AM
    クサティ、初めて知りました。首里・那覇方言音声データベースで調べると、色々な意味があって面白い^^
    好きなのは、ハーヤ カメーティ クサティ シェーカラー ナー トゥスイヌ ハジマイ ヤサ(柱を探して腰当にするなら、もう年寄りのはじまりだ。)

    しかしCさん、どうやってクサティムイとかクサティとか知ることになるんですか? 古典芸能に出てくる?
    津嘉山の歴史書?


    一つわかることは、Cさんが玉那覇ノロさん(またはその写真)を気に入っていること。確かにその表情を見ると、クサティムイを感じます「信頼し寄り添い身を任す」「母の膝に抱かれる」^^
    ウタケー ムラヌ クサティ ナトーサ(うたきは村のクサティになっている)
    • うちなーんちゅ
    • 2018/11/27 5:42 PM
    クサティムイは集落の風水を解説する文章に、必ず出てきます。

    私は初めて訪ねる集落で、宗家、ノロ殿内、殿、御嶽、村井戸、獅子などのパーツがどこに位置しているか、予想しながら歩きます。

    この練習を続けると、予想が的中する確率が増えてくるので、それが嬉しくて嬉しくて(笑)
    • coralway
    • 2018/11/27 5:52 PM
    集落の風水を解説する文章! うーーーん、そんな文章、お目にかかったことないぞ^^;

    宗家、ノロ殿内、殿、御嶽、村井戸、獅子、、うーん、ウチナーンチュでこれ全部理解できてる人、います?


    でもなんか感動です、、ウチナーを深く知ることに楽しみを感じて下さることに^^
    • うちなーんちゅ
    • 2018/11/27 6:20 PM
    ヘタな観光地に行くより、都市化されていない集落を歩くほうが、ずっと楽しいと思います。近所では上間がいいですよ、上間(笑)

    http://coralway.jugem.jp/?eid=3153
    • coralway
    • 2018/11/27 6:46 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM