<< ちゅうぼうさんありがとう | main | 今朝の農連プラザと神の子"KID" >>

セブンイレブンの沖縄進出

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    早ければ来年の夏に、沖縄でセブンイレブンが開業するようです。

     

     

    既に、浦添市港川(西海岸道路近く)で食品加工工場の建設が始まっていて、うるま市塩屋(製糖工場近く)でスイーツ工場の敷地を取得済とのこと。

     

     

    沖縄に進出済のファミリーマートはりうぼうと、ローソンはサンエーと仲が良いので、セブンイレブンはかねひでと組むようです。かねひではセブンイレブン100店舗の運用を決めており、スーパーかねひでの大型化(集約化)により生まれた小規模店舗の跡地に開店する方針とのこと。

     

    一年前の数字ですが、県内コンビニの店舗数はファミリーマートが321店舗で、ローソンが218店舗。セブンイレブンは開業後の5年で250店舗を予定しているそうです。

     

    道路を挟んでファミリーマートとローソンが睨み合うことは今もありますが、今後は十字路に3店舗みたいなことになりそうです。

     

     

    これだけコンビニが多い沖縄に、さらにコンビニを増やして大丈夫なのかと思いますよね。これは私の生活圏での印象に過ぎませんが、3社が競い合う展開になるまで、各社の店舗は増え続ける気がします。

     

    ウチナーンチュはコンビニが好きなんですよ。好きと言うより、生活スタイルに合っているのかもしれません。潰れた弁当屋なら知ってますが、潰れたコンビニは見かけません。

     

     

    私はまったくコンビニを使うことが無く、使うとすれば電気代の支払いか、ATMくらいです。だって商品の値段が高いじゃないですか。

     

    飲み物なんかは、スーパーより2、3割は高いでしょ。以前はコンビニで缶コーヒーを買うことがありましたが、今はスーパーで買った紙パック(1ℓ)のコーヒーを水筒に入れてます。

     

     

    そこで疑問に思うのは、ウチナーンチュがわざわざ値段の高いコンビニを使う理由です。県民所得が少ないのに。

     

    私がよく通る与儀の市道では、ローソンとファミリーマートが向かい合っていますが、そのちょと先に行けば、サンエーとかねひでが向かい合っていて、その先にはりうぼうもあります。コンビニに入る理由が無いのよね。

     

     

    もっとも、値段が高いからコンビニは使わないという私の理屈は、「それなら、スーパーで高い惣菜を買わずに自分で作りなさい」と言われてしまうと、返す言葉がありません。

     

    だからね。さきほど「コンビニはウチナーンチュの生活スタイルに合う」と言いましたが、コンビニが楽しいってこともあるんだと思います。自分が欲しいもの(だけ)が揃っていて便利だし、20円、30円の価格差は問題にならないってこと。

     

    特にセブンイレブンはプライベートブランドが充実してるので、今からワクワクしてるウチナーンチュも多いはず。


     


    だから、3社で1,000店舗あたりまでは、各社順調に店舗数を増やすのではないかと。そこから先は、やはりセブンイレブンがジリジリ伸びるんでしょうかね。

     

    なお、現在のところ離島に進出してるのはファミリーマートだけで、ローソンは本島にしかありません。

     

    ファミリーマートやローソンは「セブンイレブンが沖縄でそこそこ店舗を増やしたら、台湾とか、香港とか、あっちのほうへ行ってくれないかな」と思ってるかもしれません。


    コメント
    私が、便利屋(中国語)に入る理由は、うちなんちゆーだからだと思います。
    沖縄の人は、歩かない、近くに高い店があって遠くに安い店があっても、沖縄の人は、100m以上は、タクシーです。近い所に入る、便利屋の立地戦略に負けているのではないか。ナ
    • NAO
    • 2018/12/03 7:09 AM
    東京で単身赴任中の私がまさにそれでした。マンションの真ん前がコンビニでしたから、私の夕食はそこの弁当か外食。本当に役に立ちました。

    一旦、飽和状態になったかと思えたコンビニ業界が再加速できたのは、プライベートブランドを中心にした品揃えにあるようです。若い人達を中心に、そこにしか無い商品を求めて、わざわざコンビニに向かう時代になってるのかもしれません。
    • coralway
    • 2018/12/03 8:02 AM
    私が、7−11に初めて入ったのは、30年以上前です。台湾の国中に展開していました。
    コピー便利家も沢山ありました。
    沖縄には、コンビニが1件も無い時代です。

    びっくりした事
    1.明朗会計
     ・値段が打たれている。
     ・お釣りが戻って来る。
     
    2.製品の大きさが適当な大きさ。
      小さいサイズがあるので1夜のつまみに適当

    お釣りが戻って来るなんてあたり前でしょうと言われそうですが、0.01円程度の価値のお釣りが戻って来ても困りますが、海外では感激しました。
    値段が印刷されているので言葉がわからなくても買い物は簡単です。
    農連市場で買い物する様な会話が無くてもとにかく目的の品物は、買えました。



    • NAO
    • 2018/12/04 7:30 PM
    NAOさんが台湾で使われていたコンビニは、ファミリーマートではないでしょうか?

    全家(family)便利商店(mart)
    • coralway
    • 2018/12/04 8:41 PM
    ファミリーマートのずっと昔の話しです。
    ビザが必要で空港で税関にチップを渡していた時代の話しです。
    海外でお釣りをもらった事に感激しました。??
    • NAO
    • 2018/12/05 7:45 AM
    あっ、そうなんですね。私は台湾進出はファミマが先かと思ってました(^^)
    • coralway
    • 2018/12/05 8:12 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM