<< 腹立たしい話 | main | 「辺野古移設に反対するなら、那覇軍港の浦添移設にも反対しろよ」の愚 >>

宮古島の妖怪「片足ピンザ」

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    糸満市の南部畜産市場では、月に1度、山羊のセリが行われています。

     

     

    キロ単価が1,300円くらいだそうで、体重60キロの成獣なら一頭7万8千円てこと。

     

     

    山羊の肉には滋養がありすぎて、高血圧症の心配があるとされていましたが、最近の研究で「そんなことはない」ことが分かり、人気再上昇中。私の身近にもヒージャージョーグや隠れジョーグが沢山いますから、沖縄の山羊肉需要はまだまだ衰えることはないでしょう。

     

    私も山羊の刺身は好物で、臭いも気になりません。「山羊肉は嫌い」と言う観光客の皆さんは、店選びを間違えた可能性があります。ウチナーンチュから評判を聞いて、正しい店でリトライしていただきたい。それほど、山羊肉の味は店によります。

     

     

    さて、沖縄本島で山羊はヒージャー。宮古ではピンザです。与那国ではピンダ。

     

    宮古島では山羊の妖怪が出没するそうで、その名は「片足ピンザ」。宮古島某所に実在するガングリユマタ(ガングリ十字路)に片足のピンザが現れ、そいつに頭上をピョ〜ンと飛越えられた人は死んでしまうとのこと。

     

    宮古の人達は、このようなTシャツを着て、注意喚起しているようです(笑)

     

     

    片足ピンザは、主として子供の躾に使われてるようですから、何故片足なのかとか、何故飛越されたら死んでしまうのかなどは、大した問題では無いようです。

     

    そして、そもそも山羊が妖怪と化した理由は、普段から山羊肉を美味しくいただいてる後ろめたさと言うか、「さぞ恨んでるだろうなぁ」とする心理が影響してるのではないかと(笑)

     

     

    「かたあしピンザ」を「かたぱずピンザ」と発音すれば、宮古度がグッとアップします。ただし、宮古の人に聞かせると「ぱもずも微妙に違う」と言われ、真似のできない発音を聞かされることになるでしょう(笑)


    コメント
    えーーと、山羊と言えば我家では、母(生粋の首里ん人で幼少時から山羊ジョーグー)、父(那覇ん人だけど糸満や久米村辺りを移り住んだ人、山羊の匂いが嫌!)、この二人が結婚する時の 父の条件が!!!

    家で山羊をさばかない、食べない! だけ    マジか?



    まーーネタになりますねーー^^


    あと、私の知り合いもみな、ヒージャージョーグー(山羊好き)はみんな高血圧になるよ、、、って言ってます、かなり沖縄では浸透してる話です、、^^;



    あっ、ピンザの話はCさんが詳しいようなので、あんしぇーー。ヒサビサトウコウシタゾット^^
    • うちなーんちゅ
    • 2019/01/06 9:36 PM
    高血圧の原因は山羊肉ではなく、塩によるものだそうです。

    https://www.google.co.jp/amp/s/naika.ti-da.net/a6675276.html

    それでも塩を使いたい場合は、よもぎでリスクが軽減されるそうで、よもぎは臭い消しだけじゃなかったみたいです(^^)
    • coralway
    • 2019/01/06 9:54 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM