<< 中城御殿跡の発掘調査(1) 琉球古地図 | main | 普天間飛行場の滑走路を車で走ってしまった(^^) >>

中城御殿跡の発掘調査(2) 発掘現場

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    一つ前に投稿した琉球古地図。黄色の破線がかつての道路で、青く塗られた部分が発掘調査の区画です。

     

     

    地図では狭く見えますが、現場に来てみればこの広さ。中城御殿は大御殿だったんですねぇ。

     

     

    この場所にあった中城御殿が龍潭の向かいに移ったのは1875年のことでした。琉球藩設置が1872年、廃藩置県が1879年。

     

    ヤマトの松田処分官か誰かが、尚泰王にこんなことを言ったんでしょう。たぶん。

     

    「中城御殿の敷地は広いから学校かナニかにしましょうね。近々、首里城は明け渡してもらいますので、御殿を龍潭の向かいに移してから、貴方達はそこに住みなさいね。少し狭くなるけろ」

     

    首里城明け渡しの日。首里城継世門を出た尚泰王の一行は、龍潭向かいの中城御殿に向かったことになりますね。

     

     

    さて、いよいよ発掘現場に入ろうとしたら、この日はたまたま現地説明会の日。昼休みに急いで来た私は説明会に参加する時間がありません。「じゃあ、写真を2、3枚撮りましょうね」と言ったら、埋蔵センターの職員が「それは駄目です」と。

     

    「ヤッター(おまえ達)のヤー(家)なんかいっ!!」と言いたい。

     

    へそまがりさん。写真を使わせていただきます。え〜っと、職員が立っている平面が、黄色の破線で示されていた道路です。

     

     

    終わり(笑)

     

    別に怒ってるわけではありません。今回の発掘は道路の場所を特定して、御殿全体の位置関係を把握することが目的。中城御殿の全貌が明らかになるのは次回以降です。

     

    だから、怒ってるわけではありません。

     

     

    せっかく来たので、首里高校の話題を一つだけ。

     

    1958年。米軍統治下の沖縄から、首里高校が戦後初めての夏の甲子園出場を果たしました。残念ながら初戦で負けてしまいましたが、甲子園の土はちゃんと袋に詰めました。

     

    ところが、那覇港の検疫で止められてしまい、球児達は泣く泣く甲子園の土を海に撒くことに。

     

     

    そのニュースを聞いたのが、日本航空のスチュワーデスの皆さんでした。私達に何かできることはないかと考えた末、甲子園球場近くの浜で小石を拾い、首里高校へ届けることにしました。

     

    小石が届けられた首里高校では、球児はもちろん、校長から教頭から、皆さんがカチャーシー(笑)。嬉しかったと思います。

     

    その小石が今ここに(^^)

     

     

     

    それから52年。2010年に興南高校が沖縄県勢初の全国制覇を成し遂げ、那覇空港は球児達を迎える人々で溢れました。

     

    球児達が搭乗した便の機長が「今、真紅の優勝旗が、初めて太平洋を渡っています」とアナウンスした話が知られていますね。

     

    (終わり)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM