<< 南風原町兼城の散歩 | main | ヤンバルの小学校はどうなっているのか(1) >>

高津嘉山に初登頂(^^)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    一つ前に投稿した散歩の後、同じ南風原町内の高津嘉山に向かいました。高津嘉山は山の名前です。

     

    これまで「いつかは登ろう」と考えてはいたものの、「また今度にするか」と考え直すことを、延々と繰り返してきました。今や、それが頭にあること自体が面倒になってきたので、この日で決着をつけようと。

     

    なにしろ、南風原町民のワタリグチでさえ「はぁ?。何でまたそんな所に登るんスかぁ?」と言いかねない所。静かに目立たないように登りました。

     

     

    さて、高津嘉山と言えば「飛び安里」。The first flight in the worldを成し遂げた南風原町の有名人です。山の南側登り口に「飛び安里初飛翔の記念碑」まで240mと案内がありました。

     

     

     

    飛び安里がどのようにして飛んだかについては諸説があります。

     

    (1)鳥のようにして飛んだ

     

     

    (2)ハンググライダーのようにして飛んだ

     

     

    (3)凧に乗って飛んだ

     

    凧ヒモは飛び安里の奥さんが掴んだ

     

    (4)鳥に乗って飛んだ

     

     

    この中から、南風原町教育委員会は(2)を有力と見做し、沖縄工業高校に機体の製作を依頼したんです。高校生が製作した機体は見事に空を飛び「おぉ。やはり、飛び安里は空を飛んだのだ」ということになってます(^^)

     

    こちらはその機体の1/2サイズレプリカ。南風原町役場に展示されています。

     

     

     

    では、先に進みましょう。

     

     

    階段を登ること231段。飛び安里の記念碑に到着しました。

     

     

    安里のAと力強く広げた両翼。飛び安里にふさわしい記念碑と言えましょう。糸数グスク方面の視界が開けているので、そちらへフライトしたのかもしれません。

     

     

    記念碑のそばに大きな岩がありまして、横に案内がありました。「飛び安里はこの岩から飛んだと伝えられている」などと書かれてるんじゃないかと身構えましたが、記念碑の案内だったので安心して下さい(^^)

     

     

    山頂はこのすぐ先ですが、特に眺めが良いわけではなく、(海の無い南風原町から)海が見えるわけでもなく、特に申し上げることはございません。

     

     

    ところで先ほど、鳥に乗って飛んでいた飛び安里は、コザ十字路のコザ十字路絵巻に描かれたもの。コザがこんなことを言ってるんです。

     

    「飛び安里はコザ(越来)の人。泡瀬の崖地や高津嘉山から飛んだかもしれないが、彼がコザンチュであることは疑いようも無い」

     

    飛び安里の出自をめぐり、コザと南風原町が対立するかと思われましたが、今のところ、大きな問題にはなっていません。

     

     

    以降は私の見立てです。

     

    南風原町の飛び安里に対する思い入れは並大抵ではありません。機体製作をはじめとし、グッズを販売したり、企画展を開催したり、南風原町の学習指導要領には「飛び安里を教えなさい」と書いてあります。だから、南風原町民の9割は飛び安里を知ってます。

     

    一方、飛び安里を知ってるコザンチュは半数にも満たないでしょう。

     

    つまり、コザは余裕なんですよ。越来の大城賢勇・百十踏揚ご夫妻をはじめ、コザには有名人がいくらでもいますからね。一方の南風原町は飛び安里をコザに奪われてしまうと、残る有名人はウルトラマンだけ。もう、後には引けないんです。

     

    そして南風原町は町のホームページに「飛び安里の子孫はコザへ移住し、その後、ハワイに移住した」と記載する念の入れよう(^^)。コザは「そこまで言うんなら、それはそれでいいんちゃう?」という姿勢です。

     

    南風原町の有名人は二人とも空を飛ぶので、これからは飛ばない人も有名になっていただきたい(笑)

     

     

    さて、高津嘉山一帯は公園化事業が進行中。予算が少ないので3年がかりだそうです。

     

     

    このあたりには総延長2kmにおよぶ日本軍の地下壕がありました。公園造成中に、その壕がパカっと口を開けたはずですが、そのまま埋めたのではないかと。

     

    こちらはつかざんトンネル横の、すでに造成が終わった公園。南風原町から委託を受けた作業員が除草中です(^^)

     


    コメント
    え〜〜っと、Google Mapで高津嘉山調べましたが、出てきません、、;;
    「飛び安里初飛翔の記念碑」でも出てきません、、、結局ググって、南風原町観光サイトにいくという、、、^^;


    でも出てきた「飛び安里初飛翔の記念碑」まで240mのポイント(掲示板)まで、、
    Google MAP上で、物差しで計ると、間違いなく240mでした^^

    おつかれっした^^  なんか楽しそーーー
    • うちなーんちゅ
    • 2019/03/19 10:44 PM
    うちなーんちゅさん

    Google mapに高津嘉山ありましたよ。おかしいな(^^)。

    てことは、飛び安里もご存知ない。

    困りますねぇ。ライト兄弟より100年も前に空を飛んだウチナーンチュなのに(笑)

    それはそうと、津嘉山パイパスの開通後、高津嘉山周辺は都会になってます。何も無かった野原がマンションだらけになり、マックにスタバに大戸屋、ユニオンまで。

    あっ、そう言えば、ウルトラマンの実家も津嘉山だった。津嘉山、凄いな(笑)
    • coralway
    • 2019/03/19 11:35 PM
    高津嘉山、Google Mapで確認してみました。

    高津嘉山
    〒901-1117 沖縄県島尻郡南風原町津嘉山
    https://goo.gl/maps/TPy316gRCe62

    アクセス良さそうですね!
    • ドル
    • 2019/03/20 7:07 AM
    ドルさん

    地図にある幹線道路が津嘉山バイパスです。高津嘉山に2本のトンネルを掘って開通しました。野原だった所に街ができています。
    • coralway
    • 2019/03/20 7:18 AM
    おはようございます。
    覚えているよりこんなに街中だったっけと思ったらなるほどそういう時わけだったのですね!
    • ドル
    • 2019/03/20 8:51 AM
    高校の親友 へーばるんちゅ(南風原人)の家はウルかぜ苑のまん前で、15年ぐらい前もう一人の親友 うるくんちゅ(小禄人)と共にサプライズで行ったとき、すき焼きではなく、かなり歩かされて坂の上の「しぐれ」に行きました。まーー泡盛も料理もおいしくて、わたぬみー食べたの思い出しました。へーばるんちゅにさっき確認したので間違いありません。


    しぐれに行ってみてください、はずれなしです。Cさんのしりあいのへーばるんちゅに聞いてみてくださいな^^
    • うちなーんちゅ
    • 2019/03/20 9:06 AM
    うちなーんちゅさん

    南風+原人ね。それ、いただきました(笑)

    しぐれには、次回のワタリグチとの飲み会で行ってみます(^^)
    • coralway
    • 2019/03/20 11:56 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM