<< ヤンバルの小学校はどうなっているのか(1) | main | ヤンバルの小学校はどうなっているのか(3) >>

ヤンバルの小学校はどうなっているのか(2)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    北国小学校は国頭村の宜名真集落と辺戸集落の中間にあり、二つの集落を合わせた約200人(約100世帯)が校区の住民です。

     

    休校前の今年度。児童の内訳は2年生から6年生が各1名。集落内の教員住宅で生活する3名の教師が複式学級を担任していました。

     

     

    以前投稿した島の入学式

     

     

    この年の船浮小学校(西表島)の新入生は一人だけで。写真は父兄を代表して、お父さんの池田卓さんが祝辞を述べているところです。北国小学校でもこんな風景が毎年、繰り返されていたことになります。

     

     

    北国小学校の児童達は付近の森に出かけ、ヤンバルクイナの鳴き声に近い周波数の音を出し、それに反応した鳴き声を聞き分けることで、ヤンバルクイナの生息数調査を続けてきました。

     

    安須森(アシムイ)から日が昇り、東シナ海に日が沈む小学校。休校にするにはあまりにも惜しい立地です。

     

    更に、教師と児童は1対1か1対2。児童の理解度を正しく把握できるので、落ちこぼれようがありません。望んでも叶わないような教育環境じゃないですか。

     

     

    また、北国小学校では、このような「学校便り」を毎月欠かさず発行していました。

     

     

    小学校のPTAは児童5名の保護者と教師で構成されていますが、「学校便り」は宜名真、辺戸の全ての世帯に配布されていました。129年も続いた小学校ですから、両集落のほとんどの住民がここの卒業生。行事予定をメモし、新任教師の顔と名前を覚えました。つまり、全世帯がPTA。

     

    集落の人達は運動会などの学校行事に積極的に参加し、校長や教員は豊年祭などの集落行事に参加する。そこには小学校と集落全体で児童を見守る環境がありました。

     

     

    それがどうして20kmも先の小学校へ通うことになったのか。ここで投稿した内容を上回るメリットが無ければ、私は納得できません。

     

    もっとも、北国小学校の児童や父兄が、人数が多い学校へ移ることを歓迎しているのなら、話は別です。余計な投稿ですみませんってことになりますね(^^)

     

    (続く)


    コメント
    Cさんが以前こちらに紹介されていた
    宮城克年先生と安里で今一緒に居ます。
    Cさんが先生のこと書かれて居た事をお伝えしたら、良く覚えてるよとおっしゃってます。
    先程まで、琉球二胡と古典を演奏して居るのを聞かせてもらって感激したところです。
    • ひより
    • 2019/03/20 7:11 PM
    ひよりさん

    あらまあ、そうなんですか。克年さんによろしくお伝えください。

    今日は桜坂劇場で盆唄を観て、今、ウチに帰ったところです(^^)
    • coralway
    • 2019/03/20 7:17 PM
    わたしも今日見てました。
    よもぎ餅食べました。
    • ひより
    • 2019/03/20 7:29 PM
    えっ!!

    驚いたけど、挨拶のしようも無いか(^^)
    • coralway
    • 2019/03/20 7:31 PM
    盆唄はタオル用意したけど泣くことはなかったです。でも、福島のように震災や事故に合わなくても都会で暮らす事で失って来たものが多いことに気付いて悲しくなりました。
    もしかして、日程的にCさんも今日かなと思って
    客席見ましたが、わかるわけないですね。

    宮城先生には来沖のたびに三線のレッスンをお願いして居ます。
    突然の記事に関係ないコメントで失礼しました。
    明日からやんばるを攻めようと思っています。
    • ひより
    • 2019/03/20 11:09 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM