<< 農連市場跡の様子 | main | 今日の出来事 >>

糸満市米須まで配達してきた

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    小禄の某保育園の調理師Sさんは、この春、糸満市米須に開園する保育園へ料理長として着任することになり、先週、お別れの挨拶をしたところです。

     

    そのSさんが、今週になっても元の保育園にいたので、

     

    C「あら、何してんの?」

     

    S「今週、新しい園のお披露目会があるのね。その時に食事を出すことになって、その打ち合わせ」

     

    C「へぇ〜。さっそく新しい厨房が使えていいんじゃない?」

     

    って話になりました。

     

    ところが、新しい園と業者との契約が来月からのため、元の園で(私から)食材を仕入れ、それを米須へ運ぶ段取りのようです。

     

    C「じゃあ、俺が配達しましょうか?」

     

    S「えっ、本当?。やったぁ!!」

     

    C「目がそう言うてるやん(笑)」

     

    S「アハハ、気づいてくれた。ありがとう。じゃあ、やっぱり毎日来る?(笑)」

     

    C「だからぁ。8キロ先のお客さんをお断りして、16キロ先は配達しますってどうなん?って話に・・・」

     

    ということで、私は米須に向かうことになりました。

     

     

    住所は大渡(おおど)。国道から少し下がった所に真新しい園舎があり、そこから海に向かってなだらかな斜面が続いてました。

     

    沖縄の風景写真を撮る時のおすすめは、海に向かう下り斜面です。イメージとしてはこんな感じ。青い海が大きく高く見えますね。

     

     

    眺め良し、陽当たり良し、風通し良し。最高の立地です。

     

    そして、保育園の敷地がまあ広いこと。最初は平屋建てに見えた園舎は一部が2階建。土地が広いからこその設計で、那覇ではとうてい無理でしょう。そして広い園庭。ここに通う園児は幸せです。

     

    私がここまで配達するには、昼休みをあきらめるしかありません。(園児と同じ)昼食の提供を条件に配達しようかなとチラッと思いました。

     

    「その園舎を見せろ」になりますが、やはりお客さんではないので、残念ですが自重します。

     

     

    その代わりと言ってはナンですが、こちらは時間調整で寄り道した、糸満市大里の嘉手志川(カディシガー)

     

      

     

     

    これまで一度も枯れたことが無い、水量豊富な井戸です。

     

     

    以前、ここに来た時にはテナガエビがいました。

     

     

    この日は春休み中の子供達が、モリで川蟹を突いてました。「食べるんかい」と思ったら、その川蟹をエサにして鯉を釣るんだそうで。透明な水の中には確かに沢山の鯉が泳いでました。

     

     

    地元ではこの井戸を大川(ウフガー)と呼び、嘉手志川と名付けたのは昭和になってからのようです。

     

    沖縄で最も人気のある漢字は「嘉」でしょう。嘉例(カリー)の「嘉」。「かりゆし」も漢字で書けば嘉例吉です。沖縄で最も多い名字は比嘉さん。他にも名嘉さん、嘉数さん、嘉手苅さん、嘉陽さん。

     

    だから、この井戸に来れば嘉例が付くということ。あっ、来るだけじゃなくて拝まないと(^^)


    コメント
    本当に素晴らしい眺めですね。さとうきび畑のザワワ、ザワワを聞きながら坂道を降る。塩のにおいと目にも鮮やかな青い海。

    ツィッターの記事。
    うりずん、若夏と情緒溢れるネーミングをするウチナンチュ。
    かたや「脳みそせんべい」ですか…。
    言われてみれば確かに…(笑)。見たまんまを商品名にしちゃったんですねぇ。「いいはずよ&#12316;」とかののりで。
    Cさん納品お疲れ様でした。
    • イチ
    • 2019/03/27 7:02 PM
    イチさん

    沖縄に住みながら、こんなことを言うのもヘンだけど、海の見える景色には憧れます。

    脳みそせんべいは、塩味、エビ風味は見つかりましたが、お客さんは玄米が希望だそうで、もうあきらめました(笑)
    • coralway
    • 2019/03/27 7:16 PM
    コメ返しありがとうございました。
    沖縄時代、金城町の石畳を登った所にあるマンションに住んでいました。ベランダから那覇の街の向こうに東シナ海を眺めることができました。
    陽光にきらめく海。碧い海。飽きることなく眺めていました。Cさんと同じく、海の見える景色が大好きでした。
    • イチ
    • 2019/03/27 7:57 PM
    イチさん

    あのあたりは眺めがいいですよね。最近、寒川町の赤マルソウの工場跡(S字を上がった所)にもリッチなマンションが建ちました。
    • coralway
    • 2019/03/27 8:21 PM
    赤マルソウ…。懐かしか&#12316;。近くに琉球大学の女子寮がありました。用もないのによく通ったりしたのは内緒です(笑)
    • イチ
    • 2019/03/27 10:05 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM