<< 衆議院沖縄3区補選の結果 | main | 海軍壕公園展望台からの眺め >>

「人と動物の共生社会実現を目指す」の寝言は寝て言え

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    小池都知事が「犬猫の殺処分ゼロ」を達成したと発表しました。その上で「人と動物の共生社会実現を目指す」と(^^)

     

     

    何を言うてるんですかねぇ(^^)

     

     

    行政が引き取った犬猫のうち、性格や健康状態が良好で、里親が引き取っても大丈夫な個体がいますよね。運良く里親が見つかれば良いものの、見つからない場合は期限を切るなどして、それらの個体を殺処分してたんですよ。これまでは。

     

    それをやめましたってこと。

     

    「そんなの、あたりまえじゃないのっ!!」って、その通り。

     

     

    犬猫センターの収容能力を増やしたり、里親探しのために効果的な施策を実行したのかと言えばそうではなくて、大半の犬猫はボランティア団体が引き取って里親を探してるんです。

     

    「じゃあ、行政は何をしたの?」って、その通り。

     

     

    一方、性格や健康状態に問題のある犬猫はどうなってるのか。

     

    犬猫センターの職員が犬に噛みつかれながらも飼育を続けたとか、病気の猫が生涯を全うするまで看病したとかではなくて、それは殺処分を続けてるんです。

     

    「じゃあ、殺処分ゼロじゃないじゃん」って、その通り。

     

     

    行政が為すべきは、犬猫センター持ち込まれる犬猫をゼロにすることなんですよ。

     

    捨て犬や捨て猫を減らしたり、去勢を進めたり、ペットショップを指導したり、ブリーダーを育てたり、為すべきことが山のようにあるんです。

     

    そこに問題意識のある人達は、小池都知事の記者会見を聞き、怒りのあまりワナワナと身を震わせたことでしょう。

     

     

    さて、犬猫センターの所長達は、里親が見つからないことを理由に、犬猫を殺処分することができなくなりました。これからは目の前にいるヨボヨボのオジぃ犬を見つめて、ため息をつくことになりそうです。どうするんでしょうね。都知事が宣言したからには、忖度するんでしょうね。

     

     

    手漕ぎのボートで漫湖を横断したと子供が自慢するのは微笑ましくて結構ですが、大人が自慢すると笑われます。

     

    都知事は記者会見を開いてそれを自慢した上に、太平洋横断を目指すと言ったようなもの。

     

    寝言は寝て言えですよねぇ。

     

    「おやめなさい」と言える人が都庁にはいないんですかねぇ。でもまあ、沖縄県庁や那覇市役所にもいそうにないか。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM