<< 伊是名島の風景(2) 二見ヶ浦海岸 | main | 伊是名島の風景(4) 尚巴志と尚円 >>

伊是名島の風景(3) 伊是名玉陵

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    三角山の麓にある伊是名玉陵。

     

     

    尚円王の墓所は首里の玉陵ですので、ここに葬られているのは、尚円王の両親や親族です。

     

     

    伊是名村のホームページには1688年に尚真王が陵墓を築いたとありますが、勘違いをしてますね。

     

    尚真王(1465-1527)は尚円王(1415-1476)の長男ですから1688年に生きてるはずがありません。正しくは、尚真王が陵墓を築き、1688年に琉球王府が現在の石造に改築したということ。

     

     

    伊是名島には5つの集落があり、その一つが伊是名集落。伊是名集落の銘苅家は尚円王の親戚筋にあたる旧家で、銘苅家住宅は国の重要文化財に指定されています。

     

     

    銘苅家が代々取り仕切ってきた行事が、伊是名玉陵で毎年行われる「公事清明祭(クージヌシーミー)」。銘苅家から伊是名玉陵まで通じている石畳の参道はサムレー道と呼ばれ、現存しています。

     

     

    昨年、首里の玉陵で40年ぶりに公事清明祭が行われました。 

     

    その復活に貢献したのが「伊是名銘苅家文書」でした。それは琉球王府が銘苅家に渡した公事清明祭の実施マニュアル。銘苅家はその文書を代々引き継ぎ、毎年欠かさず公事清明祭を続けてきました。(→公事清明祭) 

     

    首里で一度は途絶えた行事が伊是名島で続いていて、その要領を首里に教えたなんて、いい話です。素晴らしい。

     

    (続く)


    コメント
    銘刈家住宅は保存状態も良く
    よく手入れもされていますね。
    よくぞここまで公事清明祭の
    マニュアルを受け継いで
    毎年祀りを行ってきた・・。
    地区の皆さまに感謝ですネ。
    • たかっち
    • 2019/05/02 2:58 PM
    たかっちさん

    中江裕司監督の映画「盆唄」を思い浮かびましたよ。

    福島の帰還困難地区(双葉町)の盆踊りがハワイで継承されていて、ハワイのメンバーが「仮に双葉町の盆唄が途絶えることになっても、いつの日か皆さんが双葉町に還った時、私達か私達の子孫が必ずお返しします」と言ってました。

    • coralway
    • 2019/05/03 7:03 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM