<< 伊是名島の風景(3) 伊是名玉陵 | main | 伊是名島の風景(5) 伊是名集落 >>

伊是名島の風景(4) 尚巴志と尚円

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    沖縄の歴史上の人物と言えば、まず、琉球王国第一王統の尚巴志(1372-1439)と第二王統の尚円(1415-1476)ではないでしょうか。


     

    尚巴志の家系をたどると、こんな並びになります。

     

    屋蔵大主→鮫川大主→尚思紹→尚巴志

     

    尚巴志の曾祖父(屋蔵大主)の出自は不明ながら、伊平屋と伊是名の領主であったことは確かなようです。

     

    伊平屋と伊是名は「伊平屋の七離れ」と呼ばれ、統治の対象としては一体でした。七離れは島の数で、主島は伊平屋島。

     

     

    こうして写真を見ると、沖縄本島を縮小したみたいですね。


     

    伊是名グスクの城主には、尚巴志の祖父(鮫川大主)が就きました。

     

    ところがある日、どういう訳か鮫川大主は島を出て佐敷に向かうんですよ。島添の大城按司の娘を妻とし、佐敷の按司となりました。そして尚思紹が生まれ、孫の尚巴志が琉球を統一したと(1429)。



    一方、尚円は伊是名島の農民の子。20歳の時に両親を亡くし、24歳で妻と5歳の弟(尚宣威)を連れて国頭に渡り、27歳で越来王子(尚泰久)の家臣となりました。

     

     

    尚泰久が即位した時、39歳の尚円は既に琉球王府の高官に就いており、尚泰久の死後に起こったクーデターにより、54歳の尚円は国王となりました。

     


    その後、伊是名玉陵が築かれ、尚円の両親が葬られたと。


     

    つまりですね。この三角山の中腹にあった伊是名グスクの城主は尚巴志の祖父で、その真下の伊是名玉陵には尚円の両親が葬られているんですよ。

     

    以上を、「琉球王朝の第一王統も第二王統も、始祖は伊是名島にゆかりの人物だ。やっぱり伊是名島は凄い。さすがは神々の島」とまとめてしまうと、話が落ち着きます。

     

     

    落ち着きますが、考えてみれば、グスクは島を抜けた人の抜け殻みたいなもので、陵墓に葬られているのは伊是名の農民です。何かがおかしい気がしてきます。


    ある時に伊是名島の農民がこんな話をしたんじゃないかと(^^)


    A「ま〜えに、グスクを出て本島に渡った人がいたさ」


    B「ああ、鮫川さんな」


    A「佐敷で暮らしてたそうだけど、あれの孫が琉球の王様になったってよ」


    B「えっ、マジか」


    A「そしてから。この前、島からいなくなった夫婦がいたさ」

     

    B「ああ、金丸な」

     

    A「あれは王府の役人になってから。鮫川の一族を追い出して、自分が王様になったってよ」

     

    B「はぁ?。金丸って島を出た時には女房もいただろ。それから王様になったのか?」

     

    A「それでよ、近々、王府が三角山に立派なお墓を作るって」

     

    B「えっ?、誰の」


    A「金丸のオトーとオカーさ」


    B「まっ、マジかっ!!。いったいどうなってるばぁ?」


    A「さぁ、わからんな」



    ヤンバルや本部から海を眺めると、水平線のあたりに、「伊平屋の七離れ」がボーっと浮かんでいます。その風景から私が受ける印象は「異境」。迂闊には近づけない雰囲気があるし、神々の島と呼ばれれば、確かそうかなと思えます。 

     

    この距離感に、様々な伝説を生む素養があるわけですよ。例えば「金丸が伊是名島で生まれたって本当か?」とかですね。

     

    第一尚氏と血の繋がりを持たない金丸が、即位し、尚円を名乗るには、その正当性を示すためにいくつかの伝説が必要だったと思います。そのために、沖縄本島と伊是名島との距離感を利用したと考えれば、そうかなとも思えます。

     

    適度な距離があって、こちらも向こうもお互いがよくわからない。この位置関係が伝説を生むと言うか、生まれやすいと言うか。

     

    ゴニョゴニョゴニョ(笑)

     

    (続く)


    コメント
    伊是名王稜・・・階段が昔風で登りに
    くかった記憶があります(^^)
    伊是名と伊平屋の距離感が微妙で
    そこに大王伝説を作る余地があった・・?!
    いまでも、伊平屋から伊是名(その逆も)
    に渡るにはレンタカーをノホ港へ乗り捨てて
    (乗り捨て契約)渡し船(前田?)にのり
    、相乗りで一人五千円くらい?、伊是名の
    レンタカーやら民宿のおやじに迎えにき
    きてもら必要があります。
    あぁ、めんどくさ・・・(~~)
    • たかっち
    • 2019/05/02 11:10 AM
    たかっちさん

    島尻安伊子さんが大臣の時に伊平屋、伊是名を訪問して、「私が架ける」とか言うてましたね。

    伊平屋島の米崎から具志川島で中継して2本の橋を架ける計画のようです。

    長いほうの橋が浜比嘉大橋くらいのサイズなので、その気になれば架かるんでしょうが、「架けてどうする」を上手く説明する必要がありそうです。
    • coralway
    • 2019/05/02 11:39 AM
    島間の距離もさることながら、伊平屋・伊是名と本島の間には、
    恐ろしい「イヒャドゥ」と言う黒潮の激流の河が流れていて、当時、手漕ぎ船で、
    果たして渡られたどうか?と思います。

    (50年前は那覇から伊平屋へ、木造船に揺られ初離島訪問。30年前、本部から伊是名へ。
    いずれも海の難所イヒャドウ越えには、死ぬ思いをしました)

     だから、伝説を生むのには、絶好の環境の地なのか・・と。

    Cさん
    連休で、この投稿は島で書いているんですか?
    • へそまがり
    • 2019/05/02 5:30 PM
    へそまがりさん

    イヒャドゥは伊平屋渡なんですね。なるほどなぁ。

    島でブログを書くなんて優雅な休日は無いので(泣)一泊二日で行ってきたのを、小出しに投稿しています(^^)。あと2本(笑)
    • coralway
    • 2019/05/02 5:42 PM
    ご無沙汰しております。いつも投稿は楽しく拝見しています。
    自分の読んだ本では、金丸の方が伊是名島出身という確かな証拠があるとのことで、第一尚氏の子孫が便乗して自らのルーツを伊平屋島にしたというものがありました。
    確かに尚巴志も思紹も佐敷の人ですし、北部の離島から南部の佐敷に流れ着いたというのは、話が急な感じはしています。うろ覚えの知識ですみません。
    • ahaha
    • 2019/05/03 12:03 AM
    ahahaさん

    イヒャドゥの向こう側の話ですから、そうかもしれないし、そうでないかもしれない(笑)
    • coralway
    • 2019/05/03 7:35 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM