<< 伊平屋渡立つ波押し添へて(1)上り口説 | main | 誰でもできることを、誰よりも続ける >>

伊平屋渡立つ波押し添へて(2)島チャビ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    大阪から那覇へ向かう機内から撮った写真です。手前に野甫島(伊平屋村)、その奥に具志川島(伊是名村)、右手に伊是名島。

     

     

    ここに橋を架ける構想があります。野甫大橋を渡る手前の伊平屋島の米崎(写真左端)から具志川島へ一本(750m)、そこから伊是名島へもう一本(1,450m)。長いほうが浜比嘉大橋とほぼ同じサイズになります。

     

    「離島と離島に橋を架けてどうするんだ」との意見も当然あるでしょうが、私は賛成。橋を架けないことには、何も始まりそうにありません。

     

     

    もちろん、伊平屋村や伊是名村が産業振興に成功して税収を増やし、独自に島の生活環境を改善できるなら、それに越したことはありません。しかし、財政健全化団体からようやく脱出したばかりの離島の自治体に、それを求めるのはコクではないかと。

     

    例えば、伊是名村ではエビの養殖場や黒毛和牛の牧場を誘致する計画がありましたが、いずれも環境破壊につながることから頓挫しています。

     

    つまり、両村に対する公共投資を効率良く行うことが必要ってこと。今はフェリー航路(港)も役場も診療所も、すべてが二重投資になってますからね。

     

    伊平屋村と伊是名村の人口は、各々1,500人ほど。二つの島に橋が架かって陸続きになれば、3,000人の島が誕生します。その人口に見合う公共投資が可能になり、二重投資も防げます。例えば、フェリー航路は一本で済み、役場は統合でき、診療所の規模を大きくできます。

     

     

    以前、伊平屋村と伊是名村が合併協議を始めたことがありましたが、伊是名村の住民投票で反対多数となり、話が進みませんでした。

     

    島が離れたまま合併しても効果が少ないんですよ。琉球王朝の時代から、二つの島は一つの行政区でした。それは昭和になるまで続き、村役場は伊是名島にありました。しかし、それでは行政効率が悪く、昭和14年に伊是名村が分離独立した経緯があります。

     

    まずは橋を架けて、次に村の合併。さらに、空港や高校(通信制含む)の開設など、島チャビ解消に向けた公共投資を進めるべきでしょう。

     

     

    伊是名島には小さな飛行場がありますが、空港の要件を満たさない場外飛行場。現状では定期便は就航できません。

     

    そこで、伊平屋、伊是名両村は、野甫島に空港を建設する計画を進めています。(写真は完成予想図)

     

     

    琉球エアコミューターの定期便が就航している多良間村の人口が1,200人、与那国町が1,700人、南北大東村が計1,800人。もちろん、それらの島とは離島の度合いは異なりますが、橋が架かれば、二つの島は観光客を共有できるので、空港の収支は改善するでしょう。

     

    現在のところ沖縄県は、架橋よりも空港を先行させるつもりのようです。橋を架けるには時間がかかるし、急患の搬送などでやはり空港は必要ですからね。しかし、両村で飛行場の機能がダブることにはなります。

     

     

    日本国民は、都会に住もうが離島に住もうが、健康で文化的な生活を営む権利を有します。島チャビは憲法に反するんですよ。沖縄県は都市部の開発はいい加減にしておいて、もっと離島に投資して下さい。

     

    「十五の春」で島を出る子供達を見れば「たいへんだろうけど頑張れよ」と思いますが、島で生まれたからと言って、我慢を強いられる理由はないんです。

     

    NTT の遠隔授業ソリューションはどうなっとるのかな。辺土名高校と島を結べないのかな。

     

    春にゴンドラ 

     

    映画「旅立ちの島唄〜十五の春〜」

     

    (終わり)


    コメント
    私も架橋に大賛成。両島を橋で結べは
    1+1は2以上の効果がありますもんね。
    技術的にも問題ないのでしょう?
    島の高校へ通い18歳まですごせば
    そのご一時的に島をでても
    また島へ戻ってくる生徒さんも増えるの
    じゃないかと思います。
    • たかっち
    • 2019/05/06 10:32 AM
    たかっちさん

    おぉ、さすが。
    現地を見てる人は反応が早い(^o^)/
    • coralway
    • 2019/05/06 10:48 AM
    Cさん、写真で見る限りでは
    具志川島の周辺の海域は
    浅瀬みたいな感じがしませんか?
    橋も掛けやすそう?
    • たかっち
    • 2019/05/06 3:19 PM
    たかっちさん

    架橋ルートの全長は4,500mで、具志川島は両側のリーフを含めて1,050mを道路にできるそうです。かなり稼げますね。

    もし具志川島が無かったら明石海峡大橋が必要になるので、架橋は不可能だったでしょう。ありがたや、ありがたや(^^)

    水深は具志川島の伊平屋側が10m、伊是名側が20mだそうです。
    • coralway
    • 2019/05/06 3:47 PM
    鹿児島県の離島、下甑島と中甑島が2020
    年度橋でつながり、上、中、下の甑島が
    橋で繋がり悲願の甑は一つが実現するようです。あやかりたいものですね
    • たかっち
    • 2019/05/06 9:09 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM