<< 沖縄の湧き水は飲めるのか? | main | 喜舎場、仲順の湧き水(1) 喜舎場集落 >>

JTA機内誌「Coralway」の視点

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    先週木曜日に沖縄は梅雨入り。その日を狙ったかのように来沖したひよこさんが、いつものように「Coralway」を持って来てくれました。

     

     

    南西航空時代からの機内誌で創刊は1985年。30年以上に渡って、沖縄ファンに愛され続けています。

     

    観光・出張時代の私は、この機内誌を戴くべくJTAに乗り、タイミングが合わなければ通販で買いました。そのうちに、過去に遡って買い始め、在庫切れの号は古本で補うなどして、創刊以来の全号を揃えようとしましたが、残り数冊が入手できずに断念。表紙の写真を全号揃えることで我慢したのでした(笑)

     

     

    隔月の発行で、1・2月号から順に若水(ワカミジ)号、清明(シーミー)号、若夏(ワカナチ)号、真南風(マハエ)号、風車(カジマヤー)号、新北風(ミーニシ)号。

     

    沖縄初心者には意味がよく分からず、通い慣れてくると、つい「ワカナチ」、「マハエ」と声に出してみたくなる。沖縄へ向かう常連観光客をターゲットとする編集姿勢が伺えます。

     

    観光ガイドよりもグッと深く掘り下げた記事の視点はナイチ風。間違っていたらごめんなさいだけど、編集者はナイチの方ではないかと。だから、ウチナーンチュはあまり熱心に読まないかもしれません。

     

     

    その大切な本を、一軒目の炭火焼き屋(栄町市場「にはち」)に置き忘れ、二軒目の民謡酒場(竜宮通り「群星」)でひよこさんに言われて気づくという(^^)。ひよこさん、すみませんでした。翌日、無事回収しました。

     

    こちらは群星(ムリブシ)で唄の時間。谷茶前節(一二揚)から三村踊り節(本調子)。

     

     

    左手の姐さんが琉球王朝をガバガバとストレートで飲ますので、この頃から、私の記憶は徐々に失われていくのでした。

     

     

    梅雨入り以降、「雨が降った翌朝は晴れ」が繰り返され、沖縄では「えー、もう梅雨は明けたかね」のジョークが流行っています(^^)

     


    コメント
    えっ、Cさんの名前はこの雑誌
    からとったの?
    • たかっち
    • 2019/05/19 2:23 PM
    たかっちさん

    そうてす(^-^)/
    • coralway
    • 2019/05/19 3:16 PM
    機内誌Coralway 初めて知りました。
    これは〜 かなりなものですネ〜
    バックナンバー検索したら表紙写真と見出しで悩殺されてしまいます。
    在庫切れ 古本出品なしのものも多く
    もどかしいです。
    うるま 沖縄スタイル カラカラ
    発売日を心待ちにしていた頃がありました
    多分 ANAの機内誌だったと思うんですが(翼の王国?)那覇へ向かう機内で読んだ記事で 
    公設市場内のレモンジュースの店が紹介されてたのを観てレモンジュース飲みに行ったなぁ〜
    沖縄へ向かう時の機内誌の沖縄の記事を読んでる時の気の高ぶり方は独特な至福感があります♪
    • ひらひら
    • 2019/05/19 8:21 PM
    ひらひらさん

    そうそう。沖縄便に搭乗してる人達のココロを揺さぶるのが上手いのよ。知り尽くしてると言うかか。

    バックナンバーがあれば喜んで差し上げたいところ、引っ越しの時に古本屋へ売ってしまいました(^^)

    ところで、Coralwayを知らなかったなんて幾重にも不思議なんだけど。相棒のAがモノレールに乗ったことが無く、首里城に行ったことも無いと聞いた時以上に驚いた(笑)
    • coralway
    • 2019/05/19 9:23 PM
    高校の同級生が、「南西航空」のグランドスタッフ(空港の受付係)してて、4年に1回の同窓会で、昔もらった名刺だよって、渡したら、、、、あいーーーでーじ懐かしーーー「SWAL」時代の名刺、もう、デージ貴重だよって、、

    わかります?^^



    >左手の姐さんが琉球王朝をガバガバとストレートで飲ますので、 、、

    あっ、、「琉球王朝」も好きだし、たぶんこの姐さんも好きなタイプです^^;
    • うちなーんちゅ
    • 2019/08/30 4:27 PM
    うちなーんちゅさん

    coralwayを名乗ってSWALを知らないわけがありません。とは言うものの、私が沖縄に通い始めた頃には、既にSWALは無く、あのオレンジの機体に搭乗した経験はありません。

    この姐さんは劇団群星の母の日公演に是非。より美しく見えるけことでしょう。「女は65からが勝負」と言うてました(笑)
    • coralway
    • 2019/08/30 5:29 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM