<< 多々名グスクの眺望 | main | 帰りましょうね >>

多々名グスク地溝帯

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    Google Earthで見た多々名グスク跡。

     

     

    グスクは朽ち果て、丘全体が密林となり、グスク跡を訪ねようにも道がありません。

     

    7、8年前、八重瀬町がこの丘の地形調査を専門家に依頼したところ、全国でも珍しいカルスト地形だということが判明しました。そして、多くのフィッシャー(岩の割れ目)が存在することから、「多々名グスク地溝帯」と名付けられたんです。

     

     

    琉球新報に掲載された写真がこちら。驚きますよねぇ、こんな所なんです。

     

     

    「南の駅 やえせ」を起点に「多々名グスク地溝帯」を巡るツアー(有料)が開催されています。そのツアーのチラシをたまたま手にした私は、ムラムラしてきたんですよね(^^)

     

    「いっ、行ってみたい」

     

    「ツッ、ツアーじゃなくて、一人で・・」

     

    何故一人がいいのかについては、話が長くなるので省略しますが、それでは密林の入口さえ分かりません。

     

    それで、この間のGWに「おそらくここ」と思った場所に立ってみたんです。そしたら、密林の奥から人の声が聞こえてきました。ツアーガイドの声のようだったので、「よし。入口はここで間違い無い」と。

     

     

    チラシによれば、ツアーは30のチェックポイントを巡るようです。その5番目が「天空の絶景」。一つ前の投稿で紹介した丘の頂上です。

     

     

    この日。下見を兼ねて、そこまで行ってみました。入口から5分ほどの所です。

     

    道はありませんが、ツアーの主催者が草を刈り、迷いそうな箇所にはロープを張ってくれてます。地面には岩が露出しているので歩きにくく、かなりの急斜面でした。

     

     

    6番目以降に進むか否かは検討中。

     

    一人では危険かなとも思います。地面に板が置いてあったので「これは何かな?」と思ったら、フィッシャーの頂部に渡してある橋だったんです。気付かずに足を踏み外したら、フィッシャーの底まで落下です。

     

    う〜む。どうするか。

     

    ここを歩けるのは、ツアーの主催者がルートを開拓し、歩けるようにしてくれたおかげ。そこをツアーに参加せずに(タダで)歩くのは道義的にも問題ですよねぇ。

     

    う〜む。

     

    偶然にこの投稿を目にした八重瀬町役場から、「一人では危険です。ツアーに参加して下さい」とコメントがあったりして(^^)

     

    (終わり)


    コメント
    Cさんが行方不明になれば
    この地溝帯の割れ目を
    さがすことになるのでしょうか?
    一人で行くのは恐ろしいとこですね!!
    • たかっち
    • 2019/05/23 7:10 PM
    一人では危険です。ツアーに参加して下さい。
    と役場の人間でなくとも書き込みたくなります。

    ウクの浜やアクナ浜も
    到達している記事を読んだことがありますが
    車高の高い車じゃないと厳しいとか
    途中から車を降りて草むらを掻き分けて歩いた
    と書かれてもいました。

    ウクの浜、アクナ浜に行かれる時は
    無理をなさらないよう
    気をつけて下さいね。


    • ひより
    • 2019/05/23 8:03 PM
    たかっちさん、ひよりさん

    ご心配をおかけして、すみません。「天空の絶景」まで行けたので、おそらく6番目以降は行かないと思います。

    思いますが、一人で行くつもりの「あーでもない、こーでもない」を、もう少し楽しみます(^^)
    • coralway
    • 2019/05/23 8:41 PM
    以前仕事の関係でお付き合いがあり、新聞記事に写ってる専門家の方(多分)に案内してもらったことがあります。
    軽い気持ちで参加したら人が一人通れるような隙間を体よこにしながら通ったり縦に降りたり、鍾乳石やフィッシャーの底部など、見所たくさんでとてもよい経験なりました。
    でも素人では危なっかしいとこも、当時は不発弾もあり…
    次はガイド付で全部回ってみてください(^-^)
    • しま
    • 2019/05/23 11:02 PM
    しまさん

    色々とありがとうございます。

    この丘の東側(Google earthでは霧のようなものがかかっている所)に「ホロホロの森」という遊歩道が整備されていて、丘を横断して浜に出れるようになっています。

    多々名グスク跡を(少しだけ)経験してみると、ホロホロの森が、いかに平らで歩きやすいかを実感できました。地形が全然違います。

    多々名グスク跡もいずれ大石林山やガーガーラの谷みたいな観光地になるんでしょうかね(^^)。私は今のままそっとしておくことが良いと思います。
    • coralway
    • 2019/05/24 6:44 AM
    川口 浩みた〜い!
    それか水曜どうでしょうのグアテリンガ。
    • ikoka
    • 2019/05/24 5:59 PM
    ikokaさん

    ここの近くの港川にも同じようなフィッシャーがあって、そこから港川原人の骨が見つかってる。

    沖縄戦では、ここの海岸に米軍が上陸するんじゃないかと考えて、日本軍が要塞化してたから、兵隊が残した靴やら飯盒やらが転がってるらしい。

    何しろ、戦後誰も入ってなかった場所なのよ。

    川口隊長はここに来れば良かったのに。ハブはいそうだけど(^^)

    • coralway
    • 2019/05/24 6:37 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM