<< 玉城グスクの南壁 | main | オンボロワゴンがもう駄目みたい(ToT) >>

オモテの沖縄、ウラの沖縄

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    以前、沖縄のロータリークラブの例会に招かれて、私のブログに関連したお話をさせていただいたことがありました。

     

    講演のタイトルは「沖縄の不思議とその魅力」

     

    以下のように話を始めました。

     

    沖縄はわずか140年前までは独立国家。ヤマトとは異なる文化を持ち、それは今も深く受け継がれています。それはヤマトの人達にとっては異文化。カルチャーショックを受けることがしばしばあります。

     

    それが沖縄の不思議。

     

    私は沖縄に来たヤマトの人達に、沖縄で不思議に思うことがあったら、驚いておしまいにせず、その不思議を紐解いて欲しいと言ってます。理解が進むにつれ、その不思議は沖縄の魅力に変わります。そしてその魅力に気付いた人達は何度でも沖縄を訪ねたくなります。今日はそんな話をさせていただきます。

     

     

    なかなか上手いことを言うたなぁと思います(笑)。私がブログを続ける動機も投稿内容も、つまりこういうこと。「不思議」が大げさなら、「疑問」でも良いでしょう。

     

    疑問を解消しようと思えば、書籍や資料をあたったり、現地を歩いたりします。これが楽しくて楽しくて(笑)。そして、疑問が解消した時の、得も言われぬヨロコビ。

     

    答えが正しいかどうかは自分で判断できます。正解は常に合理的で美しいんですよ。仮に間違っていても、それが間違いと気づくことがまた楽しい(笑)

     

    私がまちまーいやジャングル探検などのガイドを避けたがるのは、彼らが答えを言ってしまうかもしれないから。一生懸命に問題を解いてる時に「お〜い、答えを言うなよぉ」みたいな感じです。

     

     

    話は変わりますが、以前は本土の日本海側をウラ日本、太平洋側をオモテ日本と呼んでましたね。失礼な(^^)。新潟県に住んでる人にとって、海は日本海。山の裏っ側にある海が太平洋です。

     

    ヤマトゥにとって、沖縄は異文化の土地。御嶽もあればユタもいます。例えば、そんなスピリチュアルな部分を取り上げて「誰も知らない沖縄」とか「沖縄の裏側」とか見出しをつけることは、日本海側をウラ日本と呼んだ発想と同じです。御嶽もユタも日常生活の中に普通に存在していますからね。

     

     

    私は古い集落を歩くことが好きで、いくらでも歩けますが、国際通りやおもろまちを歩いても暑いだけ。楽しい疑問が何も湧いてこないので退屈で仕方がありません。

     

    つまりね。御嶽があってユタがいることが沖縄のオモテ。ウラ情報を編集したモノが観光ガイドなんですよ。あれをオモテと思っているようでは、マダマダなんだよなぁ(^^)

     

     

    では、昨日に引き続き、垣花樋川の水の音をお楽しみ下さい。

     

     

    ちょっと水量が少ない気がもしますが、このところ雨が少ないからかもしれません。梅雨なのに(^^)

     

      



    コメント
    垣花樋川へ行ったのですか?
    ここはたくさんの流れがあって
    いいですよね。帰りがしんどいので
    次はいついけるでしょうか?。
    沖縄のオモテ、ウラの話ちょっと
    シヨックを受けマシた
    • たかっち
    • 2019/05/27 7:30 PM
    たかっちさん

    垣花は玉城グスクのすぐ近くですからね。帰りに寄り道しました。

    帰り道がしんどいのは、上の垣花集落から降りてくる坂道のことですか?。だとすれば、樋川のすぐ近くに駐車場ができてまして、そこから登り下り無く、すぐに樋川に入れるようになってます(^-^)v
    • coralway
    • 2019/05/27 7:45 PM
    垣花樋川の水の音
    嬉しいです。感激。
    昨年の2月
    南城市のECOスピリット14キロウオーク
    (わたしの歩数計では23キロ)で
    最後の方でここに来ました。
    ゴールへの最短距離以外歩けなくて
    下の芝生から垣花樋川を眺めました。
    この後石畳の階段を登りました。
    というわけで
    垣花樋川の水の音が聴けて嬉しいです。
    • ひより
    • 2019/05/27 8:19 PM
    ひよりさん

    最短距離以外歩けないって、湧き水で手や顔を洗ったりすることも駄目ってこと?。

    じゃあ何で垣花樋川がコースに入ってんの?ってことよね。

    厳しいなぁ(^^)
    • coralway
    • 2019/05/27 8:38 PM
    いえ、もちろん行っていいんですよ。
    途中観光ガイドさんも待機してて
    案内もしてくれました。

    歩いて廻るいいコースでしたが
    高低差が堪えまして
    この時点ではもう
    かなり足にきてました。
    目の前の樋川までも
    歩く気になれなかったのです。
    このあと、石畳の階段登って
    自衛隊内のようどれ拝観して
    ラストのサイクリングロード(を歩く)
    で行き倒れそうでしたが
    なんとか歩いて
    なんじーのバッチ貰いました。
    • ひより
    • 2019/05/27 8:56 PM
    ひよりさん

    なるほど、そういうことでしたか。なんじいのバッチ貰えてなによりでした(^^)
    • coralway
    • 2019/05/27 9:08 PM
    なんじぃ、、、、初めて知りました^^


    南城市のなんじぃ推し、、
    いろんなSNSでなんじぃとつながれる^^;

    なんじぃグッズ売れ筋ベスト3をピックアップ。「なんじぃ商店」で販売しています^^;


    ホームページ最下段はなんじぃだらけ、、、あっグッズ欲しくなってきたっす
    • うちなーんちゅ
    • 2019/05/28 3:15 PM
    うちなーんちゅさん

    各市町村にマスコットがいますが、なんじぃが知名度1位かもしれません。

    グッズもいいけど、南城市のまつりに来てハグしてもらったらどうですか(笑)
    • coralway
    • 2019/05/28 3:46 PM
    だいたい、「なんじぃ」でググって、なぜ画像検索がトップなの^^;

    へーーー知名度1位かい    ならば、もちっと、注目していきますわ


    てっきり方言の「ナンジ」難儀、苦労、、を思い出して、南城市の14キロウオークでまた「ナンジ」のバッジやねん  って突っ込んでました(爆)
    • うちなーんちゅ
    • 2019/05/28 4:52 PM
    前回糸数グスクやら富里集落をウロウロしたとき、その後のコースによってはお出かけなんじぃのお世話になろうかとも考えてました。
    効率悪いけど、路線バスの旅の時はそれも一興かと…(笑)
    (東陽バスで中城方面も楽しかったですよ。)

    垣花樋川はまだ行けてないので次回は絶対行きます!
    • Achi
    • 2019/05/29 3:08 AM
    Achiさん

    お隣の仲村渠集落にある樋川にも是非(^-^)/

    http://coralway.jugem.jp/?eid=860
    • coralway
    • 2019/05/29 7:07 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM