<< 読谷で花を探す(1) | main | 読谷の空は何故広いのか >>

読谷で花を探す(2)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    キロロの森(私が命名笑)では、私が探してる花は見つからず、しょんぼりして座喜味グスクの入口に戻って来ました。あっ。老婆心ながらお断りしておきますと、あの「長い間」のキロロね。

     

    観光客時代、キロロの二人が読谷高校の卒業生と知り、「なるほどなぁ」と納得したものでした。彼女達の伸びやかな歌声と読谷の風景が重なったんですね。

     

     

    おっ、ぜんざい屋が改装されて綺麗になってます。お客さんが増えたんですね。おめでとうございます(笑)

     

     

    私が知らないこの建物は「ユンタンザミュージアム」。

     

     

    これはもしや、この場所にあった民俗資料館がリニューアルされたんですか?。あの小さくて古い、いや、味わい深い資料館の入場料は200円ほどではなかったかと。

     

    それが500円て(^^)。展示品が増えたんでしょうか?。

     

    もしかして、そば屋が店舗を新築して、同じそばにもかかわらず400円が600円みたいなことになってません?

     

    私は13時までに那覇に戻って広島カープを応援しなくてはいけないので、ミュージアムは次回、そのあたりを踏まえて拝見しましょう。だから、座喜味グスクにも入りません。

     

     

     

    読谷で花を探す私が、次に目を付けていたのはやちむんの里。

     

     

    驚いたわぁ。凄くオシャレな場所になってました。でも、その詳細は省略して、花を探しましょう。

     

    その花の木はあるんだよなぁ。

     

     

    今回の教訓を二つ。

     

    (1)遅いっ!!

     

    花が落ちた後に来るようではねぇ。きちんと調べて、タイミングを合わせて来なさい。はい。

     

    (2)横着すんなっ!!

     

    ヤンバルならば花は咲いていたはず。それを原チャリに乗って、読谷で何とかしようなんて、横着にもホドがあるでしょ。はい。

     

     

    仕方がないので那覇に戻って、カープの応援をしよう。と、思ったその時。咲いてたんですよ。二輪だけ。

     

     

    おお。落ちずに我慢してくれてたのか。その健気なところがいじゅの花。

     

    正直なところ、天の川を見に来たら、織姫と彦星しか見えなかったみたいな感じは否めませんが、この二輪の花が無ければ、ホント何しに来たのか分からないところでした。

     

    いや、ありがと〜。来年は遅れず、横着せずに来ます。

     

    ではまた、その時にね(^^)


    コメント
    隊長!


    キロロ軍曹は こんな綺麗な花とはしらずキロン星から侵略にきてしまいました! 侵略はやめて、沖縄そばを食べて帰ります。この花を思い出しながら、、、
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/17 7:00 PM
    可愛い清楚な花ですね。
    今我が家の、小さな庭で咲いてる
    ヒメシャラと似ています。
    • ひより
    • 2019/06/17 7:06 PM
    うちなーんちゅさん

    ごめん。ちょっと意味わかんない(^^)
    • coralway
    • 2019/06/17 7:07 PM
    ひよりさん

    どちらもツバキの仲間ですね。ヒメシャラの画像を確認しましたが、よく似てました。


    「奥山に咲きゆる伊集の花心」

    歌劇「泊阿嘉」で、恋人樽金との仲を引き裂かれ、あまりの悲しみに命を落としてしまった思鶴のつらね(遺言状)にこの花が出てきます。

    http://coralway.jugem.jp/?eid=2380
    • coralway
    • 2019/06/17 7:33 PM
    隊長!


    キロロ軍曹は沖縄そばが好きであります!しかしこの花を見ると、ソーキそばが食べたくなるであります?
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/17 8:29 PM
    うちなーんちゅさん

    う〜ん。今度は少しわかった。かな。

    ソーキそばが食べたくなる。食べたくなる。

    楚辺の「楚辺」のソーキは大き過ぎて、そばの器からはみ出てしまうので、別の皿に乗ってくるけど、つまり、そういうこと?

    うん、わかった(笑)
    • coralway
    • 2019/06/17 8:41 PM
    隊長!


    噛み応えのあるソーキそばは、やんばる近くで食べたいのであります。
    「楚辺」のソーキは関係ないのであります。
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/17 9:08 PM
    うちなーんちゅさん

    琉球新報の映像をどうぞ。

    https://youtu.be/wHfMXd3bBI4

    いじゅの花を庭木にしたお宅で、Google mapの写真でも確認できます。

    住所は沖縄県名護市我部祖河1200−7

    なので、我部祖河食堂のソーキでお願いします(^^)
    • coralway
    • 2019/06/17 9:25 PM
    キロローーーーー^^
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/17 9:29 PM
    こんなに写真ばっかり押しぇー(聞き取れない)、  命減るってよ^^;


    (明らかに年上の方)甘い香りするさー




    でーじ、いい掛け合い^^
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/17 10:14 PM
    小笠原のムニンヒメツバキに似てるかなと思って調べてみたら、同種だ異種だと諸説あるようですね。
    ヒメツバキの仲間なのかな?

    座喜味城跡は1月にウチのオジィオバァを連れて行ったら、めっちゃ喜んだ場所の一つです。

    ウチのオジィは90歳ですが、今回しっかり沖縄病を発症し、沖縄の歴史的な文化は非常に洗練されてると宣っておりました。

    ってコメント欄見てたら、ソーキそば食べたくなってきました(笑)

    うちなーんちゅさん、ケロロ軍曹ですね(笑)
    • Achi
    • 2019/06/18 2:01 AM
    Achiさん

    ヤンバルへ行くと山の斜面がこの花で埋め尽くされていて、山が淡いグレーに見えます。梅雨の間だけ咲く花です。

    ケロロ軍曹はかなりご機嫌な様子なので、朝目が覚めてコメント欄を見て「ハァ〜、デージヤッサー」になると思います(笑)
    • coralway
    • 2019/06/18 4:42 AM
    うりずんや

        すばの合席
      
            いじゅ
              栄える


                  キロロ軍曹
                    やんばるにて
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/18 10:30 AM
    じょ〜とぉ〜 (^-^)v
    • coralway
    • 2019/06/18 10:57 AM
    昔 沖縄そば作りに欠かせないのが、木灰の上澄み液。アルカリ性で「かんすい」の代わりです。
    灰汁のもととなるのは、本部町よりさらに北方の森に自生するイジュやイタジイの樹木が多かったそうです。特にいじゅは、そばをゆでる大釜のまきにも良かったそうです。沖縄の北部、名護市より北では、ソーキそばが発展しました。うちが元祖ってとこがちらほら、、


    いじゅの花を見て、美しいと愛でるのはもちろんですが、よほどの「そば通」(ソバジョーグー)だと、その花を見て、おいしいソーキそばを思い出し、よだれが出るのでは?


    うりずんや すばの合席 いじゅ 栄える

    ソーキそばのおいしい本部町の「山原そば」(やんばるそば)の厨房横の色紙に書かれています。いじゅを愛してやまない店主の素直な気持ちが見えて、とても好きな言葉です、、、



    以上をふまえてキロロ軍曹の言葉を見返してみてください^^; 
    自分でフォローしないと、ただのご機嫌なやつと思われると、、、
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/20 5:43 PM
    うちなーんちゅさん

    この投稿のコメントとダブってますよ(^^)

    http://coralway.jugem.jp/?eid=104

    主語をはっきりさせなくてすみませんでした。
    • coralway
    • 2019/06/20 6:10 PM
    うちなーんちゅさん

    あっ、そうか。この投稿を読んだ人向けにね。了解です(^-^)/
    • coralway
    • 2019/06/20 6:31 PM
    ふう〜〜そっそ


    この投稿しか見てない人向けで、だって

    http://coralway.jugem.jp/?eid=104

    こっち、遠いモンだから、、
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/20 7:13 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM