<< 読谷で花を探す(2) | main | 頭を使えば使うほど、仕事は進まない >>

読谷の空は何故広いのか

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    座喜味城跡公園から真栄田岬方向を眺めています。


     

    本来なら恩納村や本部半島がくっきり見えるはずですが、梅雨明け前ですから贅沢は言えません。

     

     

    それにしても、読谷の空は広いわぁ。

     

    何でこんなに空が広いのか、私なりに考えてみました。超簡略化すると、読谷はこんな地形なんですよ(笑)。お皿を裏返したカタチ。

     

     

    海岸から斜面を登った所、つまり皿の底の部分に広い平地があります。

     

    高台の平地ですから飛行場にはうってつけで、かつて日本陸軍の沖縄北飛行場がここにありました。   

     

    CIMG4404smap2.jpg

     

    沖縄戦の後、こんな一等地を米軍が手放すはずがありません。この平地(皿の底)が読谷村民に返還されたのはつい最近で、2006年のことです。そしてその翌年、あの象の檻が撤去されました。

     

     

    私が農連市場に来る前、2010年の飛行場跡です。

     

    CIMG4404s.jpg

     

    まあ、道路と言えば道路ですが、信号も交差する道も無く、コンクリートの地面が延々と2km続いてました。暴走族対策で、舗装面がわざとデコボコにしてあった記憶があります。

     

     

    先程の皿をイメージしましょう。私は今、皿の底に立ってます。すると海は見えないわけですよ。そして、地平線(?)がすぐそこにあって、そっから上の全部が空(笑)。

     

    北海道の空も確かに広いのですが、あそこは広い大地のずっと先に地平線があり、それだけ空が狭くなってるわけです。その点、読谷はすぐそこからが空(笑)。読谷の空が広いわけです。

     

     

    さて今、読谷の皿の底には、村役場や野球場、陸上競技場、学校などが完成しています。今のところは必要な施設を並べてみた感じで、土地にはまだまだ余裕があります。

     

    その土地をどう使うか、読谷村は思案のしどころですね。おもろまちや北谷のような商業施設の街をつくっても、村民が買物するだけでは成り立ちません。かと言って、紅芋畑ではもったいない気がします。

     

    もっとも、元はと言えば読谷村民の土地。そこを空き地にしようが、紅芋畑にしようが、他所からあれこれ言われる筋合いはありません。村民が暮らしやすく、生活が潤うような土地活用法を、じっくり考えていただきたいものです。

     

     

    ところで観光客の皆さん。皿の底から海に向かう斜面(皿の名称で言えば胴の部分)は絶好の撮影スポットです。

     

    下り坂の先に広がる青い海。海岸から眺めるよりも、ずっと海が広く見えます。左右がウージ畑で未舗装の道ならなお良いでしょう。是非、絶景スポットを探してみて下さい。思い出になる一枚がきっと撮れるはずです。

     

    つまり、読谷は空も海も広い(笑)

     

     

    Twitterに湧き水の動画をツイートしました。読谷村伊良皆の上ヌカー。尚巴志の墓がある佐敷森のすぐ近くです。

     


    コメント
    下り坂の先に広がる青い海。Cさんやっと読谷村の海が広く大きく見えるのがこの記事で理解出来ました。

    なるほどそういう事だったんですねぇ、今まで不思議でしょうがなかった。

    読谷村のウージ畑と電照菊の灯りたまりません。

    Cさん、1日違いで読谷村で逢えたのに。プンプン(笑)

    生クジラも坂の上から冬見ました。
    • ひよこ
    • 2019/06/18 9:20 PM
    ひよこさん

    晴れた日を横取りしたみたいで申し訳ない(^^)

    でも、グジラが見えたんならいいか(笑)
    • coralway
    • 2019/06/18 9:24 PM
    読谷の飛行場跡 かなり好きな場所です♪
    私も2010年に行ってました〜
    そういや
    それ以来 行ってないかも
    • ひらひら
    • 2019/06/19 1:06 PM
    ひらひらさん

    滑走路跡は産業道路という名前の広い道路になってます。道路の東側はまだ未整備で、2010年に私が喜名から飛行場跡に入った道はその時と変わっていません。

    その産業道路で「空が広いな」思ったんだけど、投稿ではグスクで思ったことになってます(笑)。道路の写真より、グスクから眺めた景色の写真のほうが見栄えが良いので、事実を少し捻じ曲げたわけよ(笑)
    • coralway
    • 2019/06/19 3:19 PM
    あの象の檻は、撤去されたのではなく
    正確には、「移設」されました。北部の山の上にひっそりと機能を強化して諜報活動を継続しています。
    読谷の施設は、昔し何度も見に行きました。
    警備もいない、マニアには、興味のある施設だったのです。
    カージノイド特性により電波の方向を特定する事が出来ました。
    • NAO
    • 2019/06/20 7:39 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM