<< ゴーヤージュースに感激する八百屋のオヤジ(^^) | main | ペリー提督日本遠征記(1)那覇港 >>

ヤンバルに猪はいないのか(^^)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    登場人物は隣の八百屋のコーちゃんとKさんです。

     

    (1)土曜日午後2時

     

    C「コーちゃん。アンタんとこのオヤジがニッコニコして何処かへ出かけたな」

     

    コ「ヤンバルへ猪を獲りに行くって言うてました」

     

    C「えっ!!、そらええな。来週は焼肉パーティじゃん」

     

    コ「ウリ坊だったら店で飼いましょうね(笑)」

     

    C「おぉ、八百屋だけに餌には困らんな」

     

     

    K「キャンプは本当だけど、猪の話はそんなこと言ってるだけみたいです(^^)」

     

    C「アハハ。猪が住んでる山の近くでキャンプしましょうねみたいな」

     

    K「そうそう(笑)」

     

     

    (2)翌週月曜日午前10時

     

    C「おいコーちゃん。さっきオヤジに『猪はどうなりました?』って聞いたら、『いなかった』ってよ」

     

    コ「ちゃんと探してないんですよ」

     

    C「コーちゃん、あのな。アンタのお父さんは『いなかった』って言うてはんねん。いないモンを探せとか捕まえろとか言うても、そら無理やろ」

     

    コ「アハハ。ずっと大雨でテントから出てないのに、電話したら『ハーハー』言うてるんですよ」

     

    C「ギャハハ、笑わすなぁ。それは、猪を追いかけてるところか」

     

    コ「いなかったのにね。ヤンバルクイナはいたみたいです」

     

    C「焼き鳥かぁ。ほんなら俺はいいわ」

     

    コ「(笑)」

     

     

    こちらがリュウキュウイノシシ。

     

     

    「ベルクマンの法則」に従って、哺乳類は北へ行くほど大型化します。栄養を蓄えたり、体温を保つためですね。例えば、南から順にツキノワグマ、ヒグマ、グリズリー、ホッキョクグマ。

     

    リュウキュウイノシシは南に住んでいる上に島育ち。ナイチの猪の半分くらいのサイズで、牙も短めです。とは言え体重が50キロはありますから、こいつが突進して来たら、原チャリと衝突するくらいの覚悟は必要でしょう。

     

     

    猪は野生の豚ですから、知念(精肉店)に頼んだら、ロースやらバラやらミミガーとかにキチンと捌いてくれたはず。焼肉パーティやりたかった(^^)

     

    まあ、いないものは仕方がないか(笑)

     

    大宜味村の猪垣(1) 

    大宜味村の猪垣(2)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM