<< ペリー提督日本遠征記(2)那覇〜西原 | main | スリムクラブが無期限謹慎って・・ >>

ペリー提督日本遠征記(3)西原〜旗立岩

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    西原町のキャンプペリーで野営を終えた調査隊は東海岸を北上しました。

     

    西原町から中城グスクまでの行程はハンタ道を歩くことになります。一昨年の今頃、私はハンタ道を首里から中城まで歩いているので、調査隊がどのあたりを歩いているのか、おおよその見当がつきました。以下の抜粋は、中城村新垣付近の描写と思います。

     

     

    (遠征記の抜粋)

     

    まもなくわれわれはまた湾をのぞむ分水嶺に達し、壮観な景色を堪能した。

     

    分水嶺は、すでに見たように東海岸にごく近く、そちらへ下る道は西海岸へ下る道よりもはるかに険しい。こちら側の土地はさらによく耕されていて、穀物もずっと豊かである。

     

    下方の山裾は美しい琉球松におおわれ、ところどころに穀物や野菜の段畑があり、麓の平地は約15マイルにわたって稲穂で黄金色になっている。散在する村落を数えてみると12ほどあり、なかにはかなり大きな集落もあった。

     

    北のほうには長い半島があって、われわれが湾の端だと思っていたところよりはるかに先までのび、島の南東に向かって突き出している。

     

    (抜粋終わり)

     

     

    新垣集落の東端にボージャーグヮ(坊主小)と呼ばれてる眺めが良い場所があります。新垣集落の子供達は、そこから崖下に降りるボージャーグヮミチを転がるようにして学校へ通いました。石段さえ無い、草を刈っただけの道でした。

     

    調査隊が気づいたように、このあたりの地形は、東海岸から急激に高度が上がり、西海岸に向かってなだらかに下っています。そのため、新垣集落は東海岸の崖上にありながら、そこを流れているアラカチガーラは普天間川となり、北谷で東シナ海に出ます。

     

    島の南東に突き出している半島は、もちろん、与勝半島です。

     

     

    (遠征記の抜粋)

     

    そこから、やや西に曲がっている道を2マイルほど進むと松林の中にそびえ立つ、奇妙な形の岩に出くわした。

     

     

    その頂は鋭いのこぎりの歯のようで、峰より70から80フィートも高くそびえていた。第二期石灰岩でできたその奇岩は、風化してハチの巣のようになっており、目をみはるようなおもしろい眺めを呈していた。

     

    私はそのてっぺんに登ってみたが、頂が尖っていて、足元は極めて不安定だった。

     

    そこは島のこの地区の最高峰だと分かり、両方の海岸をかなり遠くまで見わたすことができたので、私は旗を持ってくるように命じ、岩のてっぺんでそれを翻した。

     

    その間部下達は下で礼砲を撃ち、三度、歓喜の声をあげた。

     

     

    (抜粋終わり)

     

     

    この日、調査隊は中城グスクを経て具志川まで進みますが、私の投稿は、ここで一旦終わります。

     

    中城グスク以北は、私の訪問密度がガタッと低下するので、遠征記を読んでもその場の風景がリアルに思い浮かびません。いつになるかは分かりませんが、訪問密度が上がった時に、投稿を再開することにします。

     

     

    過去の投稿はこちらから。

     

    ハンタ道を歩く(1)首里城〜弁ヶ岳 

    ハンタ道を歩く(2)首里石嶺〜泉小 

    ハンタ道を歩く(3)幸地〜オキコ製パン工場 

    ハンタ道を歩く(4)坂田交差点〜南上原糸蒲公園 

    ハンタ道を歩く(5)東太陽橋〜安里村壱里山 

    ハンタ道を歩く(6)若南原〜新垣集落 

    ハンタ道を歩く(7)ツンマース、根屋、殿 

    ハンタ道を歩く(8)ペリーの旗立岩〜中城グスク 

    ハンタ道を歩く(9)Keep Going


    コメント
    旗立岩で、レイ砲を打った
    時の事まで記録画として
    残しているのはさすが
    西洋人だと思いました
    • たかっち
    • 2019/06/28 8:41 AM
    たかっちさん

    調査隊に同行した琉球王府の役人たちは、礼砲をどう解釈すれば良いのか、怪訝な顔をしていたそうです。

    しかし、米国人のやることは、いちいち「たいそう」ですねぇ。
    • coralway
    • 2019/06/28 11:18 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM