<< アホなやつ | main | ボーダーはパウダーだったのか >>

アガラサーってなんね

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    保育園から「黒糖蒸しパンミックス」の注文がありました。

    「ふ〜ん、そんなんがあるんや。」と、サンエーの棚を見ると無い。店の人に聞いても無い。マックスバリュに電話しても無い。Aプライスも無い。

    つまり、どこにも無い。

    念のためと、イオン那覇店に電話すると、

    「お客様。それは『黒糖アガラサーミックス』ではないでしょうか。」

    「ナイス!!。それそれ、絶対それや!!。ありがとう!!。」



    イオン那覇さん、なんて気がきくんでしょう。スカッとしました。

    あまりにもスカッとしたので、サンエーやマックスバリュに自慢したろかと思いましたが、それはやめておきました。


    店に戻って、

    C「アガラサーってわかるよな。」

    相棒のA(60)「なんね、しょれ。」

    孫(28)「なんすか、それ。」

    C「お前ら、それでもウチナーンチュか?。」


    「首里・那覇方言音声データベース」で、アガラサーの意味を調べてみました。

    アガラサー /agarasaa/名詞

    菓子の名。黒砂糖を入れた蒸しカステラ。膨らし粉が入っており、大きさや形は現在のカステラとほぼ同じ。家庭でも作る。店で売られているものにはジーカシティラー ziikasitiraa ともいった。


    う〜む。

    そんなんじゃなく、サーター(砂糖)アンダ(油)アギー(揚げ)みたいに、教えてほしいのよね。

    アガラサーの語感としては、「揚げる」の意味が含まれている気がします。カステラの型枠のようなものがあって、その名前かもしれません。


    いずれにせよ、戦後の小麦粉大流通時代に、小麦粉を美味しく食べる工夫の一つだったのでしょう。


    サンエーもマックスバリュも気付かず、Aも孫も知らないんですから、いまや、アガラサーの認知度はイマイチ。沖縄製粉は商品名を「黒糖蒸しパンミックス」に変えることになるかもしれませんね。
     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM