<< 沖縄の苗字が「な〜んかナイチと違う」のは何故か | main | 繁多川の神応寺石門と島豆腐 >>

間違いを認めるということ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    昨夜のテレビで冤罪事件に取り組む老弁護士がこんなことを言ってました。

     

    「裁判所が国民から信頼を得るために大切なことが二つあります。一つは間違った判断をしないということ。もう一つは判断の間違いに気付いた時は、それを素直に認めるということ」

     

    「いいこと言うわぁ」と、思わず声が出ました。

     

     

    人間のすることだから、間違いをしないなんて無理なのよ。大切なのは間違いに気付いた時にどうするか。

     

    嘘をついたり、言い訳をしたり、いきなり怒り出したりして、間違いが無かったことにしたい人はいますよね。私もですが(^^)

     

    一方で、間違いを素直に認める人がいます。勇気が必要なことではあるけど、相手が受け入れてくれた時には、「認めてよかった」と思うもの。

     

    どちらの姿勢に信頼が集まるかは明らかでしょう。信頼は間違いをしないことで得られるのではなくて、間違いを認めることで得られるということ。

     

     

    最近、聴くたびに気持ちが重くなるニュースがこちら。

     

     

    間違いを認めない者同士が協議して、どんな結論に至るのか。右の人も左の人も、問題解決へのシナリオが描けてないように見えます。

     

     

    間違いを認めない風潮が蔓延する中、今後、ますますこの傾向が強まると、世の中はどうなるのか。まさかとは思うけど、間違いを認めた人が信頼されなくなる時代が来るのかな。とさえ、思えてしまうってどうよ(^^)


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM