<< テルキナのクソババぁよ(^^) | main | 繋がらない男(^^) >>

日常・家族・ヒロシマ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    先日、NHKで放送された映画「この世界の片隅に」

     

     

    こちらを振り向いた主人公のすずさん。皆さんの家族の一人が、こんな風に振り向いたシーンを覚えてませんか?。「そこで何しとるん?」と声をかけた時に。

     

     

    ウチナーグチのウチアタイは「思い当たる」を意味し、そこに「後ろめたさ」や「恥ずかしさ」といったニュアンスが加わります。私はこの言葉が持つウチナーフィーリングが好きです。ウチ(内面に)アタイ(当たる)。

     

    この映画は全編にわたって、すずさんの日常が描かれています。その日常の一コマ一コマが私の内面に当たるんですよ(後ろめたさや恥ずかしさは横に置くとして)。

     

     

    すずさんのファンになった人達が、呉のロケ地を歩くことを「聖地巡礼」と呼ぶそうです。

     

     

    すずさんが暮らした場所に立った時、映画で感じた以上に、内面に当たるものがあるのだと思います。言い換えれば、すずさんの日常を他人事とは思えなくなっているということ。それは、家族と過ごした懐かしい日常の記憶と、深く関わっている気がします。

     

     

    私がジャパニーズビジネスマンだった頃の話。海外へ出張し、仕事を終えた後の懇親会で、私の出生地が広島だと自己紹介することにしてました。もちろん、それを聞いた人達の反応を知りたい気持ちがあって。

     

    その反応は、アジアでも米国でもヨーロッパでも変わりはありませんでした。まず、驚いた顔で「あのヒロシマなのか」と。そして、痛ましい出来事を思い浮かべた時の表情をしました。

     

    私が海外で共に仕事をした人達の全員が「ヒロシマ」を知っていました。そして、米国が落とした日本が落とされたみたいな話ではなく、原爆の投下を人類史における最も悲惨な出来事の一つと捉えているようでした。

     

    映画「この世界の片隅に」は既に60以上の国々で上映され、高い評価を得ているようです。それはすずさんの日常が、世界の人々の内面にも当たるからでしょう。

     

     

    呉から見えた原爆雲です。この時9歳の母は、山の向こうにこの雲を見たと話してました。

     

     

    この年の10年後に母は嫁ぎ、その2年後に私が生まれました。今年で母は84歳。すずさんは生きていれば94歳です。

     

     

    今日は原爆の日。犠牲者を追悼すると共に、今も呉で暮らす母や妹、亡くなった祖父母や父と、共に過ごした懐かしい日常を思い出す日にしたいと思います。

     

     

    母はまだまだ元気で長生きをしてくれそうですが、いったい私はあと何度、顔を合わせることができるのか。それを考えた時、ひょっとしたら片手で足りてしまうのではないかと。それで今、ちょっとうろたえてます。


    コメント
    ん〜〜(T-T)
    わかるわぁ〜〜

    年を重ねるごとにその思いは、どんどん大きくなってる気がします

    すごく、心にズーンとしみる投稿でした

    ありがとうございます
    • 南西
    • 2019/08/07 9:10 AM
    それほどヒロシマは有名なのですね。驚きました。

    昨日はツイッターに張りついてました。
    当時を知る人が少なくなる、話を聞く機会もなくなる、語り継いでいくのが我々世代の責務、そんな事をつぶやいてる人が多かったです。

    広島と関東の平和学習の差にも驚きました。関東ほ私はほぼ受けた記憶がありません。
    • ココナッツ
    • 2019/08/07 11:53 AM
    南西さん

    ありがとうございますm(_ _)m

    戦争映画でありながら過激なシーンが無く、ヒューマンストーリーとしては盛り上がりに欠けるなどの感想もあるようですが、それは求めるものが違いますね。

    スクリーンではなく、劇場でもなく、見る人の内面に感動が広がる感じ(^^)
    • coralway
    • 2019/08/07 1:11 PM
    ココナッツさん

    もちろん、沖縄戦でも東京や大阪の大空襲でも甚大な被害を被ったのですが、原爆(核兵器)による被害は、世界の受け止め方が違います。

    通常兵器であっても使ってはいけないのはもちろんですが、核兵器を「何があっても、これだけは使ってはいけない」と位置づけることは正しいと思います。

    原爆雲(キノコ雲)は広島の市街地の地中に含まれていた水分が蒸発したもの。つまり水蒸気です。その雲が30km離れた呉から見てこの大きさですからね。太陽の表面に近い温度で、広島は焼かれたんですよ。そして水蒸気は冷え、大量の放射能を含んだ黒い雨になったと。

    こんなもの、すべての人が「人間のやることではない」と感じないとね。
    • coralway
    • 2019/08/07 4:12 PM
    お母様心配ですね。
    私の母は何度も街中で失神し救急車沙汰になっています。
    今日もそうでした。
    離れて住んでいると困りますね。
    介護離職してはいけない事だけは理解していますが・・・
    阪神さん

    今日もそうだったんですか。幸い私は同居してる妹が対応してくれますが、手がかかるようになれば、困ったことになりますね。
    • coralway
    • 2019/08/07 8:29 PM
    「過ちを繰り返さない」の主語は
    落とした側でも落とされた側でもなく
    人類なのですね。

    それにしても
    ヒロシマ
    フクシマ
    オキナワ

    カタカナで書くことで
    伝わることが深まりますね。
    不思議だ。



    • ひより
    • 2019/08/08 8:28 PM
    ひよりさん

    核廃絶をを被曝者が訴えることはもちろん、その心情に世界が共感することが大切と思います。

    広島は地名ですが、ヒロシマからは原爆の痛ましさが伝わってきますね。
    • coralway
    • 2019/08/08 9:21 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM