<< 対馬丸慰霊の日(2)奥今日子さんの活動 | main | ポイントムチャーの生活 >>

対馬丸慰霊の日(3)樋川のオジぃ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    ココナッツさんと前後してikokaさんからも対馬丸の記事を読んだと連絡がありました。ナイチの皆さんが沖縄の新聞をよくチェックされていることに感心します。

     

    ikokaさんから送られてきた記事の写真を見れば、こいつは樋川のオジぃじゃないですか(^^)。電子版はこちらから 

     

     

    このオジぃはかつては私の宿敵でしたが、今は仲良くなり、親愛の情を込めて「クソジジィ」と呼んでます(^^)。(イッテQの出演者がいとうあさこを「ババァ」と呼ぶことと似てるのか?)

     

    かねひでの駐車場で隣の八百屋のトットローを見かけたので「樋川のクソジジィがね・・」と話しかけると、「樋川にクソジジィはいっぱいしてるけど、どのクソジジィね?」と言うので笑いました。

     

     

    私がこのオジぃと初めて会ったのは3年前のこと。某青果店が借りてる駐車場に車を停めてるオジぃがいたので、

     

    C「おいっ!。そこへ停めたら俺が停められへんやないかっ!!」

     

    ジ「ワーの土地にワーの車を停めて何が悪いっ!!」

     

    C「お爺さん。ボケるのは仕方がないとして、もう少し緩やかにボケなさい」

     

    ジ「なにをっ!!」

     

    と喧嘩になりました(笑)

     

     

    それで私が駐車場から店に戻ると、この駐車場の地主オジぃが先に着いてるじゃないですか。某青果店のお父さんとは幼馴染らしく、

     

    ジ「おまえのところの従業員はなんだっ!!」

     

    と叫んでるので、

     

    C「おいおい、今度は告げ口かい」

     

    ジ「なにをっ!!」

     

    と、両者の関係は泥沼化していったのでした(^^)

     

     

    一昨日の対馬丸慰霊祭には多くの遺族が集まりましたが、生存者の出欠は半々だったようです。欠席者の気持ちは「自分だけが生き残りながら、とても遺族の前には出られない」というもの。それでも意を決して出席した生存者は、慰霊よりも「申し訳ない」という気持ちだけ。出席者、欠席者のどちらもがつらい話です。

     

    その「申し訳ない」気持ちだけで生きてきた樋川のオジぃは「お前だけ生きて・・」と言われたら、誰も想像できない過酷な経験は横に置いて、頭を下げるしか無かったでしょう。

     

    一方、オジぃに酷い言葉を投げかけた遺族らを責められない気がします。私の子供が犠牲になったとして、生き残った子供とその親を目にしたら、「お前だけ生きて うちの子は」と思うに違いありません。口にするかしないかの違いはあるにせよね。

     

     

    私はこのオジぃと喧嘩した日に、某青果店のお父さんから「あれは対馬丸の生存者だ」と知らされて、さすがにへこみました。

     

    樋川の坂道を城岳へ上ると、刑務所裏の細い一本道に出ます。オジぃのお家はそのあたり。そこを私がバイクで走ってると、オジぃが自宅前でゴソゴソしてました。オジぃと目が合ったので、頭をぺこりと下げ、左手を軽く上げた私。オジぃは笑顔になり、両手を振って応えてくれて喧嘩はおしまい。

     

     

    記事を読むと、オジぃは疎開先の九州から朝鮮半島に渡ったようです。戦争が終わり、ナイチへ引き上げる船がまたもや事故に遭い、オジぃだけが生き残ったと。

     

    もう、運がいいのか悪いのか。このクソジジィ(^^)


    コメント
    何度読んでも壮絶な体験ですね。
    普通にいそうなおじいちゃんなのに。
    長生きして欲しいです。
    • ココナッツ
    • 2019/08/24 12:14 PM
    ココナッツさん

    某青果店のお父さんは対馬丸の前を進んでいた輸送船に乗ったため、無事に九州へ着きました。九州でこのオジぃと再会した時は、顔が黒く変色し、皮もむけていて、本人とは思えなかったそうです。

    でもこのオジぃは大丈夫。長生きすると思いますよ(^-^)/
    • coralway
    • 2019/08/24 12:20 PM
    対馬丸の体験者、会社の先輩に話しを聞きました。
    今年は、女優 吉永小百合さんの直筆のお言葉が配られたとの事です。
    私も賛助会員ですが、対馬丸祈念館を訪ねると何時も先輩のお母さんとお姉さんの写真が迎えてくれます。ハワイには、潜水艦ボーフィン号が展示されています。
    • NAO
    • 2019/08/24 11:27 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM