<< 雨上がりの御嶽は清々しいか? | main | 相棒のAと働く楽しみ(^^) >>

ふぁいみーる

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    下地イサムのセカンドアルバム「Nee」に収録されている「アッガイタンディ宮古島」。

     

    アッガイタンディは本島のアキサミヨと同じ意味。この曲は1番から5番まで全編宮古口。それを「最後まで聴いて」とお願いするのはコクではありますが、少しだけは聴いてみて(^^)。


     

    そうなんす。微妙にアレンジを加えてはいるものの、この曲は「港のヨーコ」のパクリです(^^)。沖縄に著作権は無いからね(笑)

    ライブ音源らしく、オバハン達の笑い声が聞こえてますね。つまり、面白い話をして、「アンタあの娘のナンなのさ」の所でオチを言うと。

     

     

    宮古人にこれを聴かすと、もう曲が始まったとたんに笑う態勢が整って、笑いを堪えて堪えて、オチで爆笑(笑)。想像してみて下さい。机の上のスマホを挟んで対峙する宮古人と大和人。一方は腹を抱えて笑い、他方は真顔。同じ日本人とは思えませんね(笑)

     

    この曲に絵をつけてYouTubeにアップした立派な方がいまして、そこに5番が入ってます。5分50秒あたりから。


     

    さて、5番の意味が分かって。確かに面白いけど、そんな腹を抱えて、目に涙を浮かべて笑うほどのもんか?。とも思います。

     

    やはりね。自分が生まれ育った土地の言葉は脳を活性化するんですよ。楽しいことも悲しいことも、耳にしたお国言葉によって脳内のネットワークに光が走り、意識にあることも無意識なことも、様々な記憶がその言葉に集まってくるんでしょう。楽しさや悲しみが増幅されるんですね。宮古口の歌を大和口に翻訳したのでは、そうはいきません。

     

     

    下地イサムが歌う「大和ぬ風」という曲があります。

     

    お金を稼ごうと島を出てナイチに渡ったものの、何もかも上手くいかず。やりたいことがあったはずなのに、何がやりたいのかも分からなくなってしまう。アパートで一人膝を抱き人生を振り返る。そこへ母ちゃんが味噌を送ってきたので、さっそく味噌汁を作ろうとするものの、ガスを止められていて湯を沸かせない。仕方なく味噌を水に入れてガブガブと飲むと、母ちゃんの匂いがして涙を流す。

     

    そんな曲(^^)

     

    「ふぁいみーる」という美しい宮古口があります。意味は「召し上がれ」。どなたかこの青年に、温かいご飯と味噌汁を用意してもらえないものかと思います。そして「ふぁいみーる」と。青年は号泣するのではないかと。

     

    宮古島の人口5万人に対して、本島は125万人。人口を比較すると絶滅危惧の度合いは宮古口が強いように思えます。ところが、そうも言えないのは、離島へ行けば行くほど島言葉が頑丈な気がするから。むしろ本島が心配ではないかと。

     

     

    親切な宮古人が翻訳してくれました。これを読んで、再度「アッガイタンディ宮古島」をどうぞ(^^)

     

    (一)

    隣の家のケン坊が子供が生まれて名前をつけた。

    祝いに来てと呼ぶから顔を見に行った。

    それが、これまで見たこともないような不細工な子供で目も鼻も凹んで猿みたい。

    と心で思ったけど、口に出して言えないし「な〜んてカワイイ子」と嘘もつけないから何て言おうかなぁーって思ってこう言ってしまった。
    「あらまぁ〜、お父さんにそっくり〜」

     

    (二)

    次の日。いーにゃー(西隣)のアキ坊からも子供生まれてこれまた名前つけたから祝いに来いと。

    また、こっちの子供も不細工な子供かと思って行ったら、今度はめちゃくちゃ可愛い子供で「色白で、鼻も高くてアメリカ人みたいな子供だね〜」と思ったけど子供の両親を見たら、どっちにも似てないから何て言おうかな〜と思ってこう言ってしまった。
    「この子、前の家のお父さんに似てないか?」

     

    (三)

    あがにゃー(東隣)の家のおばさんが、お正月用にと高級な服を買ってきたと。

    それを着て家に遊びに来て「高い服だけど、どんなね〜?この服」としつこく聞く。
    服は綺麗な上等洋服だけど、顔を見たら真っ白な厚化粧でバケモノみたいな顔。

    「えー」と思ったけど正直に言えないから、こんな風に言ってしまった。
    「メリケン粉で、顔を洗ってきたの?」

     

    (四)

    友達が遊びに来いと呼んでるから、昼間からいそいそと出掛けていった。
    夕方になったらお腹も空いてきて、夕飯食べないといけないから家に帰ろーとしていたら
    友達のお母さんが来て「あんたの分も夕飯作ってあるから食べてけ〜」と。
    お腹すいていたから、ごちそうになることにした。
    そしたら出されたタコのなますが固くて噛めない。魚のマース煮(塩だけの味付けの煮魚)もしょっぱすぎて食べにくい。煮物の大根も酸っぱい。ご飯も腐れかけのニオイがする。
    お腹いたくなりそーだったけど、やっと全部食べた。
    家に帰ろーとしたら、また、お母さんが来て
    「ねー。たくさん作ってあるから、家族の分も持って帰ってね〜」と。
    「イヤイヤ、こんな不味いものを俺にお土産に持たそうとしているの?」と言いたかったけどあからさまに言えないから何て言おうかなぁ〜と思ってこう言った。
    「だったら、家に持って帰って豚にあげよーね」

     

    (五)

    友達の両親が還暦を迎え、還暦祝に東京の高級ホテルに二人で泊まりに行って、夕方になったから、夜ご飯食べようとエレベーターの前まで二人で歩いていった。

    お母さんは「最上階のレストランで夜景を眺めながら和食を食べたい」と。
    お父さんは「地下のレストランで中華料理を食べたい」と。

    二人でどっちにするか方言で言い合いしていたら、たまたまエレベーターの中にいたホテルマンが、この人達はフィリピン辺りから来た日本語わからない人達だはずと思って、エレベーターのボタンの前に立って「アップ?、ダウン?」と聞いた。
    お父さんは少しイラついていたから方言で
    「すたんかい(下へ)」

    「はい。3階でございますね」

    「イギ〜、すたんかいてぃあいじばぁ〜(もおぉ〜下って言ってるでしょ〜)」


    コメント
    5番目の話、東北弁でも同じネタがあるのよ。
    東北から出てきたおとうさんがエレベーターで「すたんかい(下の階)」て言ったら、デパートのエレベーターガールが三階でございますね、って言った、ていう。
    • ikoka
    • 2019/09/10 8:31 PM
    ikokaさん

    へぇ〜、そうなんや。確かに東北弁でも「スタンカイ」って言いそうね(^^)

    • coralway
    • 2019/09/10 8:39 PM
    青森さ行ってきたんだけんど、なに、しゃべってるんだか、さっぱりわかんねがった。
    はやぐ、いげ!だけわがったはんで。
    • ikoka
    • 2019/09/10 8:44 PM
    ikokaさん

    やるじゃん(笑)
    • coralway
    • 2019/09/10 8:45 PM
    いつも愉しく拝見しております。

    自宅(横浜市)の近所に、その名も「沖縄料理 居酒屋 ふぁいみーる」というお店があります。
    宮古(伊良部島)出身、誇り高き海洋池間民族のご夫婦が切り盛りする愉快なお店です。
    女将さんは、イヤなお客(ナイチャー)が来ると、ニコニコしながらゴリゴリの島フツで愚痴を吐きます 笑
    島出身の常連客も多く、大将と一緒に島フツで盛り上がっているお客に、「何をそんなに盛り上がってるんですか?」と聞くと、決まって「オマエの悪口をいたんだよ〜」と笑顔で返ってきます。

    大将の息子さんたちは、両親の方言を聞き取れても、自ら話すことはできないそうです。
    美しくて便利(笑)な島言葉を、いつまでも残して欲しい。その為に何が必要か?自分に何ができるのか?などと考える私(ゴリゴリのナイチャー)です 笑
    • OZI☆SUN
    • 2019/09/11 7:33 AM
    OZI☆SUNさん

    コメントありがとうございます。「ふぁいみーる」は飲食店にはうってつけの名前ですねぇ。ストリートビューで見たら、入りやすそうな間口でいい感じです。

    沖縄口や宮古口が失われつつあるのは困ったことです。しかし、「ふぁいみーる」と言われて育った人と、「ふぁいみーる」=「召し上がれ」と知識として知ってる人では大きな差がありますね。英語圏の国々の文化を知る上で、英語を話せることは必要かもしれませんが、十分ではないことと同じです。

    どこかで下地イサムが、「自分が宮古口で歌う時、宮古口を広めたいなんて意識は全くない。宮古口でないと歌いたいことが歌えないからだ」と言ってました。

    沖縄口や宮古口を小中学校のカリキュラムに組み込むことは役に立つかもしれませんが、それだけでは「ふぁいみーる」と聞いて涙することはないでしょう。

    沖縄口、宮古口が衰退へ向かう流れを食い止めることは相当にハードルが高いと言わざるをえません。

    「ふぁいみーる」の大将に下地イサムを呼んでライブをやったらどうか提案してみて下さい。関東でも頻繁にライブをやってるようですから、そのついでに安いギャラで(笑)。彼はギターが一本あれば歌えますからね(^o^)/
    • coralway
    • 2019/09/11 8:39 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM