<< 豆腐屋のヨシエさん | main | 今日の出来事 >>

仲田幸子劇団「でいご座」が明日で活動終了

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    17年前の仲田幸子さんと観光客の私です。場所は松山の仲田幸子芸能館。幸子さんは最後部の席に座って、館内の様子を見てました。

     

    20121202160007_0.jpg

     

    仲田幸子さん率いる劇団「でいご座」は、母の日と敬老の日に定期公演を開催していましたが、明日の公演で劇団としての活動を終了するそうです。

     

     

    幸子さんは86歳で、米寿を迎えます。体力的な衰えはあるはずで、稽古も舞台もギリギリのところでこなしているはず。ところが、そこを踏ん張るのが仲田幸子。明日、沖縄市民会館大ホールは立ち見が出るでしょう。

     

     

    体力の衰えは気力でカバーできるにせよ、どうしようも無いのが、観客のウチナーグチ離れ。幸子さん渾身のアドリブが通じ難くなってきたことが、彼女に劇団の活動終了を決意させたようです。

     

    沖縄芝居は、場面場面で観客を笑わせ、泣かせ、場内の空気を温めつつ、感動のクライマックスへ持っていくストーリーになっています。その場面場面に不可欠なのがウチナーグチ、あるいはそのフィーリング。そこを封じられてしまっては芝居になりません。

     

     

    松山の仲田幸子芸能館は、幾多の存続危機を乗り越えてきましたが、建物の老朽化により、とうとう閉館が決まってしまいました。来年5月だそうです。

     

    母の日と敬老の日に公演を続け、沖縄のお母さんやオジぃオバぁをずっと祝ってきた幸子さんは、やっと祝ってもらえる立場になれますね。「おめでとうございます」と声をかけたいところですが、彼女は大いにご不満でしょうねぇ。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM