<< 保育園を休園にできない理由 | main | くるち(黒木)とガジュマル >>

喜納昌吉はどうしたいのか

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    喜納昌吉が新曲「富士山Japan」を発売しました。39年ぶりだそうです。



    39年前に発売した曲は「花〜すべての人の心に花を〜」ですから、それ以来ってことになります。それにしても、何で歌謡曲なのか。何で「富士山Japan」なのか。いくら考えても、さっぱり分かりません。

     

     

    最近、喜納昌吉が目立ったのは5年前の県知事選でした。「私が出馬しないと県民の顰蹙を買う」と出馬表明しましたが、それを聞いた私は直ちに「いや、買わん」と思いました。選挙の結果、得票率は僅かに1.1%。彼よりも私のほうが、先を見通せたってことでいいのかな。

     

    県民にまったく支持されていないことが分かって、「ほんなら、もうええわ」と思ったんですかね。それで「富士山Japan」でしょ。彼は沖縄に愛想をつかして、ナイチャーになろうとしてるのかもしれません(^^)

     

     

    喜納昌吉は音楽家、平和運動家、政治家とウキペディアに書いてあります。音楽家として、彼の才能を疑う人はいないでしょう。沖縄の音楽を世に知らしめた功績は誰もが認めるところです。もちろん私もその一人。

     

    だからね。彼が平和運動家、あるいは政治家として何か変なことを言っても、「いや、あれほどの人が言うことだから、私が理解できないだけかもな」と思ってしまうんですよ。

     

     

    喜納昌吉は「富士山Japan」で何を目指すのか。これがコケたとしても、音楽家としての彼の立場がゆるぎないことは確か。とは言え、わざわざ変なことをしなくても。ねぇ(^^)

     

    いやいや、彼が変なことをするはずないから、私が理解できないだけかもな。うん、うん。


    コメント
    「ハイサイおじさん」のモデルはもともと校長先生にまでなった優秀な人だったのだが、沖縄の戦乱の中でアル中になり狂ってしまった実在の人物である。そんな彼を、少年時代の昌吉は沖縄の伝統的共同体のやさしい眼差しで歌っている。」との解説がある、また校長だったというのは虚言で、戦前は遊郭で働く馬子であったことや、妻の狂気の原因が、おじさんの酒量が増え、戦災でホームレスとなった女性たちを家に連れ込むようになったことにあったなど、細かい事情が説明されている。、、ホントカナ wikiより


    あーーー昌吉さんのー、「ハイサイおじさん」かい、ないやびたがやーー  (なったんかなー)
    • うちなーんちゅ
    • 2019/09/28 8:42 AM
    うちなーんちゅさん

    >あーーー昌吉さんのー、「ハイサイおじさん」かい、ないやびたがやーー 

    ウケた(笑)
    • coralway
    • 2019/09/28 10:15 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM