<< KACHIMBAを聴いて色々思い出した | main | 自宅アパートの様子 >>

仲島の大石はどうなってるのか?

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    新しい那覇バスターミナルの開業からやがて1年。仲島の大石はどうなってるのか?

     

     

    おっ!!

     

     

    おお〜!!

     

     

    「邪魔者扱いされてるのでは」と心配してましたが、一応、丁重に扱われているようです。小さいながらも御嶽ですからね。

     

     

     

    ここは那覇市泉崎。今は、仲島の地名はありません。仲島を耳にすることがあるとすれば、次の二つでしょうか。

     

    一つは北斎が描いた琉球八景の一つ「中島蕉園(なかしましょうえん)」。大石の背後に芭蕉が描かれています。

     

     

     

    もう一つは遊郭。仲島は辻、渡地とともに、那覇の三大遊郭と呼ばれていました。

     

    喜納昌吉の「ハイサイおじさん」に仲島遊郭が出てきます。

     

     

    ハイサイおじさん ハイサイおじさん

    夕びぬ尾類(じゅり)小ぬ香ばさよい

    うんじゅん 一度めんそーれー

    ありありワラバー いぇーワラバー

    辻、中島、渡地とぅ 

    おじさんや あまぬ株主ど

     

    「昨夜の尾類は良かったよ。貴方も行ったら?」とからかうワラバーに、おじさんが「おじさんは遊郭の株主だぞ」と返してます。

     

    このワラバーはおじさんが好きなんでしょう。楽しい掛け合いにワラバーの愛情を感じます。それを高野連が「遊郭なんてけしからん」と。まぁなんという貧困な精神だこと。

     

     

    昨日の投稿で、カチンバと仲宗根創が歌っていた「海ぬちんぼうらぁ」にも仲島遊郭がでてきます。

     

     

    辻やえんどう豆 仲島や豆腐豆 恋し渡地いふく豆

    辻ぬえんどう豆 食でぃんちゃんな二才達

    食でぃやんちゃしが 味や覚らん

     

    辻はえんどう豆で仲島は大豆、渡地はいふく豆だね。辻のえんどう豆を食べたんだろお兄さん。食べたけど味は覚えてないよ

     

    ちんぼうらぁは巻貝です。ホラ貝のような大きな貝ではなくて、小さな貝。

     

    その昔、集落の原っぱで若い男女が歌い踊った毛あしび。女の子はワクワクして集まってきますから、その次にはムラムラしてくれないとお持ち帰りができません。「海ぬちんぼうらぁ」はそのための唄(^^)

     

     

    「ハイサイおじさん」に続いて、「海ぬちんぼうらぁ」も甲子園でやっていただきたい。フジロックでやったんですから。

     

    高野連は「いずれにせよ。この歌詞はいかがなものか」とか言うんでしょう。まったく、つまんない人達です。

     

    仲島の大石が思いのほかきちんと残されていたので、県当局に文句を言うつもりが、その必要が無く。代わりに高野連に文句を言っておきました(笑)



    (追伸)


    読者のうちなーんちゅさんが、コメント欄にある「思い出のパス停」の写真を見つけました。再開発前は、パス停のすぐ側にありました。



    コメント
    仲宗根創君は、ちょっとした知り合いで
    セーグァーの一番弟子です。ネ

    プライベートで歌ってもらった事もあります。

    辻の「松の下」で接待受けた事あります。
    私は、何歳なんだ。
    お持ち帰りは、この店1番のおすすめ
    壺に入った「豆腐用」でした。

    • NAO
    • 2019/10/01 7:24 AM
    出身高校が浦添の沢岻にありまして、5年前にその高校でバドミントンするためだけに1泊帰省しました。
    その時バスターミナルまで歩き、乗ったバスは 47(てだこ線)/87(赤嶺てだこ線)かな、、、(浦添市のホームページ、市内通過バス路線図からはその1路線のみ検索)。


    何が言いたいかというとターミナルで待った場所が「仲島の大石」そばで、生まれて初めてマジマジとその石と対面したと、、、何も感じない私ですが、「御嶽」感あり、この大石は大事にしなきゃ  と感じた次第です。
    ちなみに高校からの帰りは、ターミナルから89番に乗ってましたので、大石の反対側です、、



    ところで偶然なのですが、今月末に高校でバドミントンもするため2泊帰ります、、、
    もうこの投稿見たら、そりゃ、、見に行くでしょ大石さん^^
    • うちなーんちゅ
    • 2019/10/01 9:19 AM
    うちなーんちゅさん

    不思議なのは、木の根が地面に到達してないんですよ。あの岩の上に溜まったわずかな水だけで、こんなに青々と葉が茂るものなのか。

    月末、大石君に聞いといて下さい(^^)
    • coralway
    • 2019/10/01 10:40 AM
    中国からの移住者である久米36性などは、風水へのこだわりがすごく強く、久米大通りを龍の「身体」と捉えていた(久米大通りと西消防署通りが58号で接する部分をGoogle Map航空写真で拡大すると出てくる龍の「頭」 ゆうめ〜い^^)。


    その頭からもう少し先にあるもの、これが「仲島の大石」

    この大石を久米の人々は龍が手に持つ『龍朱(玉)』と捉え、重要なポイントとして位置づけていた、、、
    へぇ〜知らんかった〜( ̄´口` ̄)ノ


    そう、泉崎近辺では度重なる開発があっても、撤去したり、移動することができない理由だと、、、



    大石さん、思ってたより、大事にされてますな〜〜
    • うちなーんちゅ
    • 2019/10/01 3:08 PM
    うちなーんちゅさん

    県警本部から県庁の横を通ってパレットくもじに向かう下り坂がありますね。あそこがかつての海岸で、久茂地川、国道58号線が海。それで、那覇商業前から福州園に向かう上り坂が浮島側の海岸です。

    つまり、仲島の大石は本島側の海岸にあったノッチ。通常のノッチと同様に岩の下半分がくびれてます。そこを埋め立てしたので、地面がかさ上げされ、大石のくびれの部分が地中に埋もれました。だから安定感抜群です。

    • coralway
    • 2019/10/01 4:50 PM
    以前、工事に囲まれた大石さんを見ました。
    今度全貌を見に行きます。

    お社、鳥居、狛犬さんがありますが
    左の香炉ご並んでるあたりが
    正しい拝みの場所だったりするのでしょうか。

    お社の隣の
    蓋をされたコンクリ?の筒みたいのも不思議。
    • ひより
    • 2019/10/02 8:31 AM
    ひよりさん

    3枚目の写真の紙垂が下がってる所から大石の上に登れるようになっていて、そこに拝所があるようです。地面の香炉は登らなくて済むように置いたのではないかと。

    コンクリート製の円筒は井戸にしか見えませんね。泉崎はその名の通り、井戸が多い場所だったようです。今はほとんど見かけませんが、円筒が井戸だとすれば、大石と一緒に残したのだと思います。

    大石の説明板がかつてのバスターミナル側にありましたが、今は大石とビルに挟まれて、誰も気付かなくなってしまいました。応急処置として井戸?の手前の譜面台のようなものに説明が書いてあります。いずれ説明板を移動するか、新しく作るそうです。
    • coralway
    • 2019/10/02 9:03 AM
    >不思議なのは、木の根が地面に到達してないんですよ。あの岩の上に溜まったわずかな水だけで、こんなに青々と葉が茂るものなのか



    一昨日、木に水をあげているターミナルの人に上の「思い出のバス停」を見せながら、Cさんが言ったことを聞きました、、、
    栄養は木にやってくる鳥のウンチさぁ、水は石が蓄えているんじゃない? でもこんなに大きくなるかなぁ、、、やっぱり神様のおかげじゃない


    と、真顔で答えてくれました^^;
    • うちなーんちゅ
    • 2019/10/28 9:19 AM
    うちなーんちゅさん

    栄養は鳥のウンチで水は神様のおかげ。

    いい答えだぁ(^o^)/

    そんな話を聞くと、大石の上が森に見えてきますねぇ。うん、いい答え。
    • coralway
    • 2019/10/28 9:29 AM
    おじさんは、大石には水はかけないし、触らない、、とも言ってました^^


    追伸)
    ターミナルに行ったのに結局バスに乗れませんでした。時刻表を見て、あわてて沖縄バスの事務所に行き、夕方5時台のバスが見当たらないのですが、、、、と聞くと、、運転手が減って、最近土曜は減便してねぇ、、と
    • うちなーんちゅ
    • 2019/10/28 9:46 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM